Baby&Kids

感情表現の少ない子にはリーダーシップがある。責任を与えよう

vol.1426【1日1成長お母さん】人と関わるのが苦手に見えても意外な才能を発掘することがある

育て方は関係ない。生まれつき“笑う”という感情表現が少ない子はいる

子どもと聞くと表情豊かで笑顔が多いイメージを持つ方もいるでしょう。しかし中には生まれたときから“笑う”という感情表現の少ない子がいることはご存じですか?
感情表現の多いか少ないかの差は、決して育て方によるものではありません。笑うことが少ない子も“嬉しい”“楽しい”といった感情はもちろん持っています。
またお友だちとの関わりも十分にでき、人をまとめるという大きな才能をも持っているものなのです。

感情の変化が表情に出にくい子、友だちとうまく関われるのか不安になる

5歳のHくんは“うれしい”や“楽しい”といった感情を表情に出すことが少ない子です。笑うときも笑顔になるというよりは「フッ」とかすかに表情を変えるくらいのため、お友だちと遊んでいて一人だけ楽しそうに見えないことも。
しかしHくん自身は周りには伝わりにくいもののとても楽しんでいたのです。
そんなHくんの姿にお友だちとうまく関わることができるのかなとお母さんはとても心配していました。

楽しい感情を表現しない子は責任感がある。役目を与えると能力を発揮する

子どもの性格には持って生まれた気質と呼ばれる性格タイプがあります。Hくんのように笑顔の感情表現が少ないことは気質によるものです。
不安を感じやすく不安感をストレートに表現する半面、楽しいときには表情に大きく出すことは少ないことが特徴的。
お友だちとのコミュニケーションが苦手に見えるでしょう。ただ何かに打ちこむことで不安を解消しようとするため、友だちとの関わりの中ではリーダーやお世話係など責任を与えると人をまとめるセンスを発揮します。

責任を与えられる喜びから今までに見えていなかった才能も発掘できる

笑顔が多い、元気といった、子どもらしい特徴とわが子の姿が離れていると不安に思うお母さんもいるでしょう。
でも子ども一人ひとりで才能も伸ばし方も異なります。責任を与えられることが喜びとなり、頑張る活力となる子もいるのです。
お友だち同士だけではなく、お家で過ごすときにも子どもに任せてみるのもいいでしょう。
本来、知的能力の高さを持っているため、今までは見られなかった姿を見出せるでしょう。

今日の1日1成長

笑顔が少ない子には責任を与える。友だちと関わりリーダーシップを発揮する
子どもの表現力も1成長、お母さんの見守る力も1成長。
みきいくみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!