出典:筆者撮影

Lifestyle

サーキュレーターの効果的な使い方!節電やウイルス対策にもピッタリ☆

サーキュレーターは設置することで部屋の空気を循環させてくれます。冷房や暖房の効率を良くしてくれる働きや、部屋の湿度を調節してくれ、省エネ効果も!後ろから空気を吸い込んで前に出す特性から、部屋から窓の外に向かって設置すればウイルス対策の換気にも使えます。サーキュレーターを使用していないなんてもったいない!サーキュレーターはオールシーズン役に立ちますよ。

今回は意外と知られていないサーキュレーターの効果的な使い方を紹介します。

■サーキュレーターってどんなもの?扇風機とは違うの?

出典:photoAC

まずはサーキュレーターについて説明します。


・サーキュレーターって聞いたことはあるけど何をするもの?

 

サーキュレーターは扇風機に似たモーターと羽がついたコンパクトな電化製品で、室内の空気を循環させるために使用します。サーキュレーターは英語で循環するという意味の「circulate」という言葉が語源となっています。

・サーキュレーターのメリットデメリット

 

サーキュレーターは、使用することで室内の空気を巡らせ、室温を一定にする役割があります。エアコンと共に使用すると、夏は冷房の冷気を効率良く室内に巡らせてくれ、冬は暖房の暖気をすみずみまで届けてくれ、結果として省エネにつながるというメリットがあります。
サーキュレーターは後ろから空気を取り込んで前方に出すのが特徴です。人に向かって柔らかな風を送る扇風機とは違い、風の勢いは強く、狭い範囲で遠くまで風を届けられるように設計されています。そのため扇風機の代用として直接人に向けて使用するにはあまり向かないというデメリットがあります。

■サーキュレーターの部屋に適した置き方“冷房編”

サーキュレーターは使用するシーンによって、置き方に変化をつけると室温が一定になる効果が高くなりおすすめです。冷房使用時の置き方のコツから紹介します。

・冷たい空気の流れを理解しよう

 

まずは冷たい空気の流れを知りましょう。冷たい空気は上から下に向かって流れる性質があります。そのため冷気は足元にたまりやすく、冷房が良く効いた部屋やオフィスでは足元が冷えることが多くありますね。

・冷房使用時のサーキュレーターの正しい置き方は?

出典:photoAC

足元に冷気がたまりやすい特性から、冷房使用時に効率良く室内を冷やすためにはサーキュレーターは部屋の足元に設置するとよいですよ。また、エアコンを背にして置いて空気を循環させるのがコツです。

・2部屋で冷房を使用する場合のサーキュレーターの置き方

 

2部屋の場合は部屋の扉を開け放ち、エアコンに背を向けるようにサーキュレーターを設置し、エアコンを設置していない部屋へエアコンの風を送るのがポイントです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE