Baby&Kids

子どもが園で叱られた日こそスキンシップをいつもより多く取ろう

vol.1531【1日1成長お母さん】園でのトラブルは家に持ち込まない。叱らず望ましい行動を伝えよう

園に行きはじめると増える友達とのトラブル。家で再度叱らなくていい

子どもが園に通い始めると押したり叩いたりといった友達とのトラブルが起こることがあります。小さいうちは一緒に遊びたい気持ちをうまく言葉で伝えることができず、つい体を使って伝えようとすることもあります。先生には「家でも言い聞かせてください」なんて言われることも。しかし園で叱られて家に帰ってきた子にもう一度園であったことを叱る必要はありません。スキンシップを多くとること、望ましい行動を伝えることだけを心がけましょう。

次に活かすために子どもを責めるよりも、自分の気持ちの表現の仕方を伝える

幼稚園に通う3歳のSくん。友だちと一緒に遊びたかったはずなのに叩いてしまい、先生に叱られて帰ってきました。
お母さんはSくんが友だちを叩いてしまうことを繰り返さないようにと思い「なんで叩いたの。ダメよ」と伝えます。しかし何度も叱られることで「自分はダメな子なのかな」「自分は誰にも愛されていないのかも」と子どもが感じてしまうこともあります。
してしまったことを責めるよりも「一緒に遊びたいときは遊ぼうと言おうね」と伝えましょう。

叱られた日こそ、子どもに「大好き」と言いスキンシップを増やしましょう

園で叱られて帰ってきた日はギュッと抱きしめ「大好き」と伝えてスキンシップを取りましょう。
3歳はまだ自分の思いをうまく伝えられないこともあります。手が出てしまうこともあるでしょう。それは決して相手を傷つけようと思っての行動ではありません。
大人だって同じことを何度も叱られるのは嫌なもの。子どもが叱られた日は、お母さんは愛していることをまず伝えましょう。
その上でどう行動すればいいかを伝えるのです。

叱られる機会が多いと自信を失うことにも繋がる。愛情を意識して伝えよう

自分の気持ちをうまく伝えらず手がでてしまう子は友だちとのトラブルになることは1回や2回ではないでしょう。大人に叱られる経験がほかの子よりも多いため自信を失ってしまうこともあります。
家でお母さんがスキンシップを交えて愛情を伝えるには、一緒にお風呂に入るのもいいでしょう。お母さんの愛情を感じる機会を意識的につくることで、自分は愛されているという自信に繋がります。
友だちとも次の日も元気に遊ぶことができるでしょう。
 

今日の1日1成長

子どもは何度も叱らない。ギュッと抱しめ、望ましい行動を伝えよう
子どもの自律力も1成長、お母さんの対応力も1成長。
みきいくみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!