出典:photoAC 

Lifestyle

貯蓄とはどんな意味?金融用語だけでなくおすすめの方法も紹介

貯蓄っていうけど、貯金と預金と意味が違うって知っていましたか?今回は貯蓄の定義や方法などを、金融機関に勤務していた際にファイナンシャルプランナーの資格を取得したライター・nobiiが、わかりやすく解説していきます!言葉の意味を知って、貯蓄についていっしょに考えていきましょう。

貯蓄は大切というけど、みんなどれくらい貯蓄しているのか知っていますか?厚生労働省の2016年度国民生活基礎調査によると、すべての世帯の貯蓄総額平均は約1,031万円。貯蓄があると答えている人は全体の80.3%だそうです。 年代や家族形態によって金額は違いますが、8割の人が貯蓄しているというと貯蓄を大切だと思っている人が多いということが見えてきますね。そんな貯蓄について基礎知識を深めていきましょう。

■貯蓄、貯金、預金って全部意味が違うって本当?

出典:photoAC 

貯蓄や貯金、預金ってどれも同じような意味と感じる人が多いはず。どこまでが貯蓄でどこまでが貯金なのかなど、言葉の意味を解説していきます。

 



・貯蓄とは現在持っている金融資産のこと



貯蓄=貯金と考えている人は多いはず。厳密にいうとふたつは違います。貯蓄とは資産を貯めることです。 そのためお金といった現金はもちろん、積み立て型の保険や株式、投資信託なども入ります。結果、貯蓄の中に貯金や預金があるということです。


 



・貯金はゆうちょ銀行、預金は銀行にお金を預けること



 


出典:photoAC 

貯金とはゆうちょ銀行や農業協同組合、漁業協同組合に預けたお金のことをいいます。預金は銀行や信用金庫、労働金庫などに預けたお金のこと。この違いは法律の違いです。 たとえばゆうちょ銀行は郵便貯金法、銀行は銀行法などとなっています。それぞれの法律内で使われている言葉が貯金なのか預金なのかで呼び方が違うのです。

■ちょっと踏み込んでみた!貯蓄の定義ってなに?

出典:photoAC 

学生のときにあった公民の授業では、家単位の貯蓄について学びます。そこでここでは少し踏み込んで、広い範囲の経済であるマクロ経済学的準貯蓄について知っておきましょう。

 



・マクロ経済学的準貯蓄とはどういうこと?



 


出典:photoAC 

そもそもマクロ経済学とは、家計だけではなく、企業や国、世界など広い範囲の経済活動を見ていく学問です。 ですから、ニュースで取り上げられているような円高円安、失業率などそういった視点はまさにマクロ経済学的なものということになります。なんだか難しく考えてしまいがちですが、意外と身近なものですね。 そんなマクロ経済学で使われる準貯蓄とは、国内で生みだされた利益と海外での所得を足したものから税金や消費した分、投資へと流れた分を引いたものをいいます。簡単にいうと、国単位で見る余ったお金です。

 



・マクロ経済学から見た貯蓄とは



 


出典:photoAC 

マクロ経済学では貯蓄と投資は同じ意味とされています。またマクロ経済学からみた貯蓄とは、準貯蓄と同じこと。 家計の貯蓄と違う点は、マクロ経済学の貯蓄では政治の情勢や人口の増減など世界規模のさまざまな要因で、金額が変動するものと考えられていることです。

■これからを考えたおすすめの貯蓄方法を紹介します!

出典:photoAC 

「貯蓄しないとなあ」と思っても「なにから始めたら良いのかわからない」という人も多いはず!そこで、これからを考えたおすすめの貯蓄方法を紹介してきます。

 



・貯蓄はお金だけじゃない!金や不動産も人気



 


出典:photoAC 

貯蓄というと現金をコツコツ貯めていくイメージが多いですが、金といった資源への投資や不動産投資も注目ですよ。純金積み立てというものもあるので、毎月決まった金額で金やプラチナ、銀などを購入していけます。 資源の価格が上がれば売却して現金としても良いですし、ひとつの資産として持っておいて、現金が必要となったときには現金に換えても良いでしょう。 またまとまった資金があれば、マンションや土地の購入で家賃収入を得たり土地の値上がりなどで利益をだしたりもできるかもしれません。 家賃収入や値上がりによる利益を貯蓄しても良いですね。ただどれもリスクがあるものなので、メリットやデメリットをしっかり把握しておく必要はあります。

 



・預貯金だけでなく投資もあれば安心



 


出典:photoAC 

安全志向の人にとって貯蓄というと、預貯金となるでしょう。しかし普通預金の金利はだいたい0.001%、100万円預けても1年で10円ほどの利息がつくだけ。 ネット銀行などになれば金利も若干高くなることもあるので、預け替えするのもひとつの方法です。しばらく使わないお金であれば、定期預金などにすれば若干金利が高くなるでしょう。 しかしこういった預貯金のみだと、世界情勢によっては日本円の価値が下がってしまうインフレリスクに対応できない場合もあります。そういったことに備えて、外貨の資産を持っておくのもおすすめ。 たとえば、外貨預金や外貨で運用する保険商品、投資信託などがあります。いずれも為替や資産変動のリスクがあるので、注意が必要です。

■貯蓄の意味を知って預貯金や投資に興味を持とう

貯蓄や貯金、預金の意味を知ることで投資の必要性を感じる人がでてくるはず。投資初心者の人は、銀行や証券会社などの金融機関の人やFP、保険外交員などお金のプロに相談してみると良いかもしれませんね。 私もこれまでの勤続経験やFPの知識をもとに預貯金だけでなく、外貨預金や株式、投資信託など資産を分散させて貯蓄しています。ぜひみなさんも貯蓄や投資にアンテナをはってみてください。

nobii

お調子者女児のママ。証券会社に勤務し夫の転勤を機に退職。出産後ライターへ。2級ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有。
【Instagram】nobii00
沖縄専用アカウント→okinawa.daisuki01
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!