出典:photoAC

Lifestyle

カレーの保存方法まとめ!冷凍から常温まで・食べ方も解説します

子どもたちが大好きなカレー。保存がきくため、多めに作って保存しておくという人も多いでしょう。カレーは常温で放置すると、ウェルシュ菌が発生して危険を伴うことも。そこで今回は、カレーは常温、冷蔵、冷凍でどれくらいの期間保存ができるのかについてまとめました。正しい保存方法や食べるときの注意点、食中毒の危険性まで解説していきます。

カレーを作ったときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

■常温保存はOK?1日で食べ切らないときは冷蔵庫へ

カレーは一晩寝かせたらおいしくなると言われるため、そのままコンロの上に置いている人も多いのでは?常温での保存について解説します。

・常温保存は最長1日まで!夏場は半日で冷蔵庫へ

常温で保存する場合は、長くても1日~1日半までが目安です。夏場や梅雨の季節は菌が繁殖しやすい環境が整っているため、作ったあと放置しておくのも危険です。食べる直前までは冷蔵庫に保管するようにしましょう。

・作ったあとは粗熱をとって蓋をする!

出典:photoAC

カレーを作った直後に蓋をして常温で保存した場合、カレーの温かい状態が長時間続くことになります。その状態はで菌が繁殖しやすいので、蓋をする前に粗熱をしっかりとって、温度を下げることが大切です。

・食べる前には火を通して菌を阻止!

カレーに繁殖しやすいウェルシュ菌は熱に強く、一度火を通しても生き残っていることがあります。常温で保存している場合は、さらに菌が繁殖している可能性もあるので、食べる前には再度しっかり加熱することが重要です。
 

■カレーを冷蔵庫で保存するときの正しいやり方

カレーを冷蔵保存するときの方法や食べるときの注意点を解説します。
 

・冷蔵保存は2~3日!食べきれないときは冷凍庫へ

カレーは一般的に、あまり日持ちしない料理です。冷蔵庫で保管する期間は2~3日が目安でしょう。この期間を過ぎると、カレーが傷み始めるため注意してくださいね。冷蔵庫で保存する場合は、しっかり粗熱をとって保存することを忘れずに!
 

・冷蔵庫での保存の仕方を紹介!

出典:photoAC

カレーは鍋のまま保存するのではなく、アイラップやジッパーがついた袋に小分けにして保存するのがおすすめです。小分けにすることで、カレーが冷蔵庫で素早く冷めるうえに、袋で密閉されているので酸化を防ぐことができます。食べるときも必要な量だけ取り出せるので便利ですよ。
アイラップやジッパーの袋がない場合は、カレーを容器に小分けして、ラップなどでしっかり密閉させて保存しましょう。
 

・食べるときは鍋に戻してしっかり加熱!

冷蔵庫で保存していたカレーは、鍋に移して十分に加熱して食べるようにしましょう。電子レンジで温めると、どうしても加熱ムラができやすくなります。手間にはなりますが食中毒を防ぐためにも、鍋でしっかり火を通すことが大切です。
 

■長期間保存したいときには冷凍保存が便利!

長期間の保存がきく冷凍保存。通販のお取り寄せカレーも、冷凍で配送されるものが多いですよね。正しい保存方法をマスターして、上手く活用していきましょう!

・冷凍庫での保存期間は?1年前の冷凍カレーは食べられない?

出典:photoAC

カレーを冷凍庫で保存した場合、1カ月程度の保存が可能になります。ただし、冷凍庫の設定温度や保存時の密封状態などで保存期間も変化していくので、正しく保存することが重要です。
カレーに含まれる油分や肉の脂は、完全に冷凍状態になることはないので、日を増すごとに酸化されていきます。1年も経ったカレーは、冷凍焼けや液体が浮いてきていることも。とても危険なので絶対に食べないようにしましょう。

・冷凍保存は日付を書いておくと便利!

出典:筆者撮影

冷凍庫で保存するときも、冷蔵保存と同じように粗熱をとってから、小分けにして保存するようにしましょう。バターチキンカレーの冷凍や、自分のレシピで作ったスパイスカレーなどの冷凍保存も可能です。
保存した日付をマジックなどで書いておくと、いつまで食べられるかが分かりやすくなりますよ。

・冷凍カレーは冷蔵庫で解凍!しっかり加熱することも大切

出典:photoAC

冷凍したカレーを食べるときには、冷蔵庫で一度解凍し、鍋に移してしっかり加熱して食べるようにしましょう。よくかき混ぜながら、カレールー全体に火が通るようにするのが重要です。また解凍したカレーを食べたときに、まずいと感じた場合や異臭がしたときはすぐに処分してください。
 

■おいしく冷凍保存するためのコツ!

冷凍する際のポイントを紹介します。

・じゃがいもやにんじんは冷凍してもOK?

出典:photoAC

カレーの具材に含まれる、じゃがいもやにんじんは冷凍すると、水分が抜けてパサついてしまいます。冷凍する前に具材を取り除くか、つぶして保存することをおすすめします。

・冷凍するときは急速冷凍しよう!

出典:photoAC

冷凍するときに、冷めるまで自然に放置した場合、冷めていくまでの間にも菌が繁殖する可能性があります。菌の繁殖時間を作らないためにも、急速冷するのがポイントです。やり方は大きめのボールに氷を張り、その上に鍋を置いて全体をかき混ぜながら冷やします。
より早く冷ますには、浅めの鍋に移し替えるといいですよ。
 

■食べると危険!傷んだカレーは食中毒を引き起こすことも

傷んだカレーを食べるとどうなるのか、危険性について解説します。

・傷んだカレーは食中毒を引き起こす!下痢や腹痛の症状も

出典:photoAC

カレーが傷んでいることに気がつかず食べてしまった場合、約6~18時間で腹痛や下痢やなどの症状が起こります。まれに嘔吐や発熱が起こることも。軽症で済むことがほとんどですが、食中毒が起きないようにカレーの保存には十分注意しましょう。

・熱に強いウェルシュ菌が原因!菌を増やさないためには

出典:photoAC

カレーで起きる食中毒の多くは、ウェルシュ菌といわれる菌が原因。ウェルシュ菌はカレーやシチューなどの酸素が少ない環境で増殖しやすく、硬い殻に覆われた芽胞という状態であれば、100度の熱で加熱しても死滅しないのが特徴です。
芽胞のままでは食中毒が起こることはありませんが、この芽胞が12~50度のあいだで発芽することにより、一気に菌が増殖します。この菌の至適温度である12~50度の時間を短くするために、急速冷却をすることが重要です。

■安全に楽しむために正しく保存を!

出典:photoAC

カレーは作り置きして、何日も食べるという人も多いと思いますが、正しく保存しておかなければ食中毒を起こしてしまうこともあります。ウェルシュ菌が好む12~50度という至適温度をなるべく作らないように、冷蔵庫や冷凍庫で保存するようにしましょう。特に夏場や梅雨の時期は菌が繁殖しやすい環境がそろっているので、注意が必要です。

aki

2人男子、1歳の女の子のママです。初めての女の子育児楽しんでいます。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!