出典:photoAC

Beauty

腸活ダイエットで健康的に痩せよっ♡今日から始められる新しい習慣とは?

最近よく耳にする腸活。いったいどんなことをすればいいの?と思う方もいるのでは。腸活をすることによって、サプリなどは使わず毎日の食生活や習慣で簡単に腸内環境を正常にすることができます。また腸内環境が整うとダイエットにも繋がるうれしい効果が。ダイエット効果や便秘解消、美肌効果などうれしい効果がいっぱいの腸活に注目ですよ!

今回は食生活や習慣で腸活を取り入れたダイエット方法やレシピをご紹介していきます。

■腸活ダイエットってなに?どんな効果がある?

腸内環境を整えるといいことがいっぱい!

・腸内環境を整えて健康的なダイエットに◎

出典:photoAC

腸は肝臓と密接な関係にあります。糖や脂肪をエネルギーに変換する肝臓は、腸の機能が低下してしまうと、肝臓にも負担がかかって上手くエネルギーに変換できず痩せにくい体になってしまいます。そのため腸内環境を整えることは痩せやすい体を作る基本なのです。また便秘を解消することもダイエットに繋がる大切なことのひとつ。腸内に悪玉菌が増えてしまうと、血行不良やむくみの原因になってしまうので、善玉菌を増やすような習慣を心がけましょう。

・ダイエットを断念した人にもおすすめ!無理なく続けられる

出典:photoAC

ハードな筋トレや、厳しい食事制限などは継続することが難しいですよね。腸活ダイエットなら毎日の生活の中で手軽に挑戦できる方法ばかりなので、簡単に習慣づけることができますよ。

・美肌効果や睡眠改善にも効果あり

出典:photoAC

腸活はダイエットだけでなく、体の調子を整えてくれるうれしい効果がたくさんあります。ひとつめは美肌効果です。腸内環境を整えると便秘が解消され、腐敗物質が腸に留まらずに皮膚の状態が改善されます。ふたつめは睡眠改善です。睡眠ホルモンの成分を作るトリプトファンは、腸活には欠かせない発酵食品に多く含まれています。キムチや味噌などにはリラックス効果があるGAVAという成分も多いため、質の良い睡眠を目指すために積極的に取り入れていきたい食材ですね。

■簡単な習慣でできる!腸活ダイエット

腸を動かす方法や、おすすめの食事内容をご紹介します。

・起床時に1杯の水を飲んで腸を動かしましょう

出典:photoAC

便秘の原因のひとつである水分不足。水分が不足すると、体は腸の中にある便からも水分を吸収しようとするので、さらに固い便になって便秘になってしまいます。また睡眠中は思った以上に汗をかいています。水分補給や腸を動かすためにも、起床時にコップ1杯の水を飲む習慣をつけましょう。そうすることで胃に入った水の重さで大腸が動き出し、ぜんどう運動が活発になります。ポイントは一気に水を飲むこと。しっかりと胃に水が届きます。

・食物繊維の豊富な食べ物を積極的に摂る

出典:photoAC

食物繊維が多く含まれている食材には便を柔らかくしたり、量を増やしたりする効果があるため、ゴボウや豆類、海藻などを積極的に摂るようにしましょう。善玉菌を含むヨーグルトや納豆、チーズなどの発酵食品といっしょに摂るとより効果的に腸内環境を整えてくれます。
また米粉やそば粉などのグルテンフリーの食材もおすすめです。消化がしづらく胃腸の働きを抑えてしまうグルテンを控えめにすることで、便秘や下痢の解消の効果があり、腸活に有効的です。

■腸のマッサージも効果大♡体の内側に働きかけましょう

食べ物だけではなかなか腸が動かない…という方にはマッサージもおすすめ!

・腸に直接アプローチ!手でマッサージをする方法

出典:筆者撮影

腸が凝り固まっていると便秘の原因に。柔らかい腸にするために手を使ってマッサージをしてみましょう!やり方はとても簡単。利き手を下にして、両手の人差し指と薬指を重ね合わせます。手で三角形を作るように親指同士を合わせるのが基本の手の形です。指を立てないようにおへその周りをやさしく揉むのがポイントですよ。

・機械を使った方法やエステで腸に刺激を与える

出典:photoAC

手でマッサージをする方法以外にも、機械を使ったマッサージも効果的です。機械の振動で腸を刺激することで、自然なお通じを促してくれます。家に居ながらマッサージができる機械も販売され、口コミも好評のようです。また腸活専門のエステもあるので、プロの方に腸を整えてもらうのもいいかもしれませんね。

■腸活ダイエット中に食べたいおすすめレシピ集

バランスの取れた食生活は腸にもうれしい効果が。毎日の食卓にぜひ取り入れてみてください。

・発酵食品との組み合わせも腸活に最適!もち麦ごはんレシピ

出典:photoAC

食物繊維を多く含むもち麦。水に溶けやすい水溶性の食物繊維で善玉菌のエサとなり、糖質の吸収を抑えてくれる働きがあります。粘りが少なくプチプチとした食感が特徴で、いつもの白米に混ぜて炊くだけで簡単に摂取することができます。
<材料>
豚バラ薄切り肉 80g
白菜キムチ 100g
ごま油 小さじ1
もち麦ごはん 400g
青ねぎ 適量
<作り方>
1.    豚肉をひと口大に切り、キムチはざく切り、青ねぎは小口切りにする
2.フライパンにごま油を熱したら豚肉、キムチの順で炒める
3.器にもち麦ごはんを盛り、2をのせて青ねぎを散らしたら完成

もち麦分の水の量は、もち麦の2倍で計算します。炊飯モードは白米と同じで炊飯することができるので、毎日のごはんに簡単に取り入れることができそうですね!

・腸にいい食材がいっぱい♡モリモリ食べられるさつまいもサラダ

出典:筆者撮影

食物繊維が豊富なさつまいもや、腸内環境を整えてくれる玉ねぎ、ヨーグルトを使った簡単サラダです。さつまいもの甘みとヨーグルトの酸味が良く合うサラダですよ♡
<材料>
さつまいも(中) 1本(250g)
ツナ缶 1/2缶
玉ねぎ 1/2個
ヨーグルト 大さじ4
黒こしょう 少々
【A】    酢 大さじ1
【A】塩 小さじ1/2
<作り方>
1.さつまいもは皮ごと良く洗い、ペーパータオルに包んで水をかけてラップを巻く
2.1.を600Wの電子レンジで6~7分温めて、粗熱を取る
3.玉ねぎを繊維と同じ方向に2~3mmの幅で切り、洗って水けをきる
4.ボールに玉ねぎと【A】を入れ、混ぜ合わせる
5.ツナを油ごと4.と合わせる
6.さつまいもを1cm幅に切り、5.と混ぜ合わせる
7.6にヨーグルトを加えて混ぜて皿に盛り、仕上げに黒こしょうを振って完成

・お腹が喜ぶ♡キウイフルーツ入りヨーグルト

出典:筆者撮影

1年を通して買うことができるキウイフルーツは、手軽に食物繊維を取り入れることができる果物です。オリゴ糖を含むはちみつといっしょにヨーグルトにプラスするだけで腸内環境を整えてくれるデザートになりますよ♡
<材料>
キウイフルーツ 1個
プレーンヨーグルト 100g
はちみつ 大さじ2
レモン汁(あれば) 少々
グラノーラまたはシリアル お好みで
<作り方>
1.キウイフルーツは皮を剥いて食べやすい大きさに切る
2.器にシリアル、ヨーグルト、キウイフルーツを乗せてはちみつをかけると完成

さまざまな組み合わせを楽しめるヨーグルト。フルーツやシリアルとの相性も抜群ですよね。腸にいい組み合わせを1度に摂取できるデザートです。スムージーにしてもおいしく飲むことができますよ。はちみつはボツリヌス菌が含まれていますので、1歳未満の子どもには与えないよう注意してくださいね。

■手軽に始められる腸活ダイエット♡実践する価値あり

いろいろな腸活ダイエットの方法を紹介しましたが、続けられそうな方法はありましたか?習慣化をすることは難しいですが、まずは手軽に始められることからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

peechan

山梨県在住。周りには富士山や八ヶ岳!自然大好き。オシャレやコスメの情報も大好きです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!