出典:photoAC

Lifestyle

大根おろしが辛いワケは?原因や辛みを抑えるおろし方も解説

料理のアクセントにもぴったり、とってもおいしいはずの大根おろしが辛い!その原因と辛くならないおろし方を解説していきます。

脂がのった料理を、さっぱりした口あたりにしてくれる大根おろし。胃もたれも防いでくれるし、焼き魚や天ぷらに欠かせないという人も多いと思います。でも、作った大根おろしが予想外に辛く、せっかく作ったのに余ってしまった、なんてことありませんか?特に子どもは味覚が敏感ですから、辛いと食べてくれなくて困りますよね。実は大根は、部位によって味に違いがあるんです。今回は大根おろしが辛味の理由や辛みを和らげるおろし方などを紹介。おいしい大根おろしを作りたい人は要チェックです。

■辛さは部位によって違った!大根の上手な使い方

出典:photoAC

作るたびに大根おろしの辛さが違うのは、使った大根の部位に理由があるのかもしれません。大根の辛いところはどこでしょうか。また、辛い部位でもおいしく食べられる方法を紹介します。

・上(葉元)は甘みも栄養もたっぷり

出典:photoAC

大根は、一番上の葉元が最も甘いです。辛くない大根おろしを作りたい場合は、この部位を使うといいでしょう。煮ても甘味が出るので、野菜が苦手な子どもにもおすすめです。ちなみに大根の葉にはβカロテンなどの栄養がたっぷり含まれているので、無駄なく料理に使いましょう。
水分が多くシャキシャキした食感なので、サラダなどの生食に適しています。

・真ん中は大根が主役の料理にもぴったり

 

出典:photoAC

真ん中は、辛味と甘味がちょうどよくやわらかい部位です。
煮てもやわらかく仕上がるので、離乳食にもおすすめです。厚切りにして調理するのに適しているので、ふろふき大根などの大根を主役とした料理に使用するのがよいでしょう。

・下(先端)は加熱してから食べるのがおすすめ!

 

出典:photoAC

下の先端は、最も辛味のある部位です。逆にそれを活かして辛味のある大根おろしが作れます。
その他辛い大根の食べ方としては、水分が少なく繊維質であるため、サラダなどの生食よりも汁物や炒め物に使うのが適しています。もしうっかり辛い大根おろしを作ってしまって困ったら、桜えびなどのお好みの具材と片栗粉を混ぜて焼く大根餅レシピにしてみるとおいしくリメイクできます。

■大根おろしはなぜ辛いの?その原因となる成分は?

出典:photoAC

大根おろしが辛くなる原因を知って賢く対処しましょう。

・大根おろしが辛い原因は?

大根おろしが辛いと感じるのは、弱酸性の「アリルイソチオシアネート」という辛味成分によるものです。アリルイソチオシアネートは、ワサビやからしに入っているものと同じ辛味成分です。実はこの辛味成分には殺菌作用があるんです。その力は大腸菌を死滅させるほどのもの!辛いからこそ得られる効果にも注目です。

・なぜ大根をおろすと辛くなるの?

それではなぜ、大根をおろすと辛くなるのでしょう。
おろす前の大根をかじっても、大根おろしほどの辛味はありません。しかし、大根を切ったりすりおろしたりして細胞が壊れることにより、大根のそれぞれ別の場所にあった「イソチオシアネート」という物質と「ミロシナーゼ」という酵素が混ざり合います。これが化学反応を起こして辛味成分が生成されるのです。イソチオシアネートは大根の外側部分に多く含まれますよ。また、これらの成分の量は部位ごとに違うので、大根おろしにしたときの辛味も部位ごとに違うと考えられているのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE