出典:@taga_koumuten さん

Lifestyle

インナーバルコニーのある暮らし。メリット・デメリットも紹介

今人気の「インナーバルコニー」って知っていますか?インナーバルコニーは一般的なバルコニーとは違い、建物内にあり、屋根があるバルコニー。屋根があるため天候に関係なく使えるスペースであり、四季を感じられる贅沢な空間。子どもの遊び場としても安全で快適な場所なので、インナーバルコニーを取り入れる方が増えているようです。今回は、インナーバルコニーのメリット・デメリットや、活用例を紹介します。

実用的でもあり、癒しの空間となるインナーバルコニーの、気になる口コミもをまとめてみました。

 

■インナーバルコニーとサンルームって何が違うの?

出典:photoAC

インナーバルコニーとサンルームは、似ているようにも思えますが、一般的にインナーバルコニーは「屋外」サンルームは「屋内」です。
英語でバルコニーとは建物の2階よりも上層階にあり、窓や扉から張り出たスペースのことです。(必ずしも突き出ているわけではありません。)日本語で言うベランダがこの意味です。

インナーバルコニーは、建物の外観はそのままで、建物の一部がバルコニーになったタイプのことをいいます。
建物の外に張り出し、屋根のないバルコニーと違って、インナーバルコニーには屋根があり、建物の中に入り込んでいるようなデザインです。庭のように使えたり住まいに解放感をもたらせてくれます。インナーバルコニーつきの魅力的なアパートなどの賃貸物件も人気のようです。

サンルームとは、日光をふんだんに採り入れるため、家からせり出したガラス張りの部屋のことです。雨が降っても安心して洗濯物を干せるだけでななく、花粉やPM2.5などからも守ってくれます。
また、通常の部屋より使用しているガラスの面積が広いため、室内まで光が入り、部屋が明るくなります。
 

■インナーバルコニーのある間取りのメリットって何?

出典:photoAC

・天候に左右されない


インナーバルコニーは、屋根があるので、天気に左右されることがほとんどないスペースです。奥行きが広ければ、雨が吹き込むことがなく安心して洗濯物を干すことができます。

・開放感がある

出典:@ et_casa_internoさん

リビングの延長としてインナーバルコニーがあるタイプが多いので、フラットに繋げることで、空間に広がりができます。見た目も広く感じ、リビングとの行き来もスムーズ!気軽に外でお茶をしたりくつろいだりと、外にいるかのような解放感が得られます。
 

・プライバシーを確保できる


インナーバルコニーのうれしい点は、人目を気にせず開放的な空間を使えることです。外からの人の視線にさらされずに、ガーデニンなど外でしかできない趣味に取り組めます。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]