Baby&Kids

叱り方のコツ。してほしい事を同じ言葉で3回、3段階で伝えよう

vol.1308【1日1成長お母さん】子どもの心を傷つけることなく、効果的に行動を改善させる方法

お母さんだったら叱らなくてはいけない時もある。叱るコツは3回、3段階

子育てをしていると「叱るよりも褒めて育てましょう」とよく聞きますね。でもお母さんだったら叱らなくてはいけない時だってたくさんあります。
そもそも叱る目的は、ある特定の良くない行為を改善させるためです。そのためには子どもの心を傷つけることなく効果的に叱りたいもの。
良くない行為を改善させるためには、子どもにしてほしい事をシンプルに同じ言葉で3回、3段階で伝えるのが効果的です。

子どもは1、2回言われたくらいでは聞こえていない。3回言葉を繰り返そう

公共の場で子どもが騒いでしまった時、子どもにしてほしいことは“静かにすること”です。なので「うるさい」よりも「静かにして」と注意するのが良いでしょう。
1回で行動が改善されない場合は同じことを繰り返して3回まで言います。その時に少しずつ声を大きくしていきましょう。
子どもは1回言われただけでは「何か声がするな」くらいにしか認識されずお母さんの言葉がしっかり耳に届いていません。2回目でも「あれ、なんだろう」程度。3回目でやっと「怒られている」と気が付きます。

言葉を変えると肝心なことが伝わらない。同じ言葉を使うのがポイント

1回叱って行動に変化が見られないからと言葉を変えてしまうと、叱ることの効果が薄れてしまいます。もし「静かにして」「何回言ったら分かるの」「もう連れてこないわよ」と続けて言ってしまうと、最後の「もう連れてこないわよ」しか子どもの耳には残りません。
これではしてほしい事を伝えるという一番大切なことが抜け落ちてしまい、子どもにはお母さんに脅されているような印象のみ残ります。

叱るのは3回まででOK。その場で効き目がなくても将来効果が出ることも

子どもは3回叱られて行為が改善する確率は50%、4回、5回叱られても50%というデータがあります。すなわち3回目以降は叱っても意味がないのです。だから叱るのは3回までで良いのです。
これは子どもを放任しているわけではありません。3回叱ってその時は改善されなくても、子どもの頭の中にはお母さんの言葉がインプットされています。
即効性はなかったとしてもお母さんがちゃんと取るべき行動を伝え続けていると、後々子どもの行動は自然と改善されていくのです。

今日の1日1成長

効果的に行動を改善させるため、叱るときは同じ言葉を3回繰り返そう
子どもの改善力も1成長、お母さんの伝達力も1成長。
田中京子(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!