出典:@ haduki_maidoariさん

Beauty

DHCのサプリはコンビニでも買えて便利!年代別おすすめサプリもチェック

サプリメントは美容や健康の増進やキープに欠かせない存在ですよね。さまざまなメーカーがサプリメントを作っていますが、『DHC(ディーエイチシー)』は化粧品メーカーなので効果は折り紙つき。さらに、コンビニにも置いてあるので気軽に購入できるのもうれしいポイント。種類も豊富で価格もリーズナブルだから、どのサプリも口コミでの評判もおおむね上々です。

今回はそんなDHCのサプリメントの効果や、年代別おすすめサプリをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。
DHCサプリのコンビニでの取り扱い状況についても調べてみたので、ぜひ参考に!

■10代からおすすめ!美容系サプリ

10代は美容が気になるお年頃。そんな10代や、20代以降の年代にもおすすめのサプリをピックアップしました。

出典:photoAC

・バストアップには大豆イソフラボン


ハリのある美しいバストを目指したいなら、「大豆イソフラボン」がおすすめ。女性らしいスタイルを作るためには女性ホルモンの活性化が必要です。大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きを持っており、乳腺を刺激して発達を促します。「大豆イソフラボン」はコンビニには取り扱いがないようです。

・つややかな髪の毛を作るには亜鉛


髪の毛を育てる三大栄養素は”タンパク質”、”ビタミン”、”亜鉛”。特に亜鉛は体内でさまざまな仕組みに関わっているため、不足すると体調を崩す原因にもなります。亜鉛をはじめとするミネラルは食品から摂取が難しいので、サプリメントが有効です。DHCの「亜鉛」はコンビニにあります。

・お肌のハリや弾力肌にはコラーゲン


コラーゲンは、お肌の弾力を作る成分です。主にたんぱく質に含まれていますが、食べ物から摂取するとなるとカロリーが気になることもありますよね。また、毎日きちんと摂り続けるのも大変。そんなときはサプリメントの出番です。DHCの「コラーゲン」には、プリプリの肌を保つコラーゲンペプチドと、働きをサポートするビタミンB1、ビタミンB2も配合されているので、お肌に効果的です。

・ダイエットにおすすめ!フォースコリー

出典:@ emika_maidoさん

「フォースコリー」は、体脂肪を減らす効果があるコレウスフォルスコリエキスを含んだサプリメント。ビタミンB1、B2、B6も配合されており、健康的にダイエットを進めていきたい人にぴったりです。「フォースコリー」はコンビニにあります。

・お肌のみずみずしさキープにはヒアルロン酸

出典:女性の味方!美容系サプリメントでキレイな肌になろう

ヒアルロン酸は細胞内にある保水成分のひとつ。若々しさを保つためにはお肌の潤いが欠かせません。ヒアルロン酸は、お肌のみずみずしさをキープするのに必要不可欠な栄養素です。DHCの「ヒアルロン酸」はコンビニでは取り扱いがないようです。

■30代におすすめ疲労系サプリ

出典:@ haduki_maidoariさん

何かと疲労が出やすくなる30代には、疲労に効くサプリメントをご紹介しましょう。

・睡眠にはバレリアン


精神をリラックスさせる効果がある薬草・バレリアンから抽出した成分でできているサプリメント。寝る前に飲むと気持ちがゆったりし、自然な眠気に誘われます。「バレリアン」はコンビニでは取り扱いがないようです。
このバレリアンを始め、ゆったりした気持ちを誘う成分6種をまとめた、その名も「ゆったり」というサプリメントもあります。こちらもコンビニでは取り扱いがないようです。

・眼精疲労にはブルーベリーエキス

出典:@ emika_maidoさん

今やスマホは生活必需品。また仕事でパソコンのディスプレイを見続ける人も多いものですよね。ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、目のピント調節機能を助けてくれる成分なので、眼精疲労に効果的です。「ブルーベリーエキス」はコンビニでは取り扱いがないようです。

ブルーベリーエキスよりもアントシアニン含有量が多く、さらにルテインやクロセチンといった有効成分をプラス配合している「速効ブルーベリー」もあります。こちらはコンビニにあります。

・元気を回復したいならコエンザイムQ10


体を動かすエネルギーは、細胞の中にあるミトコンドリアによって作られます。コエンザイムQ10はこのミトコンドリアの働きを助ける存在。コエンザイムQ10を摂取することで、エネルギーが効率良く作られることから、疲れにくくなるのです。還元型の「コエンザイムQ10 ダイレクト」はコンビニにあります。

・ほっとリラックスしたいならリラックスの素


テアニンは抗ストレスに効果がある成分。「リラックスの素」にはこのテアニンのほか、同じようにストレスに効果的な大豆レシチン、ビタミンEがサポート成分として配合されています。ストレスを感じたり、ほっと一息をつきたいときにおすすめです。コンビニでは取り扱いがないようです。

・骨を強くしたいならカルシウム+CBP


女性ホルモンには骨を丈夫にする作用があることから、閉経後の女性は骨がもろくなりがち。若い時期にしっかり骨を強くしておくことが大切です。「カルシウム+CBP」は骨を作る成分カルシウムと、定着率をアップするCBPが配合されているサプリメントです。「カルシウム+CBP」はコンビニでは取り扱いがないようです。

・肌荒れ対策にはビタミンBミックス


ビタミンB群のビオチンは肌荒れ、葉酸はターンオーバー促進、ビタミンB6は皮膚や粘膜を強くする働きがあります。「ビタミンBミックス」には肌荒れに効果的な成分が効率的に配合されているので、肌荒れ対策にぴったりです。コンビニでは取り扱いがないようです。

Recommend

【医師監修】尿漏れ、骨盤のゆるみetc… 相談しにくい産後の悩みの解決法!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]