Baby&Kids

何度も同じ失敗を繰り返す時は、注意するタイミングを変えよう

vol.1497【1日1成長お母さん】4歳は先のことを考える力が育つ時。失敗する前に声をかけよう

失敗してから叱るのではなく、失敗しないための言葉がけをしよう

子どもに失敗はつきものです。しかしながら何度も同じ失敗を繰り返されると、その度叱ったり片付けたりするのはお母さんも大変ですね。
そんな時は、子どもが失敗する前に「どうするんだっけ?」と問いかけて、子どもに気を付けるポイントを思い出させてあげましょう。格段に失敗の回数が減ります。
子どもも叱られる回数が減り自信が付きますし、お母さんもガミガミ言わなくて良いので、ストレスが軽減されるでしょう。

次の行動を思い出させるために「どうするんだっけ」と質問してみよう

4歳になると先のことを考える“予測脳”が発達します。
子どもが同じ間違いを繰り返すのは、以前注意されたことを忘れてしまっているためです。それを克服するためには失敗してから叱るというサイクルから抜け出しましょう。
一度子どもに対してきっちりやることを説明したら、次からは事前に「どうするんだっけ?」と質問して次に取るべき行動を思い出させてあげると良いです。
子どもの口から「こうするんだよ」と言う言葉を引き出すことがポイントです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE