出典:@sh.atyouさん

Lifestyle

ダイソンのバッテリーを長持ちさせるコツ!寿命や交換方法も解説します

家でもオフィスでも人気のある『dyson(ダイソン)』のコードレス掃除機。コードなしでスイスイ掃除できちゃうところがうれしいですよね。コードレス式掃除機の要ともなるのがバッテリー。高価なものなので少しでも長持ちさせたいですよね?今回はダイソンのコードレス掃除機について、バッテリーの寿命や交換方法などに関するハウツーを詳しく紹介していきます!

ダイソンのコードレス掃除機に使われている電池の特徴からチェックしていきましょう☆

■ダイソンのコードレス掃除機の電池はどんなもの?

出典:@ yagigigi1234さん

ダイソンのコードレス掃除機では、持ち手の後ろ部分にバッテリーがついています。写真右下の、床に面した長方形の板のようなパーツがそうですね。

・ダイソンの掃除機はリチウムイオン電池で動いている

出典:photoAC ※写真はイメージです。

現在のバッテリーはリチウムイオン電池。スマホにも入っていて、小さくてもハイパワーなことや、寿命も長いのがメリットです。ちなみに、「DC74」などの旧モデルと呼ばれるラインナップは、ニッケルを使ったバッテリーが搭載されています。

・ダイソンのバッテリーをもっと詳しく!3つの特徴

1.バッテリーは機種ごとで違う
あとにも説明しますが、ダイソンのコードレス掃除機には、機種ごとにバッテリーの容量や電圧に差があります。それによって、パワーや稼働時間が変わるようです。

2.長持ちするバッテリー
ダイソンの掃除機に使われるバッテリーは、寿命が長いのも特徴のひとつ。ただし、正しい扱いをしていないと、バッテリーの寿命を縮めてしまうケースもあるようです…。

3.費用が高め
ダイソンのバッテリーはほかの電池に比べデメリットが少ないぶん、価格が高めの設定になっています。バッテリー交換のとき、1万円前後の出費は覚悟した方がよさそうです。

■【種類別】電圧・容量の差と、稼働力を比較!

2019年下半期までの最新機種は「Dyson V11(ダイソン ブイイレブン)」シリーズ。そのほかV7、V8などの種類がありますが、これらの違いにバッテリーが関係しているんです。

・いちばんのパワーバッテリー!V11

最新モデルは今まで以上にパワーがあるバッテリーが魅力。吸引力も稼働時間もアップしたモデルです。バッテリーの残量やメンテナンスのお知らせをチェックできる、液晶画面がプラスされています☆
<電圧:25.2V 容量:2600mAh 稼働時間(エコモード):40~60分>

・エコモードで長時間の掃除も対応可能に☆V10

出典:mamagirl2019冬号

エコモードを選べるようになったのが「Dyson V10(ダイソン ブイテン)」です。通常モードよりも連続して掃除できる時間を大幅にアップ!途中充電なしで部屋中を掃除できます。
<電圧:25.2V 容量:2300mAh 稼働時間(エコモード):40~60分>

・軽くてパワフルな二面性がうれしい♡V8

出典:@ milk868さん

「Dyson V8 Slim(ダイソン ブイエイト スリム)」は、吸引力をキープしたまま、小型化も叶えたコードレス掃除機です。女性でも扱いやすいデザインになっています◎
分解して形を変えられるので、棚や壁まで掃除機がかけられるのも魅力です。
<電圧:21.6V 容量:2400mAh 稼働時間(通常モード):30~40分>

・機能性バツグンなのにスタイリッシュ!V7

出典:@ fukufuku5555さん

日本の住まいにもマッチするデザインが魅力の「Dyson V7(ダイソン ブイセブン)」。V11に比べ低価格で購入できるため、コストを抑えたい人にもおすすめです。
<電圧:21.6V 容量:2100mAh 稼働時間(通常モード):20~30分>

・モーター回転でハイスペックな吸引力♡V6シリーズ

「Origin SV07(オリジン エスブイ ゼロセブン)」などの人気モデルがある「Dyson V6(ダイソン ブイシックス)」シリーズ。回転力の高いヘッドでゴミを取ってくれます♡

■ダイソンの掃除機はバッテリーの点灯カラーでエラーが分かる☆

出典:photoAC

ダイソンのコードレス掃除機には、バッテリーの不調を知らせるためのランプがついています。ランプの点灯カラーによって、バッテリーの状態が分かりますよ。

・青(点灯):運転中

青ランプが点灯しているときは、正常な運転中状態を表しています。

・青(点滅):要充電

青ランプが点滅し始めると、充電が必要な合図です。

・黄色(点灯):一時エラー

黄色に光るときは、バッテリーが不安定な状態の可能性アリ。時間を空けて復活しなければ、メーカーに問い合わせが必要です。

・黄色(点滅):充電なしor一時エラー

黄色の点滅信号は、環境温度の影響などにより、バッテリーが正常でない可能性があります。そのまま使わず休ませましょう。

・赤(点滅):エラー

赤点滅は、バッテリーに何らかのエラーが考えられる状態です。すぐにダイソンお客様相談室に連絡をしましょう。

■ダイソンコードレスクリーナーのバッテリー交換目安は?

出典:@ milk868さん

ダイソンのバッテリーを交換するときの基準は、掃除機の動作に異常があるかどうかによります。

〇連続運転の時間が短くなっている
〇動作の途中で止まることがある
〇充電できない、すぐに充電がなくなる

このような状態になったらバッテリー交換が必要なサインかもしれません。

■ダイソンのバッテリーを交換する方法や価格は?

出典:@sh.atyouさん

次に、ダイソンのコードレス掃除機についているバッテリーの交換方法や、費用について説明します。

・バッテリーの価格は掃除機の種類によって違う

ダイソンのバッテリーは掃除機のタイプによって違い、価格差があるようです。一部を紹介します。
DC31・DC34・DC35共通…6,600円(税込)
DC45…8,800円(税込)
DC61・DC62・DC74・V6シリーズ共通…8,800円(税込)
V7シリーズ…9,020円(税込)

※現在DC31・DC34・DC35用バッテリーは現在日本で販売されていないのでご注意ください。
※DC31・DC34・DC35用バッテリー、DC45用バッテリーは「話そうダイソンお客様相談室」で販売されているようなのでお問い合わせください。

・交換はネジで簡単に着脱できる!

バッテリーはふたつのネジで固定されています。イラストの説明書もバッテリーについていて、交換は意外と簡単なようです!
<外し方>
1.クリアビンを外す。
2.2カ所のネジを外して、古いバッテリーを取り、元に戻す。
電気店の中にはリチウム電池などを集める回収BOXを設置しているお店もあり、古いバッテリーはそちらに持っていくと良さそうです。

・価格差があっても、バッテリーは純正品を!

出典:@sh.atyouさん

ダイソンのコードレス掃除機用バッテリーは、公式メーカー以外の非正規品も販売されています。純正品よりも価格が安く購入できますが、中には過去に発火事故を起こしたことのある商品も。価格が多少高くても、バッテリーは純正品を購入するのがおすすめです。
また、購入後30日以内にメーカーサイトで保証登録をしておけば、2年間のメーカー保証を受けられます。バッテリーの交換金額にも関わるポイントですよ!

■バッテリーの寿命を長くするコツは?

ダイソンのバッテリーは高価なので、正しい使い方をして長持ちさせちゃいましょう!

・ダイソンの強モードの使いすぎに気をつけて

出典:photoAC ※写真はイメージです。

パワフルにゴミを吸引してくれるダイソンの“強モード”ですが、通常よりもバッテリーを大きく消費するため、長時間使い続けることで劣化をより進めてしまいます。強モードはここぞというときに使うようにすると良いでしょう。

・過充電と過放電はバッテリーに負荷が…!

バッテリーの充電が100%にもかかわらず、追加で充電することを過充電、バッテリーが0%のまま放置してしまうことを過放電といいます。ダイソンのリチウム電池が使用されている充電器は、バッテリーの充電具合を感知できるので、過充電の心配はないようです。
やってしまいがちなのが過放電です。長期間使用しなかったり、充電が切れたまま放置したりしてしまうとバッテリーに負荷がかかってしまいます。
バッテリーが切れたらすぐに充電をし、3日に1回ほどの頻度で使用すると、バッテリーにやさしい使い方になりますよ!

・バッテリーは高温・極寒に弱いので注意!

リチウム電池は、暑すぎる場所や寒すぎる場所に置いておくと劣化が進んでしまいます。保管場所は直接日が当たらない涼しい室内がおすすめ。バッテリーが熱くなってしまったら、掃除機を止めてからバッテリーを外し、少し冷ますようにするとバッテリーの劣化が進むのを緩めることができますよ。

■使用済みのバッテリーはどう捨てたら良いの?

使い終わったバッテリーは適切に捨てることが大切!きちんと捨てないと大変なことになるかも…。

・リチウムイオン電池は捨て方に注意!

ダイソンなどのバッテリーに使われているリチウムイオン電池は、水と反応すると発熱・発火の恐れがある危険なものです。よくわからないから…と燃えるゴミや燃えないゴミに捨てるのは絶対にNG!

・リチウムイオン電池の捨て方ふたつ

出典:photoAC 

【1】家電量販店などの回収BOXに出す
リチウムイオン電池の処分は、「ヤマダ電機」や「ケーズデンキ」、「ヨドバシカメラ」などの家電量販店で回収してもらえます。
【2】充電式電池リサイクル協力店へ持って行く
「アイリスオーヤマ株式会社」や「レノボ・ジャパン合同会社」など、充電式電池の回収協力店にリチウムイオン電池を持って行くこともできます。

■異常状態で使い続けると故障も!バッテリーは正しく交換しよう

ダイソンのバッテリーに不具合が見つかったとき、そのまま使い続けると故障し、逆に費用が高くついてしまうケースもあります。純正のバッテリーは問い合わせればすぐに手配してもらえるようなので、面倒に思わず交換しましょう。バッテリーを長持ちさせるコツも試してみてくださいね。

※この記事で紹介している内容は2020年7月現在のものです

うみ

ピンク大好き女の子(5歳)といつもニコニコ男の子(2歳)を育てる関西ママです。趣味はおしゃれと資産運用!豊かな生活を送るために知識をつけようと、独学でファイナンシャルプランナー2級を取得しました!みなさんに役立つ情報をお届けできるよう頑張ります♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]