Baby&Kids

兄弟ゲンカは感情コントロールを学べる絶好のチャンスと捉えよう

vol.1672【1日1成長お母さん】毎日繰り返されるケンカにお母さんまで振り回されない方法

毎日の子どもたちのケンカ。どうするのが正解なのか悩むお母さん

夕方になると幼稚園からのお迎えや夕食の準備などお母さんにとって一番忙しい時間帯。そんな時にかぎって下の子がキッチンにやってきて泣きながら訴えてきます。
一方的に言うのはダメだと分かっていても「優しくしてあげて」「お兄ちゃんだから我慢して」とついと上の子に言ってしまった経験がある方もいるでしょう。
お兄ちゃんだからといって優しくしたり我慢したりするのも少し違いますよね。
こんな時どうすると子どものためになるのでしょうか。

子どものケンカはジャッジせず、感情を受け止めて心を落ち着かせよう

H美さんは3歳と5歳のやんちゃな男の子を育てています。幼稚園から帰ってきてまもなく毎日のように兄弟ゲンカが始まり、H美さんが夕食の準備をしていると泣きながら下の子がやってきます。
今までは「弟に優しくしてね」と上の子を一喝していましたが、状況はよくなりません。そこで方法を見直すことに。
「お兄ちゃんが叩いた〜」と言えば「お兄ちゃんが叩いたんだね」。「痛かった〜」には「痛かったね」とそのままの言葉を繰り返してみました。
すると、今までに比べてぐんと報告に来る数が減りました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]