出典:@yuki.nail.810 さん

Beauty

ネイルチップの作り方♡パーツは百均でそろう!?おしゃれデザイン5選も

仕事柄ネイルができない人でもネイルが楽しめるアイテム、ネイルチップ。ネイルチップはデザインが多く、TPOに合わせてつけ替えができるので、パーティーシーンやブライダルでも人気があります。今回はそんなネイルチップの簡単な作り方やおしゃれなデザインをネイル技能検定1級・ジェル上級を持つライターMACHAが特集しました。

ネイルチップを利用したことがない人や作ってみたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

■ネイルチップのメリットデメリットを知ろう

出典:@mofuyarouさん

自爪が短くてもおしゃれなネイルが楽しめるネイルチップですが、そのメリットやデメリットをご存知ですか?

・ネイルチップのメリット


ネイルチップのメリットは何と言っても自由につけ外しができるところでしょう!ネイル不可の職場でもネイルチップなら休日だけネイルファッションが気軽に楽しめます。特にブライダルではお色直しに合わせてネイルが変更できるというメリットが!
ネイルチップは取り外して保管しておけば何回でも使えるので、思い出として保管している人も多いそうです。最近ではデザイン性の高いネイルチップも販売されているので、本格的なネイルアートも楽しめますよ。

・ネイルチップのデメリット


取り外しができるということは取れやすいということでもあります。接着剤が弱いと何かの拍子に外れてしまい、紛失してしまうなんてことも。また接着剤が強すぎると取り外す際に自爪を痛めてしまう恐れがあります。ネイルチップを使用するときにはベースコートを自爪に塗って予防するのがベター。接着剤もあまり強力なものは選ばないようにしましょう。
最近ではジェルネイル素材で作られた形状記憶機能つきネイルチップが登場!ジェルチップを温めて自爪の形にフィットさせて冷やすことで自爪のカーブにピッタリフィットするんだとか。市販のネイルチップよりもフィット感があるので、あとは接着剤で留めるだけで安心してネイルファッションが楽しめますよ。

■ネイルチップの種類や形はどんな物があるの?

ネイルの種類や形は少しの丸みや長さが違うだけでも印象がガラリと変わります。そこでネイルチップを作る前にネイルの種類と形をおさらいしておきましょう。ネイルの種類は主に長さを表します。基本的な長さはショート、ミディアム、ロングなどです。長さの基準や呼び方はネイルサロンによって表現や定義が違うことがありますが、基本的にはこの3通りの長さで雰囲気の違いを楽しんでみて!
 
ネイルの形は大きく分けて5通りのデザインがあります。では、どんな形があるのか見ていきましょう。

・ラウンド

出典:photoAC

5つの中では一番ナチュラルなカットデザインのラウンド。短い爪さんや初めてネイルチップをする人でも違和感なく楽しめます。オフィスネイルにもおすすめ☆

・オーバル

出典:photoAC

ラウンドよりも少し長めデザイン。適度に長さがあるのでスラッとした指先を演出できます。使いやすい形なので市販のネイルチップでも一番取り扱いの多い形です。

・ポイント/アーモンド

出典:@ mi_yu_nailさん

アーモンドのように先が尖ったデザインが特徴のポイント。(別名:アーモンド)韓国デザイン人気の高まりにより近年若い女性を中心に人気上昇中の形です。華やかな指先になるのでパーティーシーンなどに向いています。

・スクエア

出典:photoAC

スクエアは先の丸みをストレートにカットした四角いデザインです。ラウンドやオーバルよりも印象的な指先になるのでシャープでかっこいい雰囲気が楽しみたい人におすすめ☆

・スクエアオフ

出典:photoAC

スクエアオフはスクエアの両サイドに丸みを持たせたデザイン。スクエアよりも柔らかい雰囲気なので、スクエアに挑戦したい人はスクエアオフから始めてみては?スクエアよりも強度があるので自爪で伸ばす人も多いデザインです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]