出典:筆者撮影

Baby&Kids

哺乳瓶用洗剤、普通の食器用とはどう違う?人気なのはどれ?

哺乳瓶用の洗剤と普通の洗剤の違いがイマイチわからないというママもいますよね。「出産準備中だけど、哺乳瓶用洗剤も用意したほうがいいのかな」「大人と一緒の洗剤を使っちゃダメなの?」といったママたちの疑問解決をサポート!哺乳瓶用洗剤をテーマに、普通の洗剤との違いやお手入れ方法、おすすめアイテムをご紹介します。

使い終わった哺乳瓶を清潔に保つために欠かせない哺乳瓶用洗剤。アイテム詳細やお手入れ方法をチェックして、毎日の育児に役立ててくださいね。

■哺乳瓶用洗剤ってどんなアイテムなの?

出典:photoAC

まずは哺乳瓶用洗剤について見ていきましょう。

・哺乳瓶用洗剤、普通の洗剤と何が違うの?


哺乳瓶用洗剤の特徴には、赤ちゃんにやさしい成分でつくられていること、余計な成分は入っていないこと、このふたつがあります。
赤ちゃん用の粉ミルクには、脂質やたんぱく質など洗剤なしでは汚れを落としきれない成分が含まれています。汚れを落とすという点では普通の洗剤でも問題ないのですが、注目すべきは化学合成成分を含んでいるかどうか。普通の洗剤には化学合成成分が入っていて、赤ちゃんの口に入ったときのリスクを考えると好ましくないとされています。一方哺乳瓶用洗剤は、食品を原料としたものが多く、赤ちゃんにも安心して使えるアイテムです。洗浄力だけでなく、赤ちゃんへのやさしさも考えてつくられているんですよ♡

・赤ちゃんの哺乳瓶に普通の洗剤を使ってもいいの?

出典:photoAC

普段食器を洗うときに、「キュキュット」や「ジョイ」などの食器用洗剤を使っている人もいるでしょう。「大人と同じ洗剤で洗えたら…」と思う気持ちもあると思いますが、なるべく哺乳瓶用洗剤を使うことをおすすめします。
理由としては、普通の洗剤に含まれる化学合成成分は残留性が高いこと。使うとしても“じゅうぶんにすすぐこと”がマストではありますが、成分が残ってしまう可能性もあります。赤ちゃんの体調への影響を思えば、哺乳瓶用洗剤を使ったほうがいいと言えるでしょう。
哺乳瓶用洗剤の種類によっては、野菜洗いとして使えるものも。「哺乳瓶用洗剤はいつまで使うかわからないし、買うのをためらう…」そんなときに普段の料理シーンにも使えるアイテムを選べば、赤ちゃんがミルクを卒業したあとも別の用途で使えますよ。

■使い終わった哺乳瓶の洗い方&消毒の仕方

出典:photoAC

続いて哺乳瓶のお手入れ方法をご紹介します。

・哺乳瓶のお手入れに必要なアイテム


哺乳瓶のお手入れに使うのは、哺乳瓶用洗剤とスポンジが基本。あとは消毒方法に合わせて、ケースや薬液を用意することになります。

出典:筆者撮影

スポンジについては、哺乳瓶用として柄の長いものや先端が細くなっているもの、やわらかい素材でできているものも。洗う作業が時短できるので、専用のスポンジを用意しておくことをおすすめします。

・消毒前のひと手間が大切!哺乳瓶の洗い方

出典:photoAC

まずはパーツをばらばらにして、瓶から洗います。瓶には専用の洗剤とブラシを使いましょう。底まできちんと届くように、専用のブラシを使ってくまなく洗うのがコツ。哺乳瓶用ちくびや他のパーツは、やわらかいスポンジに専用の洗剤をつけてやさしく洗います。洗ったあとに消毒をしますが、消毒前にしっかり汚れを落としておくことが大切ですよ。

・哺乳瓶をより清潔に!消毒の仕方


哺乳瓶の消毒方法には、煮沸、電子レンジ、つけ置きの3パターンあります。

出典:photoAC

煮沸消毒は、洗ったパーツすべてを鍋に入れて火にかける方法です。水をたっぷり使うこと、パーツごとに煮沸時間を調節することがポイント。哺乳瓶の材質やメーカーごとに煮沸時間の目安は変わりますが、ガラス製の瓶なら約7分、哺乳瓶用ちくびやキャップは約3分を目安にしましょう。
電子レンジでの消毒には専用ケースが必要になります。すべてのパーツを専用ケースに入れ、水を加えて電子レンジで加熱。ある程度冷めるまで放置したら、余った水を専用ケースから排出させる方法です。
つけ置きの消毒方法にも、専用ケースと薬剤が必要。すべてのパーツを薬液に浸したら、指定時間放置するだけ!

出典:筆者撮影

こちらは『チュチュベビー』の「つけるだけ」1,100円(税抜)。「西松屋」や「赤ちゃん本舗」などで購入できるつけ置き用の薬剤です。
自宅にある材料だけで消毒できる、手軽さがあるなど、それぞれの消毒方法にメリットがあります。自分にとって魅力的な方法を選ぶようにしてくださいね。

■大手メーカー商品も!おすすめの哺乳瓶用洗剤6選

人気ランキングで上位に入るおすすめの哺乳瓶用洗剤がこちら!

・ママにも赤ちゃんにもやさしい!フロッシュベビー


『Frosch®(フロッシュ)』の「ほ乳びん・食器洗い」は、使う人の手指へのやさしさを考えてつくられています。ヤシ油やヒマワリ油など植物由来の洗浄成分が使われているので、ママにも赤ちゃんにも安心!手指の水分を守るノンアルコール処方も魅力のひとつです。価格は購入店舗によって異なりますが、500円から600円くらいで購入できますよ。

・汚れ落ち抜群!しっかり洗えるピジョン


『Pigeon(ピジョン)』の「哺乳びん野菜洗い」733円(税込)は、ガンコなミルク汚れもすっきり落とす洗浄力の高さが魅力☆食品用原料成分100%でも、しっかり洗えてスポンジ除菌もできる優れものです。

出典:筆者撮影

買い足すときには詰め替え用がおすすめ!定価は550円(税込)ですが、購入店舗によってはセールでさらにお買い得になっていることもあります。他にも、旅行や帰省シーンで活躍するコンパクトサイズも人気!

・たっぷり使えるビッグサイズもアリ!ミルトン


『Milton(ミルトン)』の「洗剤Milton哺乳びん・さく乳器・野菜洗い」は、350mlの小容量タイプで550円(税込)、750mlの大容量タイプで990円(税込)。粉ミルク育児のママから「たっぷり使えるところがうれしい!」と人気を集めるアイテムです。植物性洗浄成分使用、無添加など、ママと赤ちゃんにやさしい魅力がいっぱい♡

・オレンジオイルの香りつき!コンビ


『Combi(コンビ)』の「哺乳びん野菜洗いボトル」500円(税抜)は、天然ヤシ油成分を配合した赤ちゃんに安心して使える哺乳瓶用洗剤です。オレンジオイルのほのかな香りに癒される♡同シリーズの洗浄ブラシと合わせて購入するママも多数!

・敏感肌ママも安心して使える♡エルミー

『elmie(エルミー)』の「哺乳びん洗剤」は、植物性グリセリンを配合したもの。赤ちゃんに安心して使えるのはもちろん、敏感肌やアレルギー肌のママにもやさしいアイテムです!エルミーのオンラインショップでは385円(税込)で販売されていますよ。

・大人と一緒に使うならコレ!ヤシノミ泡タイプ


『SARAYA(サラヤ)』のヤシノミシリーズ「ヤシノミ 洗剤 泡タイプ」は、きめ細かい泡が汚れを包み込んでしっかり洗浄!台所用合成洗剤ではありますが、厳選された洗浄成分を使っていることから哺乳瓶用洗剤として使っている人も。泡タイプなのですすぐのも簡単!価格は詰め替え用で550円(税込)です。

■哺乳瓶用洗剤は忙しいママのサポート役!

出典:photoAC

育児に追われてハードな毎日を送るママにとって、少しでもサポートになる育児グッズは欠かせません!使い終えた哺乳瓶に「ちゃんときれいに洗えてるかな…」と不安が残らないように、哺乳瓶用洗剤を使って不安材料を減らしてくださいね。

※この記事で紹介している商品は、現在店頭にない場合がございます。

メロン

5歳女の子のママ。育児・仕事・家事のバランスを取るべく日々苦戦中!休日は子どもが楽しめるスポットへお出かけしています。子育て中のママたちに役立つ情報を発信していきます♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!