出典:photoAC

Baby&Kids

チャイルドシート前向きはいつから?新生児の後ろ向きはいつまで?

チャイルドシートは生まれたばかりの赤ちゃんから6歳未満の子どもを対象に装着が義務づけられています。ちょっとの距離ならいいかなと気軽に考えていては危険! 正式に道路交通法で定まっているものなので、チャイルドシートの装着義務違反が発覚すれば違反点数1点という罰則を受けることになります。それだけチャイルドシートの装着はとっても重要なんです。

より安全で快適な車移動をするために、チャイルドシートの向きは後ろと前どちらがいいのか、おすすめのチャイルドシートはどんなものがあるのかなどを紹介していきます。

■チャイルドシートの向きは後ろ向きと前向きの2種類

チャイルドシートの向きについて紹介します。
 

・チャイルドシートの後ろ向きタイプとは


 

チャイルドシートの後ろ向きとは、チャイルドシートを進行方向の反対に向けた状態のことです。新生児の赤ちゃんは衝撃緩和のため「後ろ向き」に装着したチャイルドシートに寝かせなければいけません。
また『Aprica(アップリカ)』のチャイルドシートには後ろ向きだけでなく、ベッドのように完全に平らな状態にできる「横向き」タイプもあります。

・チャイルドシートの前向きタイプとは

出典:mamagirlLABO @shiidamuさん

チャイルドシートの前向きとは、進行方向を向いた状態のことです。大人の座る方向と同じなので、助手席から後ろを振り向けば、簡単に赤ちゃんの様子を確認することができます。

■チャイルドシート、なぜ後ろ向きで装着するの?

出典:photoAC

では、なぜ後ろ向きで装着しなければならないのでしょうか。それは、万が一の事故や急ブレーキで急停止した場合に、首や胸などへの影響を最大限防ぐためです。
これは子どもの体と頭、それぞれの重さに関係してきます。頭と体の重さを比較したとき、大人は頭よりも体のほうが重くなります。一般的には、体重の約10%程度が頭の重さであると考えられています。一方、子どもは頭のほうが重く、骨の発達も未熟であり、大人のように上手に頭を支えることができません。
事故などで前方(正面)から衝撃を受けると、反動で体は前に動きます。前向きタイプのチャイルドシートは肩までをベルトで固定するものが多く、衝撃を受けると頭だけが前に投げ出される状態に。加えて骨の発達が未熟であることから、首や胸などが損傷しやすいのです。
後ろ向きであれば、衝撃を体の中で面積の広い背中全体で受け止められ、首や胸などに集中してかかりやすい負荷を分散させることができます。
このことから、赤ちゃんや子どもをチャイルドシートに乗せるときは、後ろ向きがベストだといわれています。

 

■チャイルドシートを前向きにするのはいつからOK?

チャイルドシートを前向きに変えるタイミングについて紹介します。


・新生児は後ろ向きで乗車

出典:photoAC

前述でもふれていますがチャイルドシートは新生児から使うよう義務づけられています。まだ生まれて間もない赤ちゃんは、首もぐらぐらで骨格が不安定です。
万が一の事故や急ブレーキに備えて、衝撃の負担をなるべく分散できるように後ろを向けて装着したチャイルドシートに寝かせて乗せます。赤ちゃんを守るためにしっかり考慮されたルールなんですね。
 

・体重が10kgを超えてから前向きにすることが多い

出典:photoAC

「チャイルドシートを早く前向きにしたい!」と思っている人も多いでしょう。前向きに座れるようになると、赤ちゃんの様子を確認しやすくママも安心できますよね。
チャイルドシートを前向きにするタイミングは、チャイルドシートの種類や赤ちゃんの成長具合によって異なるので「何歳から」「いつまで」と明確には言えません。目安は赤ちゃんの体重が10kgを超えてから。月齢でいうと10カ月前後~1歳前後くらいだと言われています。
かといって7カ月や8カ月で10kgを超える赤ちゃんもいれば、1歳前後に10kgになる赤ちゃんもいてさまざまですよね。使用しているチャイルドシートの説明をよく読んで、赤ちゃんの成長具合を考慮して前向きにするのがベストです。

■チャイルドシートってどうやって装着するの?

出典:photoAC

「チャイルドシートって、どうやって装着すればいいの?」と悩んでいる人もいるかもしれませんね。ここでは装着の仕方について述べています。
 

・前向き・後ろ向き問わず後部座席に装着して!


チャイルドシートを取り付ける場所は、前後どちらの向きも後部座席に装着します。後部座席であれば運転席側でも助手席側でも可。しかし、前のシートの背もたれで挟んで固定するタイプのチャイルドシートなら、助手席の後ろに装着しましょう。

 

・後ろ向きタイプは、背もたれの角度45°程度に!


チャイルドシートを後ろ向きで使用する場合、背もたれの角度は45°程度になるように装着します。これ以上背もたれを起こしたり倒しすぎたりしても、赤ちゃんの体に負担がかかるので適切な角度での装着が重要です。
 

・固定方法は製品によって異なる!


取り付け方はチャイルドシートの製品によって異なります。シートベルトでの固定か、ISOFIXでの固定か、説明書をしっかり確認しながら適切に装着してくださいね。
 

■前向きのチャイルドシートはこれがおすすめ!5選

おすすめの前向きチャイルドシートを5つ紹介します。
 

・ママも安心の軽量タイプはジョイ―がおすすめ

出典:mamagirlLABO @sachico.yamさん

『Joie(ジョイ―)』のチャイルドシートはとっても軽量でコンパクト!軽自動車やコンパクトカーでも使いやすいサイズです。リクライニング調整機能がついているので成長に合わせて調整し、新生児から4歳まで使えます。
欧州の安全基準や側面衝突試験もクリアした安全性の高い商品です。
 

・衝撃緩和を重視するならコンビがおすすめ

出典:@aiko1_6さん

@aiko1_6さんが使っているのは新生児~4歳頃まで使える『Combi(コンビ)』の「Culmove(クルムーヴ) スマート」シリーズです。装着方法が異なるISOFIXとシートベルトタイプがあります。
3段階のリクライニングも、くるっと回転させるのも簡単に操作できます。コンビ製品には「エッグショック」という衝撃吸収の素材がヘッドクッションに使われているので、赤ちゃんへの負担が軽減できて安心ですね。

 

・横向きで使いたいならアップリカがおすすめ

出典:チャイルドシートで1歳からおすすめの商品は?選ぶポイントも @yu_zu0924さん

アップリカの「Fladea grow(フラディア グロウ)」シリーズは、簡単確実に装着ができると話題のISOFIXタイプです。赤ちゃんの月齢に合わせて後ろ向き・前向きすることも可能で、新生児~4歳まで使うことができます。
新生児期に横向きでフルフラットにすることができるのはアップリカ製品のみ!スタイリッシュなデザインも人気のようです。
 

・エールベベのクルットは安定の人気

出典:@yagigigi1234さん

『AILEBEBE(エールベベ)』の「KURUTTO(クルット)」シリーズは安定して人気がある回転タイプのチャイルドシートです。新生児~4歳まで使え、ISOFIXもシートベルトタイプもどちらも販売されています。
赤ちゃんによりますが「クルットを使ったらグズらなくなった。」という口コミも。赤ちゃんの乗り心地が良さそうな点や、シンプルなデザインやカラーが人気のようです。
 

・1歳から長く使うならコンビのジョイトリップ

出典:mamagirlLABO @shiidamuさん

コンビの「joytrip(ジョイトリップ)」はリクライニングに対応している、買い替えにおすすめのチャイルドシートです。1歳から11歳頃までのロングユースが可能で、通気性抜群なので体温の高い赤ちゃんも快適に座れます。
 

■チャイルドシートは適齢期に前向きに!安全な車移動を

大切な赤ちゃんを乗せるチャイルドシート。前向きにする時期が早すぎたり、装着方法が間違っていたりするといざというときに赤ちゃんを守れません。チャイルドシートの装着義務をしっかり守り、適切に装着することがとっても重要ですね。

ぐっち

小学生2人のママ。名古屋出身、文鳥に毎日愛をささげています!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!