Baby&Kids

子どもの才能を伸ばすお母さんは「頑張ったね」と声を掛けている

vol.1332【1日1成長お母さん】「頑張ったね」はチャレンジ精神をアップさせる魔法の言葉

赤ちゃんの頃から優等生!そんな子の人生をさらに豊かにさせるコツがある

赤ちゃんの頃から歩き出すのもしゃべり出すのも早く、あまり手が掛からず育児本通りにすくすく育つタイプの子がいます。幼児期になると何でも器用にこなす姿を見て「うちの子天才だわ」とお母さんを喜ばせてくれることでしょう。
しかしそんな優等生タイプの子こそ大きくなると極度に失敗を恐れ、新しいことにチャレンジしたがらないことがあるのです。それはとてももったいないこと。
チャレンジ精神のある優等生に育てるには、ちょっとしたコツを知っておいてください。

優等生タイプの育児でお勧めは「偉い」「凄い」という言葉を使わないこと

このような優等生タイプのことをキッズコーチングでは“テキストタイプ”といいます。これは育て方によるのではなく、生まれながらに備わった特性です。「元々優秀なタイプの子どもが生まれたなんて、本当にラッキーだわ」と感じるお母さんもいるでしょう。そんなお母さんにお勧めなのが、子どもをただ褒めないことです。具体的にいうと「凄い」「偉い」という言葉を使わないようにするのです。

「できないことはやりたくない!」褒められ続けると弊害が起きることも

いくら優秀なテキストタイプでも、年齢が上がってくるとどうしても苦手分野やできないことが出てきます。そんな時に褒められ続けて育った子どもは、上手にできない自分が許せなくて非常に落ち込みやすくなります。
また周囲の期待に応えたいのに応えられないのが辛くて、全くそのことに手を付けないという選択をすることもあるのです。
例えば運動会のかけっこで一位が取れそうにないと思ったら「運動会に出ない」と言い出すなどです。

努力を認められた子は結果にこだわりすぎず、苦手分野にもチャレンジできる

そうはいっても子どもがピースの多いパズルを完成させたり、本を見て自分で折り紙を完成させたりしたら「凄いね!」と褒めたくなります。こんな時は子どもの努力の過程を認めてあげるといいのです。
具体的には「頑張ったね」という言葉です。努力を認められながら育った子どもは、結果が望み通りにならなくても「頑張ることが素晴らしいんだ」と考えられ、心穏やかに過ごせます。
そして「できないかもしれない」と思った事にもチャレンジし、ますます人生の幅を広げることでしょう。

今日の1日1成長

優等生タイプの子どもには「凄いね」よりも「頑張ったね」と声を掛けよう
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
田中京子(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!