Baby&Kids

困難に打ち勝つ強さを育む秘訣。男の子は思う存分甘えさせよう

vol.1376【1日1成長お母さん】甘やかさずに甘えさせると、子どもの自信がぐんぐん育つ

男の子は甘えん坊でいい!お母さんにベッタリでも心配しなくて大丈夫

男の子のお母さんからよく聞くのが「いつまでたっても甘えん坊で困る」というお話。「こんなに甘えん坊で、大きくなったらどうなっちゃうのかしら」と気になるお母さんは多いようです。
特にお友だちと上手に関係を築ける同級の女の子と比べ、甘えん坊の我が子が幼いと感じることも。「もう年長さんなんだからしっかりしてよ」と言いたくなることもあるかもしれませんね。
でも心配いりません。この時期に思い切りお母さんに甘えることが、男の子の強さを育む秘訣なのです。

スキンシップが与えるのは安心感。思う存分甘えるのが心の成長につながる

6歳のDくんはお母さんが大好きな男の子です。いつも「お母さん抱っこ!」「お母さんと一緒に!」と追いかけてくるのでお母さんは大変です。Dくんのリクエストに毎回応えるのは体力的にもたないということもあります。
でも一番心配しているのは、こういった要求にどれくらい応えたらいいのか、ということだそう。「もう年長さんだし、あんまり甘やかすのもどうかと思うのよね」とお母さん。
バランスのとり方が難しいと感じているようです。

甘やかさずに甘えさせる。愛情を確認できた子どもはどんどん自立する

お母さんも悩みどころではありますが、心配せずにどんどん甘えさせてあげましょう。スキンシップや時間を共有する“甘えさせる”行為は愛情の確認。応えてあげるほどに子どもの自信となります。
一方で気をつけたいのは“甘やかし”。先回りして子どもの危険を取り除き、問題を代わりに解決してしまう甘やかしは、百害あって一利なしです。
子どもからチャレンジ精神や問題解決能力を育む機会を奪い「お母さんがしてくれて当たり前」という指示待ち族を作ります。

受け入れられている安心感が困難に打ち勝つ強さと自分を信じる心を作る

男の子は生来甘えん坊です。お母さんに甘えることで安心して新しいことにチャレンジできるようになります。甘えさせ過ぎを心配せずに、たくさん甘えさせてあげましょう。
そのときにオススメなのが「大丈夫よ」「できるよ」という言葉がけ。お母さんからの励ましは何よりの力になります。
スキンシップとプラスの言葉がけで、子どものチャレンジ精神を応援しましょう。きっと自分を信じて大きな世界へ羽ばたき、困難を乗り越える強さを身につけるでしょう。

今日の1日1成長

甘えん坊の男の子は思う存分甘えさせよう!自信と強さが身につきます
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
むらたますみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]