出典:@amam771さん

Baby&Kids

マタニティーフォトを残そう!セルフ撮影法や人気スタジオをご紹介

妊婦期の姿や思い出を写真として残す、マタニティーフォト。最近では撮影スタジオなどでも、マタニティーフォトのプランが増えています。今回は、おしゃれなマタニティーフォトの撮影方法と、都内を中心に人気の撮影スタジオをピックアップ。マタニティーフォトに関する情報をたっぷりとお届けします。

妊婦期にしか撮れない!マタニティーフォトについてまとめました。

■妊婦期の思いを残せる♡マタニティーフォトの魅力

出典:photoAC

妊婦期の思い出をそのまま形に残せるマタニティーフォト。一生に数回しかない妊婦期を写真で残す妊婦さんが増えています。

出典:@uemura_aさん

出産した後に忘れてしまいがちな、妊婦期の幸せな気持ち。
マタニティーフォトを記録することで、そんな気持ちを写真を見るたびに思い出すことができるという声が多数聞かれます。
また、子どもが大きくなったときに、ママの気持ちを伝えるツールとしても、マタニティーフォトを撮影し残しておく人が多いようです。
最近では、おしゃれなマタニティーフォトをお部屋に飾っているという人もいらっしゃるようですよ。

■いつ撮る?どう撮る?マタニティーフォトのHOWTO

まずはマタニティーフォトについていつ撮るべきか、いくらかかるのか、などをまとめてご紹介します。

・マタニティーフォトはいつごろ撮影するべき?

出典:@ ______saya__さん

マタニティーフォトは、写真からも妊婦さんだとわかる妊娠後期からがおすすめです。
また、撮影スタジオでの撮影を希望する場合も、つわりが落ち着き、体調のよい後期を選びましょう。

・マタニティーフォトの撮影時間は?

撮影場所や枚数にもよりますが、少なくても1時間半は時間を空けておきましょう。
衣装の種類やヘアメイクの有無にもよりますので、撮影スタジオなどで撮影を希望する際には、事前にどれくらいの時間がかかるのか問い合わせておくといいでしょう。

・スタジオでとったらいくらかかるの?

料金も撮影枚数や大きさによって変動してきます。できるだけ安い料金を希望する場合には、お得なマタニティーフォトプランを用意している撮影スタジオもおすすめです。

■おしゃれなマタニティーフォトにおすすめの衣装は?

出典:@ryumari1212さん

おなかの露出を必要とするマタニティーフォトの衣装は、ブラトップとボトム、ガウンの組み合わせが人気のようです。
ホワイトカラーのシンプルなレースガウンなら、神秘的なマタニティーフォトを撮影することができるのでおすすめですよ。

出典:@amam771さん

ブラックカラーなら、カジュアルな印象のマタニティーフォトに。カジュアル派のママからは、私服で愛用中のデニムを使った写真も人気のようです。

■セルフでとるなら?おしゃれなマタニティーフォトのコツ

気軽に撮りたいという人は、無料で記録できるセルフフォトがおすすめ!ここからは、セルフでのマタニティーフォトをよりおしゃれに見せるコツをまとめてご紹介します。

・ボディペイントでメッセージを添える

出典:@amam771さん

おなかに文字を書くだけで、おしゃれなマタニティーフォトに。別名ベリーペイントとも呼ばれています。
最近では、ベリーペイントをしてくれるサロンもあるので、そちらに行って書いてもらってから自分で撮影するのもおすすめです。
ペイントもセルフでしたいという方は、肌にダメージの少ない塗料を使って描きましょう。文字を入れるだけなら、旦那さんにおねがいするものいいかもしれません。

・家族といっしょにファミリー×マタニティーフォトに

出典:photoAC

旦那さんや、お子さんと撮れば、より思い出深い1枚に。
ママと同じカラーの衣装を身につければ、とってもかわいい写真になること間違いなし。ママの体調やお子さんの気分に合わせて撮影をすすめることができるのも、セルフマタニティーフォトならではの魅力です。

・屋外でのマタニティーフォトもおすすめ

出典:@ryumari1212さん

季節を感じる写真をとるなら、屋外での撮影もおすすめです。
セルフで撮影する場合は、旦那さんやお友だちにも協力してもらうことで、人目を気にせず撮影できます。
また、人が少ない朝方の撮影なら、より幻想的なマタニティーフォトが撮影できますよ。

■マタニティーフォトが人気♡おすすめの撮影スタジオ

出典:@akurimiuraさん

ここからは、都内でも人気を集めているマタニティーフォトが撮影できるスタジオをご紹介します。

・全国500店舗以上!スタジオアリス

子どもの写真はもちろん、成人式やウエディングフォトでも人気のスタジオアリス。都内はもちろん、札幌から横浜のみなとみらいや茨城など、全国にたくさんの店舗を持っています。
安い料金帯から撮れる、マタニティーフォトのプランももちろん用意。
また、子どもの撮影も得意なスタジオアリスなら、産んだ後の撮影もおまかせ。マタニティーフォトから、産後の子どもの成長も通して記録に残せるアルバムもあるようです。

・アクセスも便利♡たまひよの写真スタジオ

たまひよでも知られているベネッセが展開する、「たまひよの写真スタジオ」。こちらは都内を中心に18店舗あります。駅近くの店舗が多くアクセスも便利。
撮影は必ず女性のフォトグラファーの方が担当してくださるので、安心して撮影にのぞめます。

■一生に数回しかない大切なマタニティー期だからこそ。

出典:@uemura_aさん

マタニティーフォトで、妊娠期の思いを残しませんか?一生に数回しかないこの貴重な時期を写真で残すことで、夫婦の大切な宝物にもなるし、成長したお子さんに当時の思い出でを語りながら見せてあげることもできます。ぜひ参考にしてくださいね。

Sarry

1・3・5歳の3人兄妹のママ。趣味はネットサーフィンです。育児に家事に日々格闘中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!