出典:@taga_koumuten さん

Lifestyle

インナーバルコニーのある暮らし。メリット・デメリットも紹介

今人気の「インナーバルコニー」って知っていますか?インナーバルコニーは一般的なバルコニーとは違い、建物内にあり、屋根があるバルコニー。屋根があるため天候に関係なく使えるスペースであり、四季を感じられる贅沢な空間。子どもの遊び場としても安全で快適な場所なので、インナーバルコニーを取り入れる方が増えているようです。今回は、インナーバルコニーのメリット・デメリットや、活用例を紹介します。

実用的でもあり、癒しの空間となるインナーバルコニーの、気になる口コミもをまとめてみました。

 

■インナーバルコニーとサンルームって何が違うの?

出典:photoAC

インナーバルコニーとサンルームは、似ているようにも思えますが、一般的にインナーバルコニーは「屋外」サンルームは「屋内」です。
英語でバルコニーとは建物の2階よりも上層階にあり、窓や扉から張り出たスペースのことです。(必ずしも突き出ているわけではありません。)日本語で言うベランダがこの意味です。

インナーバルコニーは、建物の外観はそのままで、建物の一部がバルコニーになったタイプのことをいいます。
建物の外に張り出し、屋根のないバルコニーと違って、インナーバルコニーには屋根があり、建物の中に入り込んでいるようなデザインです。庭のように使えたり住まいに解放感をもたらせてくれます。インナーバルコニーつきの魅力的なアパートなどの賃貸物件も人気のようです。

サンルームとは、日光をふんだんに採り入れるため、家からせり出したガラス張りの部屋のことです。雨が降っても安心して洗濯物を干せるだけでななく、花粉やPM2.5などからも守ってくれます。
また、通常の部屋より使用しているガラスの面積が広いため、室内まで光が入り、部屋が明るくなります。
 

■インナーバルコニーのある間取りのメリットって何?

出典:photoAC

・天候に左右されない


インナーバルコニーは、屋根があるので、天気に左右されることがほとんどないスペースです。奥行きが広ければ、雨が吹き込むことがなく安心して洗濯物を干すことができます。

・開放感がある

出典:@ et_casa_internoさん

リビングの延長としてインナーバルコニーがあるタイプが多いので、フラットに繋げることで、空間に広がりができます。見た目も広く感じ、リビングとの行き来もスムーズ!気軽に外でお茶をしたりくつろいだりと、外にいるかのような解放感が得られます。
 

・プライバシーを確保できる


インナーバルコニーのうれしい点は、人目を気にせず開放的な空間を使えることです。外からの人の視線にさらされずに、ガーデニンなど外でしかできない趣味に取り組めます。

 

■インナーバルコニーのある間取りのデメリットは?

出典:photoAC

・費用がかかる


インナーバルコニーを取り入れるには、一般的なバルコニーに比べると同じ面積でも費用がかさむことが多いようです。屋根が必要なだけではなく、インナーバルコニーの下の部屋に断熱材を入れたりするためです。通常のバルコニーと比べると費用がかかるので、見積もりの相談が重要となってきます。

 

・延べ床面積の一部となり固定資産税がかかる


外気の遮断性のない、一般的なベランダやバルコニーは登記上、床面積には入れないということですが、インナーバルコニーのように、壁や柱・屋根を使用しているスペースは、延べ床面積の一部となる条件にあてはまるので、固定資産税が発生する「容積率」に含まれるので注意しましょう。
 

・間取りが難しい


インナーバルコニーは、屋根があるので位置によっては隣接する部屋が暗くなってしまいます。天窓を設置することで日光を採り入れることはできますが、日が差す向きによっては暗くなる場合も…。天窓がついたインナーバルコニーなら、窓のレースカーテンを閉めてもたっぷり日光が入ってくる場合もありますよ。
また、インナーバルコニーは、屋根を支えるための壁や支柱などの工事が必要になります。せっかくの開放的なインナーバルコニーのデザインを台無しにしてしまうことも…。インナーバルコニーを設置するときには、間取りを設計段階からしっかり考えましょう。

 

■インナーバルコニーの設置費用は?

出典:photoAC

インナーバルコニーの設置費用は、通常のバルコニーの2倍以上必要となることがあるようです。既存のバルコニーに屋根などをつけてインナーバルコニーにする場合、リフォームする費用は1坪あたり45~50万円前後かかることも!
既存の部屋に大きな窓があり、その窓を利用して間仕切り壁などを設置し、インナーバルコニーにする場合の施工の費用は1坪あたり約25万円です。
 

■インナーバルコニーを設置するときにおすすめの方角はあるの?

一般的には、日当たりが良いとされている南東や南向きに設置したのに実際は日当たりが悪い…。ということもあるようです。日当たりが良い方向でも、光が入るというわけではなく、バルコニーの屋根に遮られ、暗くなってしまうこともあるのです。
バルコニーの日当たりを良くしたい場合は、設置する場所を西または東側にするのが理想。また、隣接する部屋は光が反射しても入るので、反射した光の量をどれだけ取り入れることができるかが重要です。
 

■インナーバルコニーの活用例を紹介!

インナーバルコニーはさまざまな使い方があります。活用例をみていきましょう。

・プール

出典:photoAC

夏場はインナーバルコニーでプールが最適!プライバシーも守られ、屋根もあるので日差しが遮られることで熱中症対策にも◎

・バーベキュー

出典:photoAC

インナーバルコニーにテーブルとイスを置けば、いつでも食事ができる場所に。外の風を感じながら家族や友人を呼んでバーベキューもいいですね!インナーバルコニーがリビングと隣接していると、料理や飲み物を運んだり、片づけたりも楽ちん!
 

・ガーデニング

出典:@ et_casa_internoさん

趣味のガーデニングや、家庭菜園なども楽しめます。ちょっとした庭のように使うことも可能ですよ。
 

・洗濯干し

出典:photoAC

インナーバルコニーは洗濯物を干す場所として最適な場所です。天気が心配なときにも屋根があるので、急な雨などが降っても風がひどく吹き込まない限り、洗濯物が濡れる心配がありません。
洗濯物を取り込むときにも濡れずに済みますよ。また、直射日光を避けて干したい物などでも安心して干すことができます。
 

・気分転換する場所に

出典:photoAC

室内にずっといると、気分が沈んでしまうことも…。外の雰囲気を味わいながら気軽にお茶を楽しんだりリラックスできる空間としてインナーバルコニーは人気!
 

・リビングの延長に

出典:@ et_casa_internoさん

テーブルやイスを置いて、リビングの延長として使うことができます。屋根があるので室内にいる様な感覚でゆっくりくつろげますよ。

 

■インナーバルコニーの取りつけ例をピックアップ!

インナーバルコニーを取りつけるにはどんな方法があるのでしょうか?

・目隠しをする


木目調の格子などで目隠しをすれば、高い場所からの目線も気にならず気兼ねなく洗濯物を干したり子どもを遊ばせたりできるスペースに。

・半透明の壁を使用する


インナーバルコニーが、外壁と一体型の場合はどうしても視界が遮られてしまいます。そのような場合は、外の目線が気にならない位置であれば、壁を半透明なものを設置すると解放感が高まります。

・網戸を取りつける


虫が入ってくることを避けたい方は網戸を取りつけると快適に!リビングの窓を全開にしても安心ですね。

・窓をとりつける


出入口だけではなく、サイドにも窓をつけると外の景色も取り込め、空間が広く感じられ開放感たっぷり!
 

■インナーバルコニーの口コミは?

「子どもを安心して遊ばせられる。」
「洗濯物を干したまま出かけても安心。」
「日曜大工や趣味などを楽しむ空間になった。」
「夫婦や子どもとゆったり過ごす時間が増えた。」
「料理はもちろん、ビールやワインを飲む最高の場所。」

など、「インナーバルコニーを取りつけて良かった!」という口コミも多数ありましたが、雨漏りのリスクがある・日当たりが悪くなった・風が通らないなどの口コミも見られました。インナーバルコニーを取りつけるときにはしっかりと相談して快適な空間にしましょう。
 

■インナーバルコニーを上手に使って快適な空間を演出しよう

出典:@taga_koumuten さん

プライバシーを守りながら贅沢な空間でもあり実用的なインナーバルコニー。インナーバルコニーを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。
 

MACHA

1歳の女の子の子育て奮闘中!ネイル検定1級・ジェルネイル検定上級・衛生管理士取得し、執筆にも生かしつつセルフでネイルを楽しんでいます!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!