出典:@nrm__927さん

Beauty

ヘアブラシの正しい洗い方知ってる?素材別の掃除方法&おすすめブラシ6選

毎朝のスタイリングには欠かせないヘアブラシ。シャンプー前に使うことで、指通りを良くし、ほこりも落とせるヘアブラシは、ヘアケアにも欠かせないアイテムです。しかし、しっかりとお手入れをしていないと、本来のヘアブラシの効果も薄れてしまう可能性も…。そこで今回は、ヘアブラシの洗い方をブラシの素材別にご紹介します。おすすめのヘアブラシも紹介しますよ。

ヘアブラシのお手入れ方法をチェックしておけば、あなたも美髪を手に入れれるはず!しっかりチェックしておきましょう。

■ヘアブラシの汚れをほっとくとどうなるの?

髪の毛をきれいにするために使っているヘアブラシですが、汚れたままの状態で使い続けていると、きれいにするどころか逆に汚くしてしまっている可能性もあるのだとか。
ほこりがついたままのヘアブラシで髪をといても、そのほこりが髪の毛について汚してしまっていたり、汚れで髪の毛を傷めてしまったりと悪循環になってしまいます。
美髪を目指すなら、ほこりや頭皮の皮脂による白い汚れなどをしっかりと取りのぞく、ヘアブラシのお手入れは欠かせないのです。

■素材別のヘアブラシの洗い方まとめ!

ヘアブラシとひとことで言っても、使われている素材はさまざま。今回はナイロンorプラスチック、木製、動物の毛の3パターンの洗い方を伝授します。ご自分のヘアブラシの素材をチェックして、美髪を目指すヘアブラシに整えましょう。

・【ナイロン、プラスチック】浸け置き洗いで清潔に

出典:photoAC

ナイロンやプラスチックの場合、水に長時間浸けることが可能なので、浸け置き洗いをしていきます。

<洗い方>
・ヘアブラシについている、髪の毛やごみを手で取れるだけしっかりととる。
・洗面器など、ヘアブラシを浸けられる容器に水とシャンプー4~5プッシュを入れ、軽くかき混ぜる。
・ヘアブラシを水の中に入れて、泡立てるように振り、泡立ったらヘアブラシを一晩浸ける。
・汚れがふやけているので、よく振って落とし、それでも落ちない場合は手で取り除く。
・シャンプーのぬめりが残らないように、ぬるま湯で洗い流す。
・しっかりと水分をふきとり、毛先を下にしてタオルの上で自然乾燥させて完了。

もっと楽に洗いたいという人は、シャンプーの際に泡のついた髪の毛をヘアブラシでとかすだけで、ある程度の汚れを落とすことができます。
また、シャンプーのところを重曹にしても汚れが取れますよ。その場合は大さじ3杯くらいの重曹を入れ、洗い方はシャンプーと同様です。
豪快なヘアブラシの掃除方法に工作用の木工ボンドを使うなんて技もあるんです。まんべんなく根元部分にボンドを塗り、完全に乾いたらはがすだけ。ボンドとともに汚れがごそっと取れて気持ちいい!という声もあるのだそうです。気になる人は試してみてくださいね。

・【木製】歯ブラシが大活躍!

出典:photoAC

木製のヘアブラシもシャンプーを使って洗うのですが、種類によっては水に強くなかったり、カビが生える原因になってしまったりするので、事前にチェックしておきましょう。木製のヘアブラシの場合、頻繁に洗うのは避けたほうがよさそうです。

<洗い方>
・やわらかい毛先の歯ブラシを用意。
・歯ブラシを根元から毛先までスライドさせて、ヘアブラシについた髪の毛やほこりを取りのぞく。
・ヘアブラシに泡立てたシャンプーをつけ、歯ブラシを使って掃除する。
・流し残しがないようにしっかりとシャンプーを洗い流す。
・タオルで丁寧に水をふきとり、自然乾燥をして完了。

・【動物の毛】つまようじでじっくりと取り除く

出典:@nonnoroomさん

繊細な毛だからこそさまざまな効果が得られる動物の毛=獣毛のヘアブラシは、水洗いは避けたほうが◎。よっぽどひどい汚れの場合は水洗いもいいのですが、その場合は毛が傷んでしまうので、シャンプーや洗剤は使わないようにしましょう。
<洗い方>
・つまようじを用意。
・ヘアブラシの隙間につまった髪の毛やほこりをつまようじでかき出していく。
・根元の汚れが気になる場合は、ウェットティッシュなどを使い掃除をする。
・汚れが気になる場合は、ぬるま湯に毛先を浸けてやさしく左右に振り汚れを落とす。
・タオルでしっかりと水気ふきとり、毛先を下にして自然乾燥すれば完了。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]