Baby&Kids

3歳の「自分でやる」は自立の第一歩。達成感と共に大切に育もう

vol.1414【1日1成長お母さん】「やりたい」と言い出したら自立のチャンス。まずはやらせよう

3歳児の何でも自分でやりたがる姿は、子どもが順調に成長している証

子どもが3歳くらいになるとコミュニケーション能力が飛躍的に伸びてきます。おしゃべりが達者になってくるのもこの頃から。
特に女の子はおしゃべりが上手で、お母さんの口真似そっくりな子も多くいます。お母さんにとっては、意思の疎通もできるようになるので子育ても楽しくなってくる頃ではないでしょうか。
そして、この時期から子どもの「自分でする」という自立の心が芽生えてきます。うれしい反面、時にお母さんの手を煩わせることもあるものです。

ジャマしたいのではなく、大好きなお母さんのお手伝いをしたいだけ

3歳のMちゃんはおままごと大好きな女の子。ある日、お母さんが台所でごはんの支度をしていると「私もやる」と張り切り顔。
しかし、この日お母さんは時間に余裕がなく急いで支度をしたかったのです。「今日は忙しいからお手伝いは今度ね」と言うと「やだ!お手伝いするの」と言ってでき上がったお料理を運ぶMちゃん。危なっかしいと思っていた矢先、ガッチャン!とお料理の乗ったお皿ごと落としてしまうのです。
お母さんは怒り心頭で「何で勝手なことするの!」と怒鳴ってしまいました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]