出典:@futago.jitensyaさん

Lifestyle

双子が乗れる自転車があるってホント?お出掛けもますます楽になるかも!?

双子用のベビーカーがあることは有名ですが、実は双子用の自転車があるって知っていますか?3人乗りの自転車といえば、前にひとり、後ろにひとりの2カ所に子どもを乗せるスタイルが一般的ですよね。ところが、今回ご紹介する双子用自転車は、子ども2人を後部座席に乗せられるんです。一体、どんな自転車なのでしょうか?双子のパパママは必見です!

そのほか、双子を乗せられる自転車を選ぶポイントや、自転車用チャイルドシートの体重制限などの情報もまとめました。

 

■双子を乗せられる自転車を選ぶポイントとは?

出典:抱っこひもで子ども乗せ自転車に乗るママへ!法律や規則を再確認@ouchinocoto.1234さん

双子を乗せられる自転車を選ぶ際、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?順を追ってチェックしていきましょう。

 

 

・BAA適用の幼児2人同乗用自転車を選ぼう<

 

 

出典:抱っこひもで子ども乗せ自転車に乗るママへ!法律や規則を再確認@hitomi.sato.7370さん

一般的に自転車の2人乗りは禁止されています。ただし、幼児2人を乗せても十分な強度や制動性能を持ち、駐輪時の転倒防止のための操作性や安全性が確保されているなどの安全基準を満たした“幼児2人同乗基準適合車”の場合には3人乗りが可能です。
安全基準を満たした自転車には、フレーム部分に社団法人自転車協会から発行される“BAAマーク”と“幼児2人同乗基準適合車”のマークがついているので、必ずチェックしてください。
都道府県によって、自転車に同乗できる定員数と乗り方が異なるので、自分が住んでいる地域の道路交通法施行細則を調べてみてくださいね。

 

 

・子どもを2人乗せる場合は電動自転車がラク!

 

 

出典:抱っこひもで子ども乗せ自転車に乗るママへ!法律や規則を再確認@haru222._.sさん

双子を自転車に乗せるとかなりの重量になるので、漕ぎ出しや上り坂の走行がすごく大変!漕ぐのを電気の力でアシストしてくれる電動自転車なら、安定感がありママも安心して運転できそうです。
自分の行動範囲を考えて、体力面が不安だな、坂道が多くて大変そうだなと思うなら、電動自転車を選ぶのがよいでしょう。

 

 

・前乗せ専用設計の自転車なら安定感もあってGOOD!

 

 

出典:photoAC

一般的な自転車に双子を乗せるには、前と後ろにチャイルドシートをつけなければなりません。フロントにつけるチャイルドシートは、ハンドルの間に最初から取りつけられている前乗り専用設計タイプと後から取りつけるタイプがあります。
フロントシートが標準装備の自転車は、前カゴがない代わりに安定性が高いのが特徴。

出典:抱っこ紐で自転車に乗るママ、それ違法になってない?法律や規則を再確認 @mzk.r.uさん

対して、後づけタイプのフロントシートの場合、前カゴは確保できるものの標準装備のものに比べて安定性が劣るようです。
また、適応体重の幅が標準装備のものよりも狭く、ほぼ同時に成長する双子の場合、早い段階でフロントシートには乗せられなくなるという可能性もあるでしょう。そのため、前乗り専用設計の自転車の方が安心です!

 

■【3人乗りするときのルール】しっかり守って安全に!

自転車は3人乗りに適合していても、乗り方を間違ってしまうと安全に走行することができません。3人乗りする場合の、ルールをいくつかご紹介するのでしっかり守って安全走行に努めましょう。

 

 

・子どもを抱っこしての乗車はNG!

 

 

出典:抱っこ紐で自転車に乗るママ、それ違法になってない?法律や規則を再確認 @ sumino.6011さん

法律上、子どもを抱っこひもで“抱っこ”して自転車に乗ることはできません。なぜなら、急停止や転倒した場合の子どもへの衝撃は計り知れず、大変危険だから。やむを得ず、チャイルドシートがひとつしかない自転車や、子どもがグズッている場合などは、抱っこひもで“おんぶ”をして乗車しましょう。

 

・チャイルドシートの体重制限は前後それぞれしっかり確認!


自転車用チャイルドシートは、前後で体重制限の値が異なるものがほとんど。乗車前に、乗せる子どもの体重がオーバーしていないか前後それぞれしっかりと確認しましょう。チャイルドシートの重量制限については、後ほど詳しくご紹介します。

・前後のチャイルドシートの乗降順番を守る


前後のチャイルドシートを使用する際には、子どもをより安全に乗り降りさせる順番があります。
子どもを乗せるときは、“後ろ→前”、降ろすときは“前→後ろ”の順番を守れば、自転車の重心が安定し、乗降中の転倒事故などのリスクを軽減できるでしょう。

・ハンドルロックの解除は、ママがサドルに腰かけてから


BAA適用の3人乗り自転車には、安全に子どもを乗り降りさせるためにハンドルを固定する“ハンドルロック”がついています。このハンドルロックを解除するタイミングですが、“子どもを乗せ終わってから”ではなく、“ママがサドルにしっかりと腰をかけてから”を守りましょう。
サドルに座ってからロックを解除することで、転倒事故のリクスが軽減されます。

■後ろに2人乗せられる画期的な自転車が登場!

最近、後ろに子ども2人を乗せることができる自転車が登場したのを知っていますか?

 

 

・双子を後部座席に乗せられるふたごじてんしゃが話題に!

 

 

出典:@ futago.jitensyaさん

「ふたごじてんしゃ」は、双子ママやパパと双子がいっしょに楽しくお出かけができるようにと開発された幼児2人同乗用三輪自転車。電動アシストはついていませんが、双子を同時に後部座席に乗せられる画期的な自転車なんです!
三輪車なので、転倒の心配もほぼなく、体力に自信のないママでも安心!さらに子どもたちがくっついて座ることができるので、楽しさも倍増ですね。

出典:@ futago.jitensyaさん

ふたごじてんしゃについて、いくつか注意点があります。まず、車体を左右に傾けることができるスライド機構を採用しているため、慣れないうちは横傾斜の道ではバランスが取りにくいことがあるようです。
また、段差やでこぼこ道が苦手なので乗りこなすのに少し練習が必要だそう。ふたごじてんしゃの購入にはアセスメント(購入前診断)が必要で、発行された修了証を販売店舗へ持って行って購入するようになります。
詳しくはふたごじてんしゃのホームページで情報を確認して、自分がどのような環境で自転車に乗るかを踏まえた上で、購入を検討してみてくださいね。

 

■いつから、いつまで乗せられる?体重制限が知りたい!

自転車用チャイルドシートの体重制限をご紹介します。
一般的に、後ろのチャイルドシートは8㎏~22kgで、1歳から6歳未満まで乗せられます。対して、前のチャイルドシートは8kg~15kgで1歳から4歳未満までしか乗せることができないので注意が必要です。
一般的な自転車に双子を乗せる場合、どうしても途中でひとりが体重オーバーしてしまい、4歳未満までしか乗せられないという現実が…。購入する場合は、利用する期間と予算をふまえて結論を出すのがよさそう。

 

■双子を乗せるのにおすすめの自転車はどれ?

双子を自転車に乗せたいママにおすすめの自転車をピックアップしました。

 

 

・オシャレな車体!ブリヂストンのビッケ ポーラー e

 

 

出典:抱っこひもで子ども乗せ自転車に乗るママへ!法律や規則を再確認 @ knpearlさん

チャイルドシートクッションが最大10色から選べるオシャレな車体。チャイルドシートも広々とした設計で、太いタイヤを使用しているため安定感があります。
業界に先駆けてトリプルセンサーシステムを採用し、なめらかな走行をアシスト。3人同時乗りの場合、適正身長は147cm以上です。

BRIDGESTONE「ビッケ ポーラー e」143,800円(税抜)

 

・ママにやさしい高機能自転車!ヤマハのPAS Kiss mini un


小さな子どもをすっぽりと包み込む繭型のフロントチャイルドシートを採用。ガードつきサドルで手が添えやすく、スタンドがけがしやすくなっています。
スタンドを立てるとハンドルがロックされるスタンド連動式ハンドルストッパーを搭載。3人同時乗りの場合、適正身長は146cm以上です。

ヤマハ発動機「PAS Kiss mini un」156,200円(税込)

 

 

・コンビとパナソニックのスペシャルコラボ!ギュット・クルームR・DX


フロントのチャイルドシートに『combi(コンビ)』の「エッグショック」を採用したクルームシートを使用し、赤ちゃんの頭を衝撃から守ります。
16.0Ahの大容量バッテリーで充電の手間を軽減。小柄な人でも届きやすい軽やかスタンドを採用。3人同時乗りの場合、適正身長は154cm以上です。

Panasonic(パナソニック)「ギュット・クルームR・DX」157,080円(税込)

 

■双子なら、自転車でけん引するチャイルドトレーラーも便利

自転車にチャイルドシートをつけて乗ると重心が高くなるため、発進時や走行中のちょっとした衝撃でバランスを崩す可能性も…と心配な人は、子どもを乗せたトレーラーを自転車でけん引するチャイルドトレーラーはいかが?日本では馴染みが少ないかもしれませんが、海外ではポピュラーなんですよ。
1人乗りタイプと2人乗りタイプがあり、最大積載量は45kgまでなので、長い期間子どもを乗せることが可能。ただ、チャイルドトレーラーをけん引すると軽車両扱いになり、車道を走らなければなりません。歩道は走れませんので注意してくださいね。
ネット通販もありますが、メーカーのホームページを見ると販売店の紹介もあるので、実際に見て買うことも可能。SNSでの口コミもあるので、参考にして購入の検討をするのもいいですね。

 

■レンタルサービスを上手に利用するのも手です!

購入するのはちょっと…という人は、レンタルサービスを利用するのもよいアイデアです。レンタルの費用やおすすめのサービスをご紹介します。


 
 

・レンタルサービスでの料金の目安はどれくらい?

出典:photoA

対象エリアは関東地方のみですが、3人乗りの電動自転車をネットでレンタルできるサービスがあります。料金は、月額約6,000円~のようです。
この料金だと2年利用したら買うのと変わらないのでは…と思う人もいるかもしれませんね。しかし、消耗品であるバッテリーの無料交換ができるので、メンテナンスコストも考えるとレンタルの方がお得になるかもしれませんよ。

・おすすめの電動自転車のレンタルサービスは?

国産の電動自転車をレンタルしているサイトを選ぶのがよいでしょう。また、バッテリーの無料交換などアフターフォローがしっかりしていると何かあったときに安心できますよね。
レンタルの契約期間のしばりや契約期間の種類についてはサイトによって違うので、自分に合ったサイトを検索して確認をしてみてくださいね。

 

■好みの自転車で双子といっしょにお出かけを楽しもう!

今回は、双子といっしょにお出かけするのに最適な自転車の選び方や、双子用に作られた「ふたごじてんしゃ」について紹介しました。利用期間が限られてしまうので、レンタルや中古の購入を検討するのもいいかもしれません。SNSでは先輩ママたちの口コミも多数あるので、ママも子どもたちも楽しくお出かけできる自転車選びの参考にしてみてくださいね。
※この記事で紹介している価格は、2020年4月時点のものです。

SUMINO

愛する家族や仲間とのおしゃべりが大好きな2男のママです。トレンドやプチプラ、時短テクなどの情報収集が趣味です。良いと思ったら何でもすぐに試してみたくなっちゃうタイプ。まだまだやりたいことが山ほど…あぁ、無限の体力が欲しい!
【Instagram】sumino.6011
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!