Baby&Kids

新米お母さんの不安は、赤ちゃんへの愛情がいっぱいな証拠

vol.1647【1日1成長お母さん】 赤ちゃんへの接し方が分からないと思った時は抱っこで見つめて

愛情がいっぱいだからこそ、初めての育児は“幸せ”もあり“不安”もある

すやすや眠る赤ちゃんの寝顔を見ると「きっとお腹の中でもこうやって眠っていたのかな?」と幸せな気持ちになりますね。同時に「さっきまでギャン泣きしていたのはなんだったの?」と急に感傷的になることも。
いろんな感情を繰り返す新米お母さん。初めての育児はとっても不安だけれど、不安に思うのはお母さんが精一杯の愛情を赤ちゃんに注ぎたいと思うからこそです。
大丈夫!お母さんと赤ちゃんの絆はしっかりとできています。

“愛情ホルモン”と“幸せホルモン”で優しくて幸せな気持ちになる

お母さんが出産する時や、出産後の授乳や抱っこの時に“愛情ホルモン”や“幸せホルモン”などと言われるオキシトシンが分泌されます。このオキシトシンによって子どもを愛おしく思う気持ちが芽生えます。
赤ちゃんは触覚がとても敏感で、触られたり見つめ合ったりすると心拍が安定してリラックスし、オキシトシンが分泌します。
つまり抱っこすることで、お母さんも赤ちゃんも優しい気持ちや幸せな気分になりやすいのです。

想像以上に大変な赤ちゃんとの生活。不安な時は赤ちゃんを抱っこしよう

新米お母さんのMさんは、無事元気な赤ちゃんを出産。自宅に帰りいよいよ赤ちゃんとの新生活の始まりです。
新米お母さんは授乳、おむつ交換、寝かしつけのエンドレス。夜泣きにも悩まされ、ぐっすり寝ていても心配なもの。ミルクの量やおむつ替えの回数でも不安は尽きません。
時に赤ちゃんがなぜ泣いているのか分からなくなることもあるでしょう。不安がどんどん大きくなり、泣いたら抱っこを繰り返すと抱き癖がついてしまうのではないかと心配にもなります。

赤ちゃんとの出会いは奇跡。抱っこで見つめて親子の絆を深めよう

いろいろ試したのに赤ちゃんがどうして泣いているのか分からない時には、抱き癖など気にせず抱っこをしましょう。赤ちゃんは抱っこされることで安心してリラックスします。
赤ちゃんとお母さんの出会いは3億分の1の尊い奇跡です。育児に不安になったら愛情たっぷりの抱っこで、赤ちゃんと見つめ合い触れ合ってリラックスする時間を持ちましょう。
少しずつ親子の絆を深めてくださいね。

今日の1日1成長

抱き癖を気にせず抱っこで見つめて、新米お母さんの不安を安心に変えよう
子どもの感じる力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
たむらまりこ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会理事長竹内エリカ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]