出典:@aiko1_6さん

Baby&Kids

チャイルドシートは新生児から必要!正しい付け方が命を守る

■新生児から使えるおすすめのチャイルドシート3選

新生児から7歳ごろまで長く使えるもの、1歳頃までと限られた期間で使えるもの、ISOFIX対応やシートベルト対応など、チャイルドシートもさまざま。新生児から使えるおすすめを3つ厳選しました。

・コンビのクルムーヴ スマート

出典:@aiko1_6さん

ベビーカーやベビーケア用品を取り扱っている『Combi(コンビ)』は、チャイルドシートの種類も充実。「クルムーヴ スマート」シリーズは、安全性だけでなく使いやすさと心地良さも重視されています。コンパクトタイプだから、軽自動車にも装着しやすいですよ。
2019年8月に新発売された「クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JL-590」は、指1本で回転やリクライニングできるから、ママひとりでも楽ちん☆ヘッドクッションなど赤ちゃんを守る装備も充実しています。

・アップリカのフラディア グロウ

出典:チャイルドシートで1歳からおすすめの商品は?選ぶポイントも @yu_zu0924さん

『Aprica(アップリカ)』もベビー用品を取り扱うメーカー。「フラディア グロウ」シリーズは、ISOFIX対応に加え、ベッドタイプになるのが特徴なんです。
ベッドで寝ているような快適さだから、まだまだ睡眠時間が長い新生児~1歳くらいの赤ちゃんにぴったり。“サイドシールド”のおかげで、側面も衝撃に強くて安全性が高いそう。

・西松屋のマムズキャリー

出典:チャイルドシートの選び方のポイントをご紹介します! @tamaco_kiraraさん

ベビー用品が安い価格で買えると人気の『西松屋(にしまつや)』。もちろんチャイルドシートも販売されています。産院からの帰りに使うなら、持ち運びできるベビーシートが便利。赤ちゃんをベビーシートに乗せたまま、車の座席に装着できますよ。
さらにバウンサーとしても使えるんだとか。0~1歳と使用期間が限られますが、自宅内でも使えるからお得感満載です。

■新生児対応のチャイルドシートがレンタルできるサイト

新生児から使えるチャイルドシートのレンタルができるところを3つご紹介します。

出典:photoAC

・ダスキンレントオール かしてネッと

ベビーベッドやマット、スケールなどのベビー用品のレンタルを実施している「ダスキンレントオール かしてネッと」。清掃事業などを展開する『DUSKIN(ダスキン)』が運営しています。最短10日からレンタル可能。数種類から選ぶことができますよ。

・Babyranta-ベビレンタ

ベビー用品のレンタルだけでなく、販売や買取も実施している「Babyranta(ベビレンタ)」。最短1週間からレンタル可能です。出品時の業界最安値で貸出されているので、予算を抑えたい人におすすめ。
産着やベビーモニターなどもあるので、使用機会が限られるベビー用品をチェックしてみて。中古品の販売もありますよ。

・各都道府県の交通安全協会

交通安全協会のなかには、無料でチャイルドシートの貸出を行っているところも。数は限られるので、早めの予約が必要です。借りられる期間も2週間以内など短め。帰省中などに利用してみるのもおすすめですよ。

■新生児の頃からチャイルドシートを正しく装着しよう

出典:チャイルドシートの幼児用はいつから使えるの?おすすめシート6選 @maaaaaaa___07さん

交通ルールを守るためではなく、赤ちゃんを守るためにチャイルドシートを正しく着用することが大切です。新生児のうちからきちんとチャイルドシートに乗せるようにしましょう。

YUKIMI

2歳差の姉弟ママ。長期休みには、子どもを連れて旅行に行くのが楽しみ。子どもとの思い出をいかに作るか日々模索中。サスペンス系海外ドラマを夜な夜な見ては、怖くて眠れない(笑)
【Instagram】yukimi46914
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE