出典:photoAC 

Lifestyle

住宅ローンの頭金はいる?知らないと損するかも!な基礎知識を押さえよう

住宅や土地の購入など大きな買い物のときに耳にする頭金。頭金とはどういうもので、いくらくらい必要なのか知っていますか?そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの資格を持つライター・nobiiが、住宅ローンの頭金について詳しく解説していきます。

そもそも住宅ローンの頭金とは、購入する物件の代金のうち住宅ローンを組まず現金で支払うお金のことをいいます。住宅ローンの頭金は必要なのか、どのくらい準備したら良いのかなどチェックしていきましょう。

 

■住宅ローンの頭金は何割が妥当?目安や相場も知っておこう

出典:photoAC 

住宅ローンの頭金の目安は、購入物件代金の1割から2割といわれています。たとえば3,000万円の物件であれば、300万円から600万円ほど。相場は購入物件代金の2割といわれているようです。

 

■頭金あり・なしでどんなメリットやデメリットがある?

出典:photoAC 

住宅ローンの頭金ありなしで、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

・頭金がある場合のメリットやデメリット


住宅ローンを考えたときに頭金を入れると、月々の返済額や住宅ローン総支払額を減らせるというメリットがあります。また、返済期間を短くできるというメリットも考えられるでしょう。

デメリットは頭金を支払うことで、手元資金が減ってしまうこと。貯金額が少ないと、万一病気やケガで働けなくなったときに生活費に困るかもしれません。

そのため頭金を入れるときは、世帯の貯金額や住宅ローンの金額、今後の収入や支出などを総合的に把握しておくと良いですよ。

・頭金なしの場合のメリットやデメリット


頭金なしで購入代金すべてを住宅ローンにする場合は、手元に貯金が残るので毎月の返済の心配が軽減できるというメリットがあります。また、さほど貯金がなくても住宅購入ができる可能性があるというメリットも。

デメリットは、毎月の返済額や総支払額が多くなるかもしれないということです。さほど貯金がなく住宅購入した人は、収入が増えていけば良いですが、減ってしまうようなことがあると、毎月の返済が苦しくなる危険性を考えておかなければいけません。

■頭金の割合によって金利が違うって本当なの?

出典:photoAC 

たとえば「フラット35」という住宅ローンでは、頭金が1割以上払えて住宅ローンの割合が購入金額の9割以下になれば年1.300%~2.030%。頭金が1割払えず9割超となると年1.560%~2.290%と金利に違いがあります。

最も多い金利で比べると、9割以下で年1.300%、9割超で1.560%。0.260%の金利差があるのです。

1,000万円であれば26,000円、2,000万円なら52,000円となり0.260%という金利差であっても住宅購入資金という高額となると金額も大きくなりますね。

 

■頭金を出すときは貯金をいくら残すと良いの?

出典:photoAC 

頭金を出すことで手元に貯金がなくなり毎月の返済が滞ったり、生活が苦しくなったりしては意味がありません。

そのため病気などで働けなくなったときを考え、6カ月から1年分の生活費を貯金として残しておくと良いでしょう。そんなには無理と思えば、せめて半分の3カ月から6カ月分を残しておいてください。

 

■住宅ローンを組むときの頭金支払い時期はいつなの?

出典:photoAC 

住宅購入のときはまず、仮申し込みの意味合いがある申し込み証拠金として10万円ほど支払う場合があります。このお金は、むやみなキャンセルを防ぐための保証金としての役割がある手付金に充当され諸経費や頭金となることが多いようです。

申し込み証拠金はある場合とない場合がありますが、このあと手付金を支払います。手付金が頭金や諸経費となるので、このタイミングが頭金の支払い時期です。ほかには、住宅ローン融資実行日に頭金を支払って引き渡しを受けるという方法もあります。

 

■住宅ローンの頭金はどこに払う?支払い方法は?

出典:photoAC 

住宅購入には、住宅本体代金や銀行諸経費、登記などの建物諸経費など費用がかかります。それらのどれに払うのかで頭金の支払先が違うのです。そのため、銀行やハウスメーカーなどに支払うというのが答えになります。

支払い先は、銀行やハウスメーカーの人と相談しましょう。支払い方法は一括で支払う場合もありますし、住宅ローン融資実行日までに何回かに分けて支払う場合もあるようです。

 

■住宅ローン控除と繰り上げ返済はどっちを優先させる?

出典:photoAC 

住宅ローン控除と繰り上げ返済の関係を見ていきます。

 

・住宅ローン控除ってどういうもの?


自分が住むために購入した家の住宅ローンについては、住宅借入金等特別控除という控除(控除とは差し引かれるという意味)が受けられます。一定の条件を満たせば、10年間年末の住宅ローン残高の1%が所得税から控除されるというものです。

消費税率引き上げにともない、2019年10月1日から2020年12月31日までに契約し入居した場合は、3年延長し13年間控除が受けられます。

・住宅ローン控除と繰り上げ返済はどっちが優先?


この住宅ローン控除と、住宅ローンの元金を減らしていく繰り上げ返済のどちらを優先させると得なのかという話は、いつも議論のテーマ。

たとえば毎年100万円を繰り上げ返済するのと、住宅ローン控除が終わった10年後に1,000万円繰り上げ返済するのでは、毎年コツコツ繰り上げ返済する方が得といわれています。

ただ、住宅ローンの金利によって得になる金額が違うのと繰り上げ返済にかかる手数料がそれぞれの金融機関で違うので、そういったことにも注意が必要です。また、住宅ローン控除は残高の1%分を考える話。

そのため住宅ローンの金利が1%以上の人は、毎年繰り上げ返済をコツコツした方が得といわれています。反対に金利が1%未満の人は、住宅ローン控除の期間は控除を利用し控除期間が終わってからまとめて繰り上げ返済した方が得のようです。

詳しい金額はそれぞれの家庭で異なるので、FPや銀行の人に相談してみると良いでしょう。

 

■住宅ローン控除の計算方法を押さえておこう

住宅ローン控除は、確定申告をすることで受けられる制度。給与所得者なら、2年目以降は年末調整で控除を受けられるようになります。そんな住宅ローン控除の計算方法を押さえましょう。

 

・2019年10月から2020年12月末まで


<1~10年目>
年末残高等×1%(控除限度額50万円)
<11~13年目>
次のいずれか少ない額が控除限度額
(1)年末残高等(上限5,000万円)×1%
(2)(住宅取得等対価の額-消費税額)×2%÷3
注意:上限5,000万円

・2021年1月から2021年12月末まで


<1~10年目>
年末残高等×1%(控除限度額50万円)

2019年10月から2020年12月末までの特例である特別特定取得に、該当するかしないかなどさまざまな要件があるので、実際に計算する場合は国税庁のホームページなどで確認しましょう。

 

■頭金の必要性を知って住宅ローンをうまく利用しよう

家という大きな買い物になるので、住宅ローンは高額になります。毎月の返済を楽にしたり、長い年数支払うものを少しでも短くしたりするには頭金が重要です。

私もこういったFPの知識をもとに、頭金を準備して家を購入し繰り上げ返済についても検討しています。頭金や控除などの知識を深め、住宅ローンをうまく利用しましょう。

nobii

お調子者女児のママ。証券会社に勤務し夫の転勤を機に退職。出産後ライターへ。2級ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有。
【Instagram】nobii00
沖縄専用アカウント→okinawa.daisuki01
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!