出典:@amam771さん

Baby&Kids

マタニティーフォトを残そう!セルフ撮影法や人気スタジオをご紹介

妊婦期の姿や思い出を写真として残す、マタニティーフォト。最近では撮影スタジオなどでも、マタニティーフォトのプランが増えています。今回は、おしゃれなマタニティーフォトの撮影方法と、都内を中心に人気の撮影スタジオをピックアップ。マタニティーフォトに関する情報をたっぷりとお届けします。

妊婦期にしか撮れない!マタニティーフォトについてまとめました。

■妊婦期の思いを残せる♡マタニティーフォトの魅力

出典:photoAC

妊婦期の思い出をそのまま形に残せるマタニティーフォト。一生に数回しかない妊婦期を写真で残す妊婦さんが増えています。

出典:@uemura_aさん

出産した後に忘れてしまいがちな、妊婦期の幸せな気持ち。
マタニティーフォトを記録することで、そんな気持ちを写真を見るたびに思い出すことができるという声が多数聞かれます。
また、子どもが大きくなったときに、ママの気持ちを伝えるツールとしても、マタニティーフォトを撮影し残しておく人が多いようです。
最近では、おしゃれなマタニティーフォトをお部屋に飾っているという人もいらっしゃるようですよ。

■いつ撮る?どう撮る?マタニティーフォトのHOWTO

まずはマタニティーフォトについていつ撮るべきか、いくらかかるのか、などをまとめてご紹介します。

・マタニティーフォトはいつごろ撮影するべき?

出典:@ ______saya__さん

マタニティーフォトは、写真からも妊婦さんだとわかる妊娠後期からがおすすめです。
また、撮影スタジオでの撮影を希望する場合も、つわりが落ち着き、体調のよい後期を選びましょう。

・マタニティーフォトの撮影時間は?

撮影場所や枚数にもよりますが、少なくても1時間半は時間を空けておきましょう。
衣装の種類やヘアメイクの有無にもよりますので、撮影スタジオなどで撮影を希望する際には、事前にどれくらいの時間がかかるのか問い合わせておくといいでしょう。

・スタジオでとったらいくらかかるの?

料金も撮影枚数や大きさによって変動してきます。できるだけ安い料金を希望する場合には、お得なマタニティーフォトプランを用意している撮影スタジオもおすすめです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]