Lifestyle

バーベキューの変わり種18選!意外でも間違いなくおいしいメニュー紹介♪

今年もついに、バーベキューの季節到来!最近は、庭先やウッドデッキなどでバーベキューを楽しむ人も多いようです。しかし回を重ねるうちに、バーベキューのメニューに飽きてしまったという人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、いつものバーベキューとはひと味違う変わり種食材やメニューをご紹介します。子どもが喜ぶ変わり種も登場するので、ぜひ参考にしてくださいね。

バーベキューの定番食材といえば、お肉やキャベツ、トウモロコシ、玉ねぎ、フランクフルトといったところ。しかし実は、バーベキューって意外とどんな食材でもおいしく調理できるんです!まずは、変わり種バーベキューを楽しむときにおすすめのグッズから見ていきましょう。


 

■変わり種バーベキューを楽しむときにおすすめのグッズ

バーベキューの定番といわれる食材は、焼き網や鉄板などの一般的なグッズで調理できるからこそ定番になっているんです。
つまり、グッズひとつあるだけでメニューの幅が広がりますよ♡

 

・食材を包んで加熱するのに便利!アルミホイル

アルミホイルは、食材を包んで加熱するのに欠かせないグッズ!
鮭やキノコなどのいくつかの食材をアルミホイルに包んで調理したり、さつまいもなど食材そのものをアルミホイルで包んで直火に投入したりすることもできます。バーベキューには、欠かせないグッズのひとつです。

 

・鉄板に焦げつきにくくなる!焼きそばシート

焼きそばといえば、バーベキューの定番メニューのひとつ。
でもソースを入れた途端、焦げついてしまって鉄板の掃除が大変…というイメージがありますよね。そんなときは、『LOGOS(ロゴス)』から発売されている「焦げ付きにくい焼きそばシート」830円(税別)などのを便利グッズを活用しましょう。
表面に特殊ノンスティック加工が施されたホイルなので、調理中の焦げつきやこびりつきを防いでくれます。後片づけがシートを捨てるだけなのもうれしいポイントです。
 

・じんわり食材を温める小さな万能グッズ!スキレット

出典:photoAC

スキレットは、鋳鉄製の小さなフライパンのこと。一般的なフライパンに比べて本体が厚いため、食材にゆっくりと均一に熱が伝わるのが特徴です。また調理後は、スキレットをそのまま食卓に運んで皿として使うこともできます。料理のあたたかさが長続きするので、アヒージョやパンケーキなどをおいしく作ることができますよ。

 

・火力調節が難しいバーベキューシーンで大活躍!ステンレス製串

出典:@ bm.p0512さん

炭火や薪火などのバーベキューで、串焼きを作りたいなら燃えないステンレス製串がおすすめ!特に薪火は火力調節が難しく、ときに炎が立ち上ることもあるので、なるべく長めのステンレス製串を用意するとよいでしょう。
ただし、幼い子どもがいる場合には置き場所や取り扱いには十分注意してください。またステンレスは熱の伝わりが早いので、調理中の串にふれる際には軍手が必須です!

・自家製ベーコンも作れちゃう!スモークセット

出典:photoAC

さまざまな食材を手軽に燻製調理できるスモークセットは、バーベキュー好きの大人たちに大人気のグッズ!
燻製用チップの木材を変えて、食材につく香りの変化を楽しむのも自家製スモークの魅力ひとつ。ベーコンやウィンナーなどを作ってみたいなら、ぜひスモークセットをゲットしてみてくださいね!
通販サイトなどでは、1,000円代で買える安価なスモークセットも販売されていますよ。

 

・バーベキューで炊き立てご飯が食べられる!飯ごう

出典:photoAC

飯ごうは、野外での調理に使用する携帯用炊飯器のこと。炊き方も簡単で、飯ごうの中に適量の研いだお米と水を入れて、火にかけるだけ!また中ブタは炊飯の際、計量カップや食器などとして使えるものもあります。
バーベキューでもふっくら炊き立てご飯を味わいたいなら、飯ごうをゲットしてみては?


 

■【焼くだけ簡単編】バーベキュー変わり種食材9選

一般的なバーベキューシーンではあまり見かけないけど、“ただ焼くだけ”でとってもおいしい変わり種食材をご紹介します。ぜひバーベキューの食材に選んでみてくださいね!

・外がカリッカリに!フランスパン

出典:photoAC

ちょっと厚めに切ったフランスパンをバーベキューの網で焼くのがおすすめ!直火のパワーであっという間に、パンの表面がカリッカリに仕上がります。フランスパンの上にバターやチーズを乗せた状態で焼き上げるのもGOOD。バターはジュワ~、チーズはトロ~ッがたまりません。

・直火で焼いて旨味凝縮!タラバガニ

出典:photoAC

カニは直火で焼くと、磯の香りや独特の芳醇な香りが立ち、さらに水分が飛ぶことで旨味が凝縮されるので、実はバーベキューにもってこいの食材なんです。
ただし、カニならなんでもよいというワケではなく、焼きガニには特にヤドカリ科のタラバガニや花咲ガニなどがおすすめなのだそう。
あらかじめ茹でてあるタラバガニでも、十分おいしく焼きあがるのでお試しあれ!

 

・お外でチーズフォンデュできちゃう!とろけるチーズ

出典:photoAC

アルミホイルで作った器やスキレットなどにチーズを入れ、バーベキューの焼き網の上に置けば簡単にチーズフォンデュを楽しむことができます。チーズはどんな食材とも相性がよいので、余った食材をおいしく食べきりたいときにもおすすめ。
チーズフォンデュ専用のチーズを用意するのももちろんよいですが、カマンベールチーズを1個まるごと使うと簡単!カマンベールチーズは手軽に購入できるうえ、量もほどよいのでバーベキュー食材にぴったりです。

 

・出番はキャンプのときだけじゃない!飯ごう炊飯

出典:photoAC

飯ごう炊飯といえば、キャンプなど本格的なアウトドアシーンで使うものというイメージを持っている人もいるかもしれませんね。
実は手軽なバーベキューのときにも、飯ごう炊飯がおすすめ。焼き網の上で、ふっくらご飯を炊いちゃいましょう!
事前にお米を水に浸す時間が必要ですが、炊飯時間は弱火5分+中火5分+強火5分+蒸らし10分ほどが目安。以外と短時間で炊き上がりますよ。
 

・おつまみにぴったり!そらまめ

 

出典:photoAC

そらまめもバーベキューにおすすめの食材のひとつ。
鞘のまま、まるごと焼き網の上に乗せるだけで調理もとっても簡単です!皮が真っ黒になるまで焼いて、鞘を開けば、ほっくりと焼き上がったそらまめが顔を出します☆お酒を飲むパパやママのおつまみに最高ですよ。

 

・まるで屋台の味!まるごとイカ

出典:photoAC

焼き網の上で、イカを姿焼きにするのもおすすめ!じっくりと焼き上げるのが、ジューシー&柔らかく仕上げるポイントです。醤油やみりんなどで作ったタレをつけながら焼けば、お祭りの屋台の味を再現できますよ。
焦げつきや網の汚れが気になるときには、アルミホイルの上で焼きましょう。


 

・炭火の中にまるごと投入!生タケノコ

出典:photoAC

2月頃から出回り始め、5月頃までがタケノコのシーズン。
生のタケノコが手に入ったら、ぜひバーベキューに持っていきましょう。炭火の中にタケノコを丸ごと投入し、丸焦げ状態になったころにトングなどで引き揚げます。ヤケドに注意しながら皮をむけば、ホックホクであま~い焼きタケノコが♡とってもおいしいですよ。

 

・炭火ならではの香ばしさが魅力!さんま

出典:photoAC

バーベキューで焼いたさんまは、自宅のコンロで焼いたさんまとは香ばしさが格段にアップします!
ただし、生のさんまは傷みやすいのでバーベキューでは早めに焼いてしまいましょう。味つけはふり塩だけで十分!下処理は必要ないのでお手軽です。

 

・直火焼きで劇的においしく!うなぎのかば焼き

スーパーで買ったでき合いのうなぎのかば焼きも、バーベキューで直火焼きするだけでものすごくおいしくなるんです!皮が焦げつきやすいので、あらかじめ焼き網にサラダ油などを塗り、皮目を下にして焼きます。
裏返すと身が崩れてしまうので、焼くのは皮目だけでOK。皮目パリッ!身はふっくらの極上かば焼きに仕上がりますよ。

 

■【一品料理編】バーベキュー変わり種メニュー5選

下ごしらえが必要ですが、バーベキューでぜひ作ってほしい絶品変わり種メニューをご紹介します。

・網の端っこでじっくり調理!アヒージョ

出典:photoAC

バーベキューの焼き網の端は、火力が弱めなので肉を焼くのには適していませんが、じっくりコトコト調理するアヒージョにはぴったり!
お好みの食材をひと口大に切っておき、ニンニクを入れたオリーブオイルで煮込みます。
そのまま食べても、フランスパンなどに乗せて食べても絶品です。

 

・バーベキューが一気に盛り上がる料理!スペアリブ

出典:photoAC

直火で焼き上げたスペアリブは、家庭の焼肉とは違うワンランク上の味わいが魅力です!
その本格的な味わいに、バーベキューも盛り上がること間違いなし。
骨つき豚肉をニンニクやローズマリー、黒コショウなどが入ったタレに約12時間漬け込む下ごしらえが必要ですが、おいしいのでぜひチャレンジしてみてください。

 

・トマトジュースを使ってお手軽パエリア

出典:photoAC ※写真はイメージです

バーベキューでおしゃれなメイン料理を作りたいなら、イチオシはパエリア!
バーベキュー達人によると、失敗の少ない低塩タイプのトマトジュースを使ったレシピがおすすめなのだそう。
トマトジュースで作ったパエリアは、味がしっかりキマるうえ、子どもたちにも食べやすいと好評です。


 

・カリカリ&ジューシー!本格ハンバーガー

出典:photoAC

バーベキューで本格的なハンバーガーを作ってみてはいかが?
おすすめは、パティだけでなく、バンズも鉄板で焼くこと。しっかり焼き上げることで、バンズはカリカリ!パティはジューシーに仕上がります。さらに、新鮮なレタスやトマトをサンドすればオリジナルハンバーガーの完成です!

 

・石焼きならぬ、スキレット焼きビビンバ

出典:photoAC

最近、バーベキューで焼きビビンバを楽しむのも人気!
スキレットさえあれば、専用の石鍋がなくても本格的な焼きビビンバを楽しむことができますよ。アツアツに焼いたスキレットなら、ビビンバの醍醐味であるお焦げもばっちり作れます。

 

■【子どもが喜ぶ編】バーベキュー変わり種メニュー

最後に、子どもが喜ぶバーベキューの変わり種メニューを4つご紹介します。作る工程や見た目も楽しめるネタをそろえました。

 

・みんなで楽しく!焼きマシュマロ

出典:photoAC

アメリカでは、キャンプやビーチのレジャーシーンで定番の焼きマシュマロ♡マシュマロを串にさし、火であぶってキツネ色になったら食べます。マシュマロを焼くと、外はカリッ、中はトロ~ッとした食感に!子どもたちは、焼くのも、食べるのも楽しんでくれますよ。

・まるでアップルパイ!焼きリンゴ

出典:photoAC

リンゴ半分をアルミホイルで包み、炭火でじっくり焼くと…まるでアップルパイのような味わいに♡
作り方はとっても簡単です。リンゴを縦半分に切り、タネを取り除き、バターや砂糖、お好みでシナモンをかけ、アルミホイルで包んで焼き網の上でじっくり焼くだけ。
リンゴの焼けるよい香りに、子どもたちも大興奮です。

 

・お腹いっぱいなのに、なぜか食べられちゃう!焼きおにぎり

出典:photoAC

醤油の芳ばしい香りが食欲をそそる焼きおにぎりは、子どもたちにも大人気!
バーベキューの焼き網でも作れるので、ぜひ作ってあげてくださいね。さっきまで「お腹いっぱい!」と遊びに夢中になっていた子どもも、ペロリと食べてくれますよ!

・スキレットで作るフレンチトースト

出典:photoAC

スキレットを使って、フレンチトーストを作ってあげるのもおすすめ!
スキレットならじっくり火が通るので、まるでプリンのようなトロトロぷるぷるの絶品フレンチトーストに仕上がりますよ。
ただし、スキレットで作ると熱さが長時間キープされるのでヤケドには注意してくださいね。


 

■変わり種食材&料理でいつもとはひと味違うバーベキューに!

簡単に調理できるものから、本格的な一品料理、子どもが喜ぶメニューまでバーベキューの変わり種を幅広くご紹介しました。変わり種食材を使って、初体験がいっぱいのバーベキューをぜひ楽しんでみてくださいね。

SUMINO

愛する家族や仲間とのおしゃべりが大好きな2男のママです。トレンドやプチプラ、時短テクなどの情報収集が趣味です。良いと思ったら何でもすぐに試してみたくなっちゃうタイプ。まだまだやりたいことが山ほど…あぁ、無限の体力が欲しい!
【Instagram】sumino.6011
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!