出典:@maami.haseさん

Baby&Kids

ブロックのおもちゃで子どもたちの創造力を育ててみよう

自分の手を使ってさまざまなものを作りだせるブロックは、子どもの想像力や創造力を育むのに最適なおもちゃですね。遊びながら知育もできるブロックは、遊びのスペースにひとつは置いておきたいもの。ただ、成長に合っていないブロックで遊ばせてしまうと、子どもがブロックへの興味を失ってしまうことも…。

今回は、ブロックの魅力やブロックの遊び方、年齢別におすすめのブロックをご紹介します。

■ブロックの魅力とはどういうところ?

出典:photoAC

ブロックは遊びながら子どもの力を伸ばしてくれる、教育効果の高いおもちゃと言われています。
ブロックで遊ぶとき指先をよく使いますよね。この指先の運動による刺激が、思考や記憶、運動などの機能の中枢である大脳に伝わるのだそう。その結果、大脳が活性化され、思考力や記憶力アップが期待できるのだそうです。
また、ブロック遊びは、自分がイメージしたことを形にしていく遊びでもあります。考えながらブロックをつなげていくことで、想像力や創造力を養うことができるのだそうですよ。
ブロックといえば『LEGO(レゴ)』を思い浮かべる人が多いと思いますが、レゴ以外にも多種多様なブロックがあるんですよ。

■ブロックの選び方のポイント(1)年齢に合った難易度

幼児は、大人のように集中力が続きません。そのため、子どもにとって難しすぎると興味を失ってしまい、ブロックで遊ぶことに苦手意識を持ってしまうこともあるのだそう。
年齢に合った難易度のブロックを選ぶことで、ブロックは楽しい遊びなのだということを子どもたちに認識してもらいたいですね。

■ブロックの選び方のポイント(2)ピースの大きさ

出典:photoAC

1歳~2歳の頃は特になんでも口に入れてしまう傾向があるので、ピースの大きいブロックを選ぶのが良いでしょう。大きいブロックは接続しやすいので小さい子は扱いやすいんです。
成長していくにつれ、手先の動きも器用になってくると思うので、さまざまな形が作れる小さめのブロックで遊ばせてみるといいかもしれませんね。

■ブロックの選び方のポイント(3)接続&分解のしやすさ

出典:photoAC

指の力が弱い1歳や2歳の頃は、接続部分が大きく、つなげたり分解したりする動作が簡単にできるブロックが遊びやすいでしょう。指の力がついてきたら、接続部の小さいブロックにもチャレンジしてみるといいですね。

■ブロックの選び型のポイント(4)多様性はあるか

大きなブロックは小さな子どもには扱いやすいですが、作れる立体が少ないのだそう。いろいろな形が作れるようになったら、年齢に合った多様なものを作ることができるブロックを選んでみてはいかが?
見本を見て形を作ることができるようになったら、作り方のシートがいっしょに入ったタイプのブロックを選んでみても◎

■1歳~2歳におすすめのブロックはどういうもの?

誤飲を防ぐため、大きなブロックがおすすめ。接合部分も緩めのほうが小さな子どもたちも扱いやすそう。

・ごっこ遊びや勉強もできるレゴ デュプロ(R)

出典:トイザらスでレゴがお得に買えるって本当?福袋情報も

レゴブロックには種類がさまざまありますが、1~2歳児には大きなブロックの「DUPLO(R)(デュプロ(R))」がおすすめ。英語や数字が書かれたブロックもあるので、勉強にもなりそうですね。女の子や男の子などの人形や、動物などのパーツもあるので、ごっこ遊びもできますよ。
「TOYSRUS(R)(トイザらス)」ではクリアランスセールや福袋など、通常より安い価格で購入できる時期があるので、チェックしてみて。

・アンパンマンの絵柄がかわいいブロックラボ


『BANDAI(バンダイ)』から発売されている「ブロックラボ」は、日立製作所との共同プロジェクトから生まれたブロック。できた!という達成感を子どもたちが実感することによって、創る楽しさや工夫する力などを養えるのだそう。
アンパンマンのキャラクターがブロックに描かれているのも、子どもたちの興味を引くようです。レゴデュプロとも大きさが合うのでいっしょに使えるという口コミも。

・洗濯機で洗えるポリエム

出典:@maami.haseさん

「PolyM(R)(ポリエム)」ドイツ製のブロックで、ドイツでは90%以上の幼稚園に置いてあるそう。柔らかく丸みを帯びた形状が特徴です。誤飲を防ぐ大きさで、万が一誤飲をしてしまってもブロックに穴が空いているので呼吸を確保できるそうです。
また、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うことが可能。清潔さを保てるのも、幼児に与えるブロックとしてはうれしいポイントですね。グッドトイ2019受賞。

■3歳~4歳におすすめのブロックはどういうもの?

手先の細かい動作も徐々にできてくる時期のようですので、1~2歳の頃よりは少し小さめのブロックでものを作る楽しみを経験してみてもいいかも。

・磁石でくっつくマグ・フォーマー

出典:@_s.y_37さん

『BorneLund(R)(ボーネルンド)』から発売されている磁石でくっつくブロック。ピースが持ちやすく、簡単にくっつけたり外せたりできるので遊びやすいのが特徴です。平面をつなぎ合わせることから始まり、多面体を作ることもできますよ。
各ピースは両面で色が違うので、色の組み合わせを考えながら遊ぶのも◎。どのように図形や立体が構成されているかということを遊びながら理解できるようですよ。

・曲面や球体を作ることができるLaQ (R)

出典:筆者撮影

四角と三角の2種類の基本パーツに5種類のジョイントパーツをつなげて形を作ることができる「LaQ(R)(ラキュー)」。パーツをつなげたときにパチっという音が鳴るのも特徴です。
ラキューのキューは球という意味で、曲面や球体を思ったとおりに作ることができます。パーツの色もカラフルで、赤、青、黄の三原色からパステルカラーまでさまざまな色のパーツを使って組み立てることで色彩感覚を養うこともできるのだとか。海外の玩具アワードを多数受賞。

■5歳~6歳におすすめのブロックはどういうもの?

考えながらものを作れる、思考型のブロックで遊んでみてはいかが。

・玉の通り道を考えながら組み立てるcuboro(R)

出典:知育玩具でやわらか頭を目指そう!おすすめ商品&手作り品も紹介@ lindwurm.753さん

藤井聡太七段が幼少期に遊んでいたとして有名になった、スイス生まれの「cuboro(R)(キュボロ)」。溝のついた立方体を組み合わせながら、上から落とした玉が下まで落ちる道を工夫して作っていく遊びです。
外側から見えない内側にも道を作ることができるので、3次元でものを捉える力がつきそうですね。現在は予約販売のようです。

・考える力を養うKATAMINO

出典:@eatoooniさん

フランスの『GiGamic(ギガミック)」から発売されている「KATAMINO(カタミノ)」。ルールブックの問題にそって、色も形もさまざまなブロックを組み合わせてマス目を埋めていく思考型のゲームです。
パズルゲームとしてだけでなく、シンプルに積み木として遊ぶことも、ルールブックを使って形合わせをすることもできますよ。思考力を養えそうですね。

■子どもの成長に合ったブロックを選んであげよう

出典:筆者撮影

今回は、知育にもなるブロックについて紹介しました。商品には対象年齢が書かれているものが多いですが、それを鵜呑みにするのではなく、子どもの成長に合わせたブロックで遊ばせてあげましょう。子どもたちの想像力や創造力を引き出せるブロックに出会えるといいですね。

Maeccho

5歳の男女双子の母です。親が選んだ服を素直に着てくれるうちに……と、双子コーデを楽しんでます。同じ柄や色のパンツ&スカートを探すのがマイブームです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]