出典:photoAC

Baby&Kids

夜泣きは放置するのもひとつの方法!?原因や年齢別対策をチェック

赤ちゃんのお世話の中でママたちが「なかなか大変!」と感じる夜泣き。理由がわからず夜中に子どもが泣いてしまうと、ママは戸惑ってしまいますよね。夜泣きは赤ちゃんのもの、というイメージがありますが、新生児時期だけではなく、2歳、3歳ごろまで夜泣きが続く場合も。今回は夜泣きをテーマに、夜泣きが続く期間や原因、年齢別の対策に関する情報をご紹介します。

わが子の夜泣きに戸惑っているママに向けた情報をチェック!海外では赤ちゃんの夜泣きを放置するという話も。「泣いている子どもを放置して大丈夫?」そんな疑問にお答えする情報も見ていきましょう。

■夜泣きはいつからいつくらいまで?

出典:photoAC

夜泣きがはじまるタイミングは、生まれて間もなくです。生まれたばかりは特に日中と夜間の区別がつきにくく、昼間でも夜中でも泣いてしまうもの。また、「子どもの夜泣きってどのくらい続くの?」と気になるママもいると思いますが、個人差があるのを忘れずに!1歳から2歳の間に夜泣きが終わる子もいれば、3歳を過ぎても夜泣きが続く子もいます。

■赤ちゃんの夜泣き…原因は何がある?

出典:photoAC

夜泣きの原因としては、体調不良や空腹、不快感などがあります。
たとえば熱がある、鼻が詰まっているなどの体調不良。生まれて間もない赤ちゃんにとっては特につらく感じるものです。また、空腹やおむつの不快感、暑さ、寒さなども夜泣きの原因になります。
夜泣きがはじまったら、まず原因はないかひとつずつチェックしていきましょう。ひとつも当てはまらない場合は、放置するというのもひとつの方法です。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]