Baby&Kids

叱るときに大切なこと。子どもに何が伝わったかを確認しよう

vol.1556【1日1成長お母さん】怒鳴って子どもの行動が変わっても、子どもが理解したかは別物

子どもが問題ある行動をしたとき、自分の叱り方の癖を知ることから始めよう

成長とともに、子どもは意思を持って行動しはじめます。子どもの行動には、かわいいと感じて胸キュンしてたまらないものもあれば、髪を振りみだしてまで必死に止めるものもあるでしょう。
子どもに「かわいい!大好き」と伝えるのは幸せな気持ちになりますが、つい感情的に怒ってしまったり“子どものため”と叱って後悔したり。子育て中のお母さんの感情は複雑です。
実は子どもを注意するときの癖があります。叱る方法よっては子どもに何度も同じ注意をする必要が生まれ、イライラを招いてしまうこともあるのです。

「何回言ったら分かるの!」の発生は、叱り方が影響している可能性あり

Sくんは元気いっぱいの男の子、叱られることも多くあります。お母さんは「話しても聞いてくれないから怒鳴ってしまう」と悩んでいますが、毎回注意をするときは大きな声になってしまいます。
大きな声を出すとSくんが言うことを聞くと思っているからです。しかし何度も何度も同じことで注意をしなければならず「何回言ったら分かるの!」と言ってしまう日も。
実は大きな声で叱られてお母さんが怒っていることに気づけても、肝心の叱られている“内容”を理解できていない場合があるのです。

大切なのは、何が伝わったか。子どもが理解したか質問し、確認してみよう

怒りに任せて注意すると子どもは“怒られた”という状況は理解できますが“なぜ叱られているのか”という理解まではできていないことがあります。だから何度も同じことで注意を受けるのです。
大きな声は危ないことや行動を止めたいときに有効です。しかし、注意すべき内容は落ち着いて伝える必要があります。
「なぜ叱られたと思う?」と子どもに聞いてみるのもいいでしょう。大切なのは“何が伝わったか”です。お母さんの鬼のような怖い顔だけが伝わるのは本望ではないですよね。

問題とする行動を疑問形で問い、自分で考えて行動できる力を育てよう

子どもの行動は予想外なので、行動を制止するときに言葉なんて選んではいられません。大きな声も立派なスキルの一つです。
しっかり理解してもらうのはその後が肝心。注意されたことに気付いてから「なぜ叱られたの?」や「どこが危ないと思う?」と質問し、確認することがおすすめです。
もっと欲張るならば「次からはどうする?」と聞くことで、自分で考え行動できる力も伸ばすことができます。
子どもに何が伝わっているかを確認し、伝えたいことを整理してみましょう。

今日の1日1成長

子どもの理解力UPの鍵は、叱った後に“何が伝わったか”を確認すること
子どもの理解力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
かわさきちか(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]