出典:photoAC ※写真はイメージです

Baby&Kids

幼稚園で使う水筒は選び方にポイントがある!おすすめもピックアップ

幼稚園に持って行く水筒はどんなものを選べばいいか悩んでいませんか?子ども用の水筒はメーカーごとにラインナップも豊富に取りそろっています。種類やサイズが豊富なだけに、子どもにぴったりの水筒を選ぶのが難しいと感じるかも…。機能性だけで選んでも、子どもが気に入るデザインのものじゃないと使ってくれないこともあるかもしれません。毎日使うものだからこそ親も子どもも納得するものを選びたいですよね。

今回は、幼稚園に持って行く水筒の選び方や中身、おすすめの水筒もご紹介したいと思います。幼稚園に持って行く水筒選びの参考にしてみてくださいね。

■幼稚園の水筒はどんなものを選ぶ?中身は何をいれたらいい?

たくさんの種類がある子ども用水筒の中からどんなものを選べばいいのか悩んでいませんか。また、幼稚園に持って行く水筒の中身は何を入れたらいいのか気になりませんか?そこで、幼稚園児向け水筒の選び方のポイントや水筒の中身についてご紹介したいと思います。

・幼稚園児が使う水筒を選ぶポイント

出典:photoAC

子どもが使う水筒には、ストロータイプ、直飲みタイプ、直飲みとコップ飲みができる2wayタイプなどがあります。まずは、子どもの発達にあった使いやすいものを選んでみてください。幼稚園に入ったばかりの年少さんの中には、飲み物をコップに注ぐことや直飲みが一人では難しい子どもも中にはいます。その場合はストロータイプを選んでおくと安心ですね。

・年齢や体の大きさにあったサイズを選ぼう

出典:photoAC ※写真はイメージです

水筒を買うなら長く使えるものを選びたいのが親としての本心では?また、夏は水分をよくとることも考えて、なるべく大きいサイズを選びたいですよね。子ども用の水筒の容量として一般的なのは、400mlから1000mlです。長く使うことを考えて大きめサイズを選ぶと、体の小さい年少さんには重すぎて持てないことも…。水筒は子どもの年齢や体格、飲む量をふまえて、徐々にサイズアップしていくことをおすすめします。

・水筒の中身は何を入れたらいい?

出典:photoAC

幼稚園で使う水筒の中身は、一般的にはお茶を入れます。お茶の種類としては「むぎ茶」「ほうじ茶」などのノンカフェインのものを入れる人が多いそうです。中には水や白湯をいれる方もいますよ。水筒の中身は子どもが飲みやすいものを入れてあげるといいですね。もし、迷ったらお茶を入れることをおすすめします。
また、冷たすぎるものや熱いものはいれないように注意してください。お腹が冷えることでお腹が痛くなったり、やけどをする原因なるので、水筒の中身は常温のものを入れるようにしましょう。

■機能性もデザインも◎おすすめの幼稚園水筒をピックアップ!

幼稚園で使う水筒は、親は機能性を重視し、子どもはデザイン性を重視するのでは?親子で納得できるおすすめの水筒をピックアップしてみました。

・男の子におすすめのデザインの水筒2選


【象印】

出典:@bm.p0512さん

こちらの『象印(ぞうじるし)』の水筒は、ブルーベースのカモフラージュ柄にかっこいい恐竜がデザインされているので、恐竜好きの男の子にぴったりですね。直飲みもコップ飲みも可能な2wayタイプなので、シーンに合わせて使い分けることも可能です。また、象印は子どもが直飲みしやすいように飲み口を斜めにカットされているのが特徴。スムーズに飲むことができるので、ゴクゴクとしっかり水分補給をすることができますよ。

出典:@yagigigi1234さん

こちらは象印の「クールボトルタイプ」。保冷専用のボトルで、サビに強くスポーツドリンクも入れることができます。スポーツの習い事をしている子どもさん用の水筒としてもおすすめです。こちらは1000ml入るので、年長さんにぴったりかもしれませんね。見た目も落ち着いたクールなデザインなので、小学校にいっても使えるのではないでしょうか。

・女の子におすすめのデザインの水筒3選


【Skater】

出典:@nanairo.m.sさん

こちらは『Skater(スケーター)』の保冷・保温機能つきのステンレス2wayタイプの水筒です。スケーターの水筒はディズニー、ジブリ、サンリオ以外にも子どもに大人気のキャラクターのラインナップが豊富なので、子どもの好きなキャラクターの水筒を見つけることができます。超軽量のコンパクトな作りに加えて、幼稚園に持って行く水筒にはかかせないショルダーつきなのもうれしいポイント。こちらの容量は、直飲みの場合は470mlでコップ飲みの場合は430mlです。

【THERMOS】

出典:@sachico.yamさん

こちらの『THERMOS(サーモス)』の水筒は、直飲みもコップ飲みもできる真空断熱2wayタイプ。ワンタッチで開けられるキャップユニットは安心のロックリングつきで、中せんは洗いやすいフルオープン型になっています。また、肩にかけるストラップは、幅広タイプを採用しており、肩が痛くなりにくく、ねじれにくくなっています。アジャスターつきなので、成長によって長さが調節しやすいのもうれしいポイント。こちらの容量は直飲みで630ml、コップ飲みで600mlです。ピンクベースに女の子が大好きな人気のキャラクターが描かれているので、幼稚園に持って行くと気分が上がるのではないでしょうか。

出典:@yagigigi1234さん

こちらもサーモスの1000ml入る2wayタイプの水筒です。容量が多めなので、年長さんにおすすめ。お姉さんらしい色使いとデザインがポイントですよ。

・男の子にも女の子にもおすすめデザイン2選

出典:@sachico.yamさん

スケーターの水筒は、子どもに大人気のキャラクターがデザインのラインナップが豊富です。こちらは148gの超軽量プラスチック素材のストロータイプなので年少さんにぴったりな水筒です。他にも上を向いて飲んでも落ちてこないフタやお手入れしやすい構造、長さ調節できるショルダーベルトつきなどうれしい機能が盛りだくさん。お名前シールも付属しているので、お友だちと間違える心配もありませんよ。

【3COINS】

出典:@kakihomeさん

こちらのおしゃれな水筒は『3COINS(スリーコインズ)』のものです。ワンタッチで開けることが可能な軽量タイプ。水筒カバーをつければ、幼稚園でも使うことができます。価格は1,000円(税抜)ですが、見た目も機能性も◎。子どもが使わなくなったら、大人が使うこともできますよ。

■幼稚園の水筒は成長ごとに買い替えを検討してみることをおすすめ

幼稚園児は年少から年長にかけて、成長の幅が広い時期です。年少さんのときは直飲みやコップ飲みが難しくても、成長するにつれてできるようになってきます。初めから長く使うことを考えて大きいものを買うよりは、子どもの成長にあわせて選んであげてください。選ぶ基準が難しい場合は、同じくらいのお子さんを持つ方が書いているSNSやブログを参考にしてみるのもおすすめです。口コミなども参考にしてお子さんも気に入る水筒を選んであげてくださいね。

nochico

元気いっぱい3歳差姉妹のママしています。
元気すぎる姉妹の子育てに日々奮闘中!
プチプラファッションが大好きです♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!