【PR:東京都水道局】

Lifestyle

sponsored

2020年はハッピーでスマートな賢いママに!マイボトルで東京水を飲もう

持ち物は、ミニマルが今どきのママのスタイル。ですがペットボトルを持ち歩くとごみも出るし、バッグの中でかさばってスマートじゃない。そんなママにぜひ知って欲しいのが、マイボトルに東京の水道水「東京水」を入れて持ち歩く、エコなライフスタイルを推進する『東京スマイルボトルプロジェクト』。安全で安心、お財布にも環境にもやさしい東京水とマイボトル。これからのスタンダードになるライフスタイルを提案します!


■mamagirlが提案するハッピーでスマート、そんなエコ生活とは?

外出先で飲む水、みなさんはどうしていますか?

「コンビニでなんとなくペットボトルの水を買って飲んでいる」という方が多いのでは? 
そんな方にこそ知ってほしいのが、東京の水道水「東京水」の魅力。そして、マイボトルを持つ賢くておしゃれなライフスタイルなんです。
東京都水道局が推進する『東京スマイルボトルプロジェクト』とmamagirlがコラボして、2020年らしいハッピーでスマートそしてエコな生活を提案します!

【新習慣 その1】朝、1杯の水を飲む。心も体もキレイでハッピーに!

起床後、体は水分を欲している状態なんです。朝は一番、水分が吸収されやすいタイミング。
起き抜けの一杯は、胃腸が刺激されて、便秘改善をサポートしてくれます。

水道水をそのままを安全に飲める国は世界196カ国の中でも、日本を含めてわずか10カ国程度。その中でも「東京水」はおいしい水として定評があるんです。

「東京水」は、国が定めた水質基準51項目を大きく上回る200項目以上の水質検査を行い、高い安全性を確保。
わずかなにおいのもとまで取り除くことができる高度浄水処理を導入しているので、より一層安全でおいしい水になっているんです。
また、「東京水」は適度な硬度を含んだ軟水で、口あたりまろやかでやわらかな味が特徴。お料理に使ってもそのまま飲んでもとてもおいしいんです。
『安全でおいしい水』それが「東京水」なんです。


【新習慣 その2】おしゃれで賢いママは、荷物はスマートに最小限。

コーム、ネイルオイル、リップ、消毒液とミニマルなネルソンさんのバッグの中身。ここに加えるならペットボトルよりマイボトルがスマート!

キャッシュレス化が進んで、持ち物は少なく&バッグも小さくなっているのがおしゃれなママの荷物事情。ミニマルなのが今っぽいママのお出掛けスタイルなんです。
持ち歩く飲み物もペットボトルより、コンパクトサイズのマイボトルがGood!

マイボトルを持てば外出先で飲み物を買うためにウロウロ……なんてロスも省け、中身を「東京水」にすればより経済的。
1リットル100円のペットボトルの水を毎日買うと1年で36,500円になりますが、「東京水」なら同じ量で約70円。お財布にも優しいんです!

さっそく士温くんもシールを貼ってマイボトルのカスタムにチャレンジ!

機能、サイズ感、デザイン、マイボトルのバリエーションは豊富。お気に入りの1本を見つけることでマイボトル生活がさらに楽しくなりそう♡
ママのマイボトルはシンプルでおしゃれに、子どものマイボトルはお気に入りシールを貼って自分好みにカスタムしてみては?
好きなシールを貼ることで「これは僕のボトル!」と愛着もわくのでおすすめですよ!


【新習慣 その3】おでかけにはマイボトル!子どもにも教えたいエコ習慣

日本のプラスチック廃棄物は年間900万トンにものぼるといわれます。
マイボトルを持ってお出かけすれば、プラスチックごみの削減に大きく貢献することができます。使い捨てのペットボトルより繰り返し使えるマイボトル。
子どもたちにも教えていきたいエコ習慣です。

おいしくて経済的な「東京水」とエコにつながるマイボトル。
セットで使いたいこの2つですが、外出中に水を飲み切ってしまったらどうするの?

都内には「東京水」を給水できる場所がたくさんあるので大丈夫!
都営地下鉄や公共施設など700カ所以上にある給水スポット(Tokyowater Drinking Station ※通称:DS)では、手軽に冷たい水をボトリングすることができるので、お出かけの際にはぜひご活用くださいね!


■安全、経済的、そしておいしい。東京水をマイボトルで持ち歩こう!

サンフランシスコで暮らした経験もあるネルソンさん。サンフランシスコではあたりまえにマイボトルを持ち歩き、街中の給水スポットでボトリングするのが日常的な光景だったそう。

「海外での暮らしや旅行を通じて日本の水道水の品質の高さやおいしさは実感済み」というネルソンさんに、改めて東京水を体験してみた感想を聞きました。
「普段から料理やお茶に水道水を使っていますが、こうしてそのまま飲んでみてもやっぱりおいしいです!」

今回、ネルソンさんにとって最大の収穫だったのは「東京水をボトリングできる給水スポット(DS)がたくさんある」と知ったこと。
「マイボトルは持ち歩いているんですが、今までは中身がなくなったらペットボトルの水を買って入れていました。給水スポットがあるなら水の補給もスムーズ。家族みんなで減プラチャレンジもできそう。2020年はオリンピックイヤー、家族みんなで出掛ける機会も増えると思うので東京水の給水スポット(DS)をどんどん活用したいですね!」

地球も人も笑顔になれるエコなライフスタイルはおしゃれなママが注目する新しいライフスタイル。2020年はハッピーでスマートな新生活始めてみませんか?



■「東京スマイルボトルプロフェクト」で賢いママの新ライフスタイルを!

高品質でおいしい「東京水」と環境にやさしいマイボトルでエコを応援する『東京スマイルボトルプロジェクト』。
特設サイトでは、WEBキャンペーンを実施中!(2020年2月28日まで)
東京水がお家に届くまでの様子をVRで体験できるコンテンツのほか、クイズやアンケートに答えると抽選で素敵なプレゼントが当たります!

近くの給水スポット (DS)を確認できるマップも掲載している『東京スマイルボトルプロジェクト』特設サイトはこちらをチェック!

▼東京スマイルボトル特設サイト
サイトはコチラ

今日から、早速「東京水」をマイボトルに入れて持ち歩き、『東京スマイルボトルプロジェクト』に参加しませんか?

カメラマン/齊藤僚子 
取材・文/ささきみどり

ささきみどり

フリーの編集・ライター。二級建築士。女性誌、ライフスタイル誌を中心に読み物系の記事を書いています。趣味はいつか住みたい家の図面を引くこととぬい撮り。

【Instagram】midori6497
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]