Baby&Kids

3歳の「自分でやる」は自立の第一歩。達成感と共に大切に育もう

vol.1414【1日1成長お母さん】「やりたい」と言い出したら自立のチャンス。まずはやらせよう

3歳児の何でも自分でやりたがる姿は、子どもが順調に成長している証

子どもが3歳くらいになるとコミュニケーション能力が飛躍的に伸びてきます。おしゃべりが達者になってくるのもこの頃から。
特に女の子はおしゃべりが上手で、お母さんの口真似そっくりな子も多くいます。お母さんにとっては、意思の疎通もできるようになるので子育ても楽しくなってくる頃ではないでしょうか。
そして、この時期から子どもの「自分でする」という自立の心が芽生えてきます。うれしい反面、時にお母さんの手を煩わせることもあるものです。

ジャマしたいのではなく、大好きなお母さんのお手伝いをしたいだけ

3歳のMちゃんはおままごと大好きな女の子。ある日、お母さんが台所でごはんの支度をしていると「私もやる」と張り切り顔。
しかし、この日お母さんは時間に余裕がなく急いで支度をしたかったのです。「今日は忙しいからお手伝いは今度ね」と言うと「やだ!お手伝いするの」と言ってでき上がったお料理を運ぶMちゃん。危なっかしいと思っていた矢先、ガッチャン!とお料理の乗ったお皿ごと落としてしまうのです。
お母さんは怒り心頭で「何で勝手なことするの!」と怒鳴ってしまいました。

子どもの「やりたい」気持ちに寄り添い、可能な範囲で欲求を満たしてあげる

お母さんに怒鳴られたMちゃんは大泣き。せっかく作った食事は台無し、割れたお皿の片付けに「何で仕事増やすのよ!」と泣きたいのはお母さんの方でしょう。
しかしMちゃんに悪気はないと理解しましょう。大好きなお母さんの真似をしてお手伝いしたかっただけのこと。
忙しい時こそ頭ごなしに否定するより、可能な範囲でお手伝いを提案するといいでしょう。
炊飯器のスイッチを押すだけの簡単な作業でも大丈夫。子どもの気持ちも満たされ、やり遂げたという達成感が芽生えるのです。

自分でやり遂げたという達成感を満たし、意欲的に行動できる子に育てよう

「自分でやりたい」は子どもの自立につながる大切な欲求です。とはいえ、子どもにお手伝いをさせるのは本当に大変なこと。しかも忙しい時であれば尚更です。
しかし何もやらせなければ、子どもの達成感は育まれません。達成感を繰り返し味わうことで子どもの自信につながり、意欲的に挑戦していくようになります。
今は手がかかり面倒かもしれませんが、ここが踏ん張り所。将来、親にべったり依存した子にしないためにも積極的に関わらせて自立心ある子に育ててあげましょう。

今日の1日1成長

3歳の「やってみたい」はやらせてみよう。達成感を満たすと自立の心が育つ
子どもの自立する力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
わたなべみゆき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!