出典:@ umi.h.handmadeさん

Lifestyle

【簡単】ブランケットステッチのやり方!基本の縫い方から応用まで教えます

ママになり子どもが幼稚園や保育園に通いだすと手作りでかばんを作ったり、アップリケをつけたり、今まで裁縫に縁のなかった人でも、裁縫をする場面が多くなりますよね。縫い方には基本の並縫いや、すその始末に使うまつり縫いなどいろいろな方法がありますが、今回はかがり縫いに似た縫い方の「ブランケットステッチ」の基礎から応用まで紹介します。

まずはブランケットステッチとはどんなものか説明します。

■ブランケットステッチってなに?

ブランケットステッチという言葉を聞いたことはありますか?

・ブランケットステッチとは?

ブランケットステッチとはその名の通り、ブランケットや毛布の縁の始末に使われる縫い方のことです。見た目は難しそうですが、慣れてくると簡単にできるかわいいステッチのひとつなんですよ。

・どんなときに使うの?

ブランケットステッチは縁のほつれ止めやアップリケの縫いつけ、フェルトを縫い合わせマスコットなどを作るときに使われます。手縫いならではの温もりある縫い目は手作りとの相性がバッチリです!

■ブランケットステッチの基本の縫い方

出典:photoAC

まずは準備するものをご紹介します。

・準備するもの

<布>
ベースとなる布を用意しましょう。基本的にどんな布でも大丈夫ですよ。

<刺繍糸>
フェルトを綴じ合わせて綿を入れてマスコットを作るときや、針目が目立たないように仕上げたい場合には生地と同じ系統の色の刺繍糸を使いましょう。ステッチを目立たせたい場合には刺繍糸の本数(太さ)を決めて、ウール素材には毛糸でステッチしてみるなどいろいろ挑戦してみるのもおもしろいですよ☆

<刺繍針>
糸に合った号数の刺繍針を使いましょう。

・基本の縫い方

@lilylamb1776さんのブランケットステッチの動画を参考に基本の縫い方をマスターしてみましょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lily lamb(リリーラム)(@lilylamb1776)がシェアした投稿 -


1.刺繍糸を通し、玉結びした針を目立たない裏側から刺し布の端に出します。
2.1の糸の位置の斜め下に針をさして、1の糸を針にかけて針を引きます。
3.同様に斜め下に針をさしたら、前の糸を針にかけて針を引きましょう。これを繰り返します。
4.裏の目立たない場所に玉止めをして完成です。

糸の引き具合や縫い目の間隔を一定にするように縫うのがポイント!そうすることできれいに仕上がります。アレンジで三角形やクロス型に仕上げることもできますよ。

・角はどうするの?

角に合わせた斜めの位置から針を出し、1つの穴に3回さして扇状に広げます。引っ張りすぎないように注意して縫いつけましょう。

・終わり方は?

1.  縫いはじめまで1周回って戻ってきたら、1針目の糸をすくって抜きましょう。
2.  最後の1針は縫いはじめの1針目と2針目の間から抜きます。
3.  1針目と2針目の中心で玉止めをします。
4.  布と布の間に挟むことで玉止めが隠れます。玉止めをした後に糸は切らず、玉止めを作った真下に針を通して強く引っ張ります。
5.  玉止めを布の間に挟んで見えなくなったらぎりぎりのところで糸を切って終わりです。

終わり方がわからないという人が多いようなので、しっかりマスターしましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]