Baby&Kids

目指せ子どもの応援団長!正しさよりも“理解する”がポイント

vol.1725【1日1成長お母さん】見たこと感じたことを伝えてくれたら繰り返すことが最大の共感

子どもは生まれたときから色々な方法で色々なことをお母さんに伝えている

子どもは見るもの聞くものいろんなものをお母さんに伝えます。生まれたばかりのときは泣くことで、まだ話せない赤ちゃんの頃は指差しで伝えます。話せるようになるとたくさんのことを言葉で教えてくれます。お母さんはその時何と答えていますか?“そうだね”“違うよ”色んな答えがあると思います。そのときに、最初に付け足すと子どもがよりいっそう“お母さんが分かってくれた”と感じる方法があります。それは子どもが言ったことをオウム返しすることです。

気持ちを伝えてきたら言い直しは✕。とにかくオウム返しに徹して

子どもが言ったことをオウム返しする方法を“リピート法”といいます。例えば子どもが「痛かった」と言ったら「痛かったね」、「うれしい」と言ったら「うれしいんだね」と返す方法です。子どもが口にした言葉を繰り返すだけで、子どもは自分の気持ちをそのまま受け取ってくれた、理解してくれたと感じます。子どもはお母さんが共感してくれたと思うと安心します。言葉の間違いやその場に適した形容詞など、言い直したくなるかもしれませんが、そのままオウム返しにするのがポイントです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]