出典:photoAC

Beauty

髪質や髪形で選ぼう☆ヘアブラシのおすすめは?優秀ブラシで美しい髪へ

皆さんは普段、どんなヘアブラシを使っていますか?髪の量やどんなヘアスタイルにしたいのかによって、おすすめのヘアブラシは変わってきます。また、ヘアブラシは頭皮ケアやヘアケアのときの大事なツールとしても大活躍!さらに髪のツヤに大きく関わる重要な役割も担っているので、しっかり自分に合ったものを選びましょう。今の髪型や髪の状態に合ったブラシを使い、きれいな髪を守る。そのための豆知識をご紹介します。

ブラシなら何でもいいというわけではないんです!ヘアブラシには種類があります。自分の髪に合うものを使ってもっとツヤツヤ髪になりましょう。

■ブラシ部分の素材はさまざま

プラスチック(ナイロン)、木、動物の毛のヘアブラシの特徴などをご紹介します。

・【プラスチック(ナイロン)製ブラシ】気軽に洗えて買い替えもしやすい

出典:筆者撮影

ナイロンなどのプラスチック製のヘアブラシは、プチプラで買い替えがしやすいのがメリットです。丸ごと水洗いできるタイプが多いので、お手入れも簡単にできます。また、ブラシ部分がプラスチックでもマイナスイオン効果のあるタイプもあり、バリエーションはさまざま。
ブローに使うときは、ドライヤーの熱で変形してしまうこともあるので気をつけながら使いましょう。またプラスチック製は静電気が起きやすいものですが、最近は静電気防止加工が施されたものもありますよ。

・【木製ブラシ】天然素材特有の温もりで頭皮のマッサージにも

出典:photoAC

木製ブラシには日本で親しまれている柘植(つげ)をはじめ、メープル、オーク、バンブー(竹)などの素材があります。
頭皮に当たる感じや手で持つときの感触に、やさしさがある木製のヘアブラシ。天然素材なので、使いこむことで肌になじんでいくのが特徴で、頭皮のマッサージにも使いやすいですね。また静電気の心配がない、というメリットもあります。
木製のヘアブラシは比較的高価ですが、使うたびにブラシに絡まっている髪やほこり、フケなどを取り除くと長く使うことができますよ。

・【獣毛ブラシ】ツヤツヤ髪♡動物の毛に含まれる油分がポイント!

出典:photoAC

猪や豚の毛を使ったヘアブラシは、木製ブラシと同じく静電気が起こりにくいです。天然の油分が髪をツヤツヤに、そしてしっとりさせてくれる効果があり「一度使ったら手放せない」という方もいるほど☆
豚毛は柔らかいので、やさしい感触。頭皮の刺激に敏感、髪が柔らかく細いという方におすすめです。一方猪毛は硬めの感触で、油分が多め。頭皮マッサージ効果をがっつり感じたい方、毛量が多くパサつきのある髪に適しています。
獣毛ブラシもお値段は高め。密集した毛にはホコリがたまりやすく雑菌が繁殖しやすいので、こまめにお手入れをしましょう。水洗いはできるだけ避け、つまようじなどの細い棒で汚れを取り除きます。それでも汚れが気になるときは、毛の部分だけをぬるま湯でやさしく洗い、風通しの良い日陰で自然乾燥をしましょう。

■自分に合ったヘアブラシを使いたい!選び方は?

ヘアブラシは髪質や髪型に合わせて選ぶのが基本!

・使いやすさを重視して形で選ぶ!

【スケルトンブラシ】

出典:筆者撮影

プラスチック製のものが多いスケルトンブラシは、ブラシの毛の間隔が広いのが特徴です。髪が絡みにくいので、ニュアンスパーマをちょっとだけブラッシングしたいときに手ぐし感覚で使える、というメリットがあります。
また洗髪後、ドライヤーをかける前のブラッシングにも使えます。濡れた髪はキューティクルが開ききっているため、目の詰まったヘアブラシを使うと髪が痛む原因になってしまうので「濡れた髪はスケルトンブラシでやさしく整えて、速やかにドライヤーをかける!」と覚えておきましょう。

【コームタイプ】

出典:筆者撮影

コームタイプは厳密に言うと“ブラシ”ではないですが、1本1本の間隔が広いものはスケルトンブラシと同じように使えます。
目の詰まっているものだと、さらさらストレートに最適。ストレートヘアはお出かけ先でも乱れが気になりがちですが、平たくて携帯しやすいコームタイプを使うと、いつでもすぐにお直しできるんです☆

【デンマンブラシ】

出典:photoAC

ブラシ(ピン)の植えてある部分が、上から見ると半円状になっているデンマンブラシ。適度な重みがありストレートヘアのブローがしやすく、根元のボリュームも出しやすいように設計されているとのこと。
サイズがいくつかあるので、自分の毛の量や長さに合ったものを探しましょう。

【ロールブラシ】

出典:photoAC

ロールブラシはブローに使えますが、特に毛先にカールをつけたいときに大活躍してくれます。おかっぱヘアの毛先を内に入れたいとき、前髪を内巻きにしたいときなどに☆
また、細いタイブのロールブラシに毛束をくるくる巻きつけてドライヤーを当てれば、即席カーリーヘアもできちゃいますよ。

【クッションブラシ】

出典:筆者撮影

ブラシ(ピン)の植えてある部分にクッション性を利かせた、クッションブラシ。ブラシ部分の範囲が広いものが多く、重みもあるのでブローに適しています。
また、クッションブラシは頭皮のマッサージにも効果的。髪をときながらのマッサージや、頭皮を軽くポンポンとたたいて刺激を与えるのにも最適です!頭皮や髪質の衰えを感じている方は、試してみてくださいね。
さらに、クッションブラシはシャンプー前のブラッシングアイテムとして、ほこり落としなどにも使えます。洗髪前のブラッシングは、シャンプー剤で失われてしまう髪の油分を頭皮から補っておくためにも必須ですよ!

・髪質が気になる人にはイオン入り

「髪の乾燥や色抜けなどで、髪のパサつきが気になる」という方には、イオンを利かせたブラシをおすすめします。ダメージヘアをさらにパサつかせる原因になる静電気を防止してくれますよ!
加齢によって、髪のツヤがなくなったと感じやすい50代、60代の方にも、イオン入りのヘアブラシが人気だそう。

・持ち運ぶならコンパクトブラシがお役立ち!

旅行などのお出かけには、コンパクトに持ち運べるブラシが重宝します。折りたたみタイプ、ミラーつきなど、種類はいろいろありますよ。
万が一紛失してもいいように、プチプラのものを選ぶのもおすすめです☆

・本格的な電池式ヘアブラシも要チェック!

出典:筆者撮影

最近は、電池式でいろんな効果に特化した電動ヘアブラシもあります。磁気で頭皮の働きを元気にしてくれるもの、マイナスイオンが出て髪がさらさらになるものや、携帯できるものまであるんですよ。
家電量販店などにあるので、いろいろ試してみるのもよさそうですね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]