Lifestyle

バーベキューのおいしい食材26選!定番から変わり種まで徹底紹介!

おいしいお肉や料理を、炭火で焼いて楽しむバーベキューが人気!最近はキャンプ場のほかにも庭先やウッドデッキなどでバーベキューを楽しむ人も多いようです。そんな人気のバーベキューですが、回を重ねるうちに定番のメニューに飽きてしまったという人もいるのではないでしょうか。今回は、いつものバーベキューとはひと味違う変わり種食材やメニューをご紹介します。子供が喜ぶ変わり種も登場するので、ぜひ参考にしてください。

バーベキューの定番食材といえば、お肉やキャベツ、トウモロコシ、玉ねぎ、フランクフルトなどを思い浮かべる人も多いでしょう。でも実は、バーベキューって意外とどんな食材でもおいしく調理できるんです!まずは、変わり種バーベキューを楽しむときにおすすめのグッズから見ていきましょう。


 

■変わり種バーベキューを楽しむときにおすすめのグッズ

バーベキューの定番といわれる食材は、焼き網や鉄板などの一般的なグッズで調理できるからこそ定番になっているんです。グッズがひとつあるだけで、メニューの幅が広がりますよ♡

・食材を包んで加熱するのに便利なアルミホイル

アルミホイルは、食材を包んで加熱するのに欠かせないグッズ!
鮭やキノコなどのいくつかの食材をアルミホイルに包んで調理したり、さつまいもなど食材そのものをアルミホイルで包んで直火に投入したりすることもできます。変わり種バーベキューには、欠かせないグッズのひとつです。

・鉄板に焦げ付きにくくなる!焼きそばシート

焼きそばといえば、バーベキューの定番メニューのひとつ。
でもソースを入れた途端、焦げ付いててしまって鉄板の掃除が大変…というイメージがありますよね。そんなときは、『LOGOS(ロゴス)』から発売されている「焦げ付きにくい焼きそばシート」830円(税別)などのを便利グッズを活用しましょう。
表面に特殊ノンスティック加工が施されたホイルなので、調理中の焦げ付きやこびり付きを防いでくれます。後片づけがシートを捨てるだけなのもうれしいポイントです。

・じんわり食材を温める小さな万能グッズ!スキレット

出典:photoAC

スキレットは、鋳鉄製の小さなフライパンのこと。一般的なフライパンに比べて本体が厚いため、食材にゆっくりと均一に熱が伝わるのが特徴です。また調理後は、スキレットをそのまま食卓に運んで皿として使うこともできます。料理のあたたかさが長続きするので、アヒージョやパンケーキなどをおいしく作ることができますよ。

・ステンレス製串で火力調整しやすく!

炭火や薪火などのバーベキューで、串焼きを作りたいなら燃えないステンレス製串がおすすめ!特に薪火は火力調節が難しく、ときに炎が立ち上ることもあるので、なるべく長めのステンレス製串を用意するとよいでしょう。
ただし、幼い子供がいる場合には置き場所や取り扱いには十分注意してください。またステンレスは熱の伝わりが早いので、調理中の串にふれる際には軍手が必須です。

・自家製ベーコンも作れちゃう!スモークセット

出典:photoAC

さまざまな食材を手軽に燻製調理できるスモークセットは、バーベキュー好きの大人たちに大人気のグッズ!
燻製用チップの木材を変えて、食材につく香りの変化を楽しむのも自家製スモークの魅力ひとつ。ベーコンやウィンナーなどを作ってみたいなら、ぜひスモークセットをゲットしてみてくださいね!
通販サイトなどでは、1,000円代で買える安価なスモークセットも販売されています。もっと安く済ませたいという人は、段ボールや100均グッズを活用して手作りするのも楽しいですよ。

・バーベキューで炊き立てご飯が食べられる!飯ごう

飯ごうは、野外での調理に使用する携帯用炊飯器のこと。炊き方も簡単で、飯ごうの中に適量の研いだお米と水を入れて、火にかけるだけ!また中ブタは炊飯の際、計量カップや食器などとして使えるものもあります。
バーベキューでもふっくら炊き立てご飯を味わいたいなら、飯ごうをゲットしてみては?

■【焼くだけ簡単編】バーベキュー変わり種食材8選

一般的なバーベキューシーンではあまり見かけないけど、“ただ焼くだけ”でとってもおいしい変わり種食材をご紹介します。ぜひバーベキューの食材に選んでみてくださいね!

・外がカリッカリに!フランスパン

出典:photoAC

ちょっと厚めに切ったフランスパンをバーベキューの網で焼くのがおすすめ!直火のパワーであっという間に、パンの表面がカリッカリに仕上がります。フランスパンの上にバターやチーズを乗せた状態で焼き上げるのもGOOD。バターはジュワ~、チーズはトロ~ッがたまりません。

・お外でチーズフォンデュできちゃう!とろけるチーズ

出典:photoAC

アルミホイルで作った器やスキレットなどにチーズを入れ、バーベキューの焼き網の上に置けば簡単にチーズフォンデュを楽しむことができます。チーズはどんな食材とも相性がよいので、余った食材をおいしく食べきりたいときにもおすすめ。
チーズフォンデュ専用のチーズを用意するのももちろんよいですが、カマンベールチーズを1個まるごと使うと簡単!カマンベールチーズは手軽に購入できるうえ、バーベキュー食材としても扱いやすい量と形状なのがうれしいですね。

・出番はキャンプのときだけじゃない!飯ごう炊飯

出典:photoAC

飯ごう炊飯といえば、キャンプなど本格的なアウトドアシーンで使うものというイメージを持っている人もいるかもしれませんね。
実は手軽なバーベキューのときにも、飯ごう炊飯がおすすめ。焼き網の上で、ふっくらご飯を炊いちゃいましょう!
事前にお米を水に浸す時間が必要ですが、炊飯時間は弱火5分+中火5分+強火5分+蒸らし10分ほどが目安。意外と短時間で炊き上がりますよ。

・おつまみにぴったり!そらまめ

出典:photoAC

そらまめもバーベキューにおすすめの食材のひとつ。
鞘のまま、まるごと焼き網の上に乗せるだけで調理もとっても簡単です!皮が真っ黒になるまで焼いて、鞘を開けば、ほっくりと焼き上がったそらまめが顔を出します☆お酒を飲むパパやママのおつまみに最高ですよ。

・まるで屋台の味!まるごとイカ

出典:photoAC

焼き網の上で、イカを姿焼きにするのもおすすめ!じっくりと焼き上げるのが、ジューシー&柔らかく仕上げるポイントです。醤油やみりんなどで作ったタレをつけながら焼けば、お祭りの屋台の味を再現できますよ。
焦げつきや網の汚れが気になるときには、アルミホイルの上で焼きましょう。

・炭火の中にまるごと投入!生タケノコ

出典:photoAC

2月頃から出回り始め、5月頃までがタケノコのシーズン。
生のタケノコが手に入ったら、ぜひバーベキューに持っていきましょう。炭火の中にタケノコを丸ごと投入し、丸焦げ状態になったころにトングなどで引き揚げます。ヤケドに注意しながら皮をむけば、ホックホクであま~い焼きタケノコが♡とってもおいしいですよ。

・炭火ならではの香ばしさが魅力!さんま

出典:photoAC

バーベキューで焼いたさんまは、自宅のコンロで焼いたさんまとは香ばしさが格段にアップします!
ただし、生のさんまは傷みやすいのでバーベキューでは早めに焼いてしまいましょう。味つけはふり塩だけで十分!下処理は必要ないのでお手軽です。

・直火焼きで劇的においしく!うなぎのかば焼き

出典:photoAC

スーパーで買ったでき合いのうなぎのかば焼きも、バーベキューで直火焼きするだけでものすごくおいしくなるんです!皮が焦げつきやすいので、あらかじめ焼き網にサラダ油などを塗り、皮目を下にして焼きます。
裏返すと身が崩れてしまうので、焼くのは皮目だけでOK。皮目パリッ!身はふっくらの極上かば焼きに仕上がりますよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]