出典:@peechan_0601 さん

Lifestyle

9月が旬の食べ物は?食べるのが待ち遠しい!おすすめレシピをご紹介

9月が旬の食べ物、ご存知ですか?1年を通して出荷される食材もありますが、本来は魚や果物など食材には旬の時期があります。旬の花を楽しむように、料理を通して自然のめぐみや、日本の四季を味わいたいですね。今回はもっとも味が良く、栄養たっぷりな旬の食材を使ったレシピを紹介していきます。

9月といえば食欲の秋!旬の食べ物はシンプルな味つけだけで十分おいしくなります。今回は9月が旬の食材を使ったレシピを紹介していきます。

■ほどよい甘みが際立つ!栄養満点のかぼちゃが主役のレシピ

「冬至に食べるとカゼをひかない」と言われるほど栄養たっぷりのかぼちゃは、実は9月に旬を迎えます。
栄養も摂れておいしいかぼちゃのレシピを紹介していきますね。

・ほっこりとろとろ甘い!濃厚なかぼちゃポタージュ

出典:photo AC ※画像はイメージです

【材料(2人分)】
かぼちゃ…1/4個
玉ねぎ…1/2個

<調味料>
●水…350ml
●コンソメ…1個
●砂糖…小さじ1
●醤油…小さじ1/2
バター…20g
牛乳…300~350ml

【作り方】
1.皮をむいたかぼちゃを適当な大きさに切る。
2.鍋にバター、スライスした玉ねぎを入れて、中火でしんなりするまで炒める。
3.●の調味料とかぼちゃを入れ、かぼちゃが柔らかくなるまで10~15分煮る。
4.火を止めマッシャーで滑らかになるまで混ぜる。牛乳を加え、再度加熱したらできあがり!

・サクサク!衣までおいしいかぼちゃの天ぷら

出典:photo AC ※画像はイメージです

【材料(2人分)】
かぼちゃ…1/6個

<調味料>
●卵…1個
●冷水…200ml
●薄力粉…140g
揚げ用の油…適量

【作り方】
1.かぼちゃは皮をむき、適当なサイズに切る。
2.●の調味料を混ぜ合わせて天ぷら粉を作り、かぼちゃに天ぷら粉をまぶす。
3.油で両面をカリッとなるまで揚げ、器に盛りつけたら完成!花で彩りを添えても◎

・シチューの素がなくても作れる!クリーミーなかぼちゃシチュー

出典:photo AC ※画像はイメージです

【材料(2人分)】
鶏肉…1/2枚
かぼちゃ…1/2個
玉ねぎ…1/2個
お好みの野菜…適量
<調味料>
小麦粉…大さじ1強~
牛乳…150cc
水…100cc
コンソメ…1個
塩・コショウ…少々

【作り方】
1.  鶏肉、野菜をすべて一口サイズに切り、油をひいた鍋に入れ塩コショウする。玉ねぎが透明になるまで炒めたら火を消す。
2.  火を止めた鍋に小麦粉を振り入れ、野菜と混ぜ合わせる。水と牛乳を入れてかき混ぜ、コンソメを入れてから再び火にかける。
3.  とろみがついてきたら弱火にして煮込む。しばらく煮込んだら塩コショウで味を調えてできあがり! 

・肉そぼろの塩気が合う!かぼちゃと豚ひき肉のそぼろ煮

出典:photo AC ※画像はイメージです

【材料(2人分)】
かぼちゃ…1/2本(約500g)
豚ひき肉…150g 

<調味料>
●ショウガすりおろし…1片
●水…300cc
●酒…大さじ3
●醤油、砂糖…各大さじ2
●だしの素(かつお風味)…小さじ1
片栗粉…適量
塩…ひとつまみ

【作り方】
1.  かぼちゃは荷崩れ防止のために少し大きめに切る。
2.  ひき肉とショウガを炒める。
3.  2に火が通ったら●を混ぜた煮汁を入れ沸騰させ、かぼちゃの皮を下にして加える。
落し蓋をして中火で8~10分煮る。塩で味をととのえ、水溶き片栗粉を回し入れて完成。

紹介したレシピは、同じく9月に旬を迎えるさつまいもにも応用できるので、ぜひ試してみてくださいね!

■主食にも和菓子にもなる!ほくほく甘い栗のレシピ

食物繊維、ビタミンC、葉酸など栄養価の高い栗。多くのエネルギーが摂れるだけでなく、素材の甘みがギュッとつまった栗のレシピを紹介していきます。

・秋らしさ満点!炊飯器で作れる簡単な栗ご飯

出典:photo AC ※画像はイメージです

【材料(2人分)】
米…1合
栗…100g
<調味料>
●お酒…大さじ1
●みりん…大さじ1
●塩…小さじ1/2
だし昆布(なければ粉末だし小さじ1)…10㎝くらい
いりゴマ…お好みで

【作り方】
1.炊飯器にお米と●の調味料を入れ、一合の目盛りまで水を入れて混ぜる。
2.皮をむき半分に切った栗と、だし昆布を炊飯器に入れ、炊飯器のスタートボタンを押す。
3.炊き上がったら、だし昆布を取り出して混ぜあわせる。

・手作りで叶う甘さ控えめ栗きんとん

出典:photo AC ※画像はイメージです

【材料(作りやすい分量)】
栗甘露煮…15粒くらい
さつまいも…約350g

<調味料>
●みりん…80cc
●甘露煮シロップ…100cc
●さつまいもの茹で汁…大さじ1
砂糖…お好みで
塩…ひとつまみ

【作り方】
1.  さつまいもは皮をむいて、1㎝厚さにカットして水にさらす。
2.  さつまいもを柔らかくなるまで中火で茹でる。ゆで汁を少量取っておく。
3.  さつまいもをザルにあげ、●の調味料ともにフードプロセッサーで混ぜる。甘さは砂糖で調整する。
4.混ぜたさつまいもを鍋に戻し、弱火でもったりした状態になるまで木ベラで練る。栗と塩を入れ、さらに練りあげる。
5.ゆるい程度で火を止め、ガーゼで成形すれば完成!固くなった場合はゆで汁で調整しましょう。

・栗の風味をそのまま味わえる茹で栗

出典:photo AC ※画像はイメージです

【材料】
栗…500g
粗塩…大さじ10弱

【作り方】
1.栗がかぶるくらいの水で強めの中火にかけ、沸騰したら蓋をして20分煮る。
2.粗塩を入れ混ぜたら、さらにそのまま5分、中火で水分を飛ばすように煮る。
3.栗が柔らかくなったのを確認したら、ザルにあげる。栗を半分に切って盛りつければ完成!

■脂がのって最高においしい!名前にも秋が入る秋鮭

秋の味覚として食されてきたことから「秋味(あきあじ)」と呼ばれる秋鮭。家庭料理の定番でもある鮭のレシピを紹介していきます。

・食材の旨味をすべて凝縮!ボリューミーな秋鮭のホイル焼き

出典:@peechan_0601 さん

こちらの@peechan_0601さんの鮭のホイル焼きは野菜で彩りを添えて、盛りつけられていますね!お好きな材料でアレンジできるのがホイル焼きの魅力ですね。
鮭のホイル焼きの基本レシピをご紹介します。

【材料(2人分)】
生鮭の切り身…2切れ
お好きな野菜やキノコ類…適量
バター…10~20g

<調味料>
油…少々
アルミホイル…1切れに対し30㎝ほど
塩…適量

【作り方】
1.  鮭の切り身1切れに対して塩ひとつまみずつ薄く全体にふりかけて、5~10分ほどおいておく。キノコ類と野菜は食べやすい大きさに切る。
2.  アルミホイルの中央にサラダ油を広げ、皮を下にして鮭を置く。鮭の上にキノコ類と野菜を盛り、最後にバターを上に乗せる。
3.   アルミホイルで食材すべてを包み込んで、フライパンに移す。蓋をして、中火で4分、弱火で8分ほど加熱すれば完成!
 

・定番だからこそひと手間加えて!皮まで食べられる焼き魚レシピ

出典:photo AC ※画像はイメージです

【材料(2人分)】
塩鮭(切り身)…2切れ

<調味料>
日本酒(下味用)…大さじ1
塩(塩味用)…少々

【作り方】
1.鮭を水道水でさっと洗いし、水気を拭き取ったあと日本酒と塩を振り、15分置いておく。焼く前にもう一度、水道水で洗い流す。
2.鮭をこんがり焼き目がつくまで両面焼いたらできあがり!

・炊飯器で炊くだけ!簡単でおいしい炊き込みご飯

出典:筆者撮影

【材料(2人分)】
生鮭…1切れ
えのき…1/2束
米…1.5合

<調味料>
●酒…大さじ1弱
●醤油…大さじ1
水(だし汁でも◎)…適量
塩…小さじ1/8

【作り方】
1.お米はといでザルにあげ、えのきは2等分し、鮭は塩を少々ふっておく。
2.炊飯器のなかに、お米と●の調味料を入れ、お米の分量に合わせて水を入れる。その上に、鮭、えのきを乗せて炊飯をして、炊き上がったらできあがり!

秋鮭の代わりに秋刀魚に使ってもおいしいですよ!

■9月は旬の食材で食卓に彩りを添えて

秋を感じる食べ物を旅行で楽しむのも良いですが、旬の料理をお家で作って一足早い秋を満喫するのもステキですね。
旬の食べ物を食べて、夏の暑さで疲れたカラダを労わりましょう。

kawako

東京出身・広島在住。
6歳の男の子と1歳の女の子と、毎日格闘中。
広島は、子どもを育てるには最高の場所!
カープを応援しながら、家族で広島生活を楽しんでいます。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!