出典:pixabay

Lifestyle

台風から窓を守る対策は?家にあるものや便利グッズ活用で被害を最小限に!

日本では毎年夏ごろになると台風が上陸することがありますよね。ときには大型と呼ばれる強力な風や雨を伴う台風がやってくることも。そんな台風によって、自宅の窓が割れることもあるので、できるだけ被害を最小限にするために、事前に何か対策をしておきたいものです。そこで、台風から窓を守るための対策をご紹介しましょう。

今回は、できるだけ窓ガラスの破片が飛び散らないようにするための飛散防止方法を徹底的に解説します。

■お家にあるもので窓ガラスの飛散対策をする方法はコレ!

まずは比較的身近な材料を使って、窓ガラスの飛散対策をする方法を見ていきましょう。家庭にあるもので意外としっかり対策ができるので、台風が来る前に早めに備えておくのがおすすめです。

・どの家庭にもありがちなダンボール&ガムテープを使う

出典:筆者撮影

ダンボールとガムテープで窓ガラスの飛散をできるだけ軽減するには、窓の内側にガムテープを使ってダンボールを張りつけるだけでOKです。ダンボールを窓枠にしっかりと固定して、隙間を作らないように張りつけましょう。
ガムテープは、強度のある布製がおすすめです。紙製のガムテープは剥がす際に跡が残りやすく、強度に劣るので、窓ガラスの飛散対策には不向きと言えます。

・プチプチだって立派な対策アイテム

出典:筆者撮影

食器などの壊れやすいものを梱包するために使われることが多いプチプチも、台風の際に役立つ優秀アイテムです。窓の内側にプチプチを貼ることで、万が一飛来物で窓が割れても、ガラスの飛散を軽減することができます。プチプチを窓に貼る際には、窓の冊子部分も隠れるよう、窓よりも一回り大きめにカットして張りつけるようにしましょう。
プチプチは、窓ガラスの飛散防止対策に重宝するだけでなく、断熱効果も期待できるので、室内を温かく保ってくれます。夏であれば、エアコンの冷気を外に逃がしにくくするため、お部屋を涼しくするのにも役立ちますよ。

・新聞紙&養生テープで飛散を軽減

出典:筆者撮影

お家にダンボールやプチプチがない!という場合には、新聞紙と養生テープで代用できます。養生テープがなければ布製のガムテープでもOK。ダンボールのときと同様に、窓ガラス全面がしっかり隠れるよう新聞紙を養生テープで貼りつけます。
ダンボールに比べて新聞紙は強度が劣るため、養生テープを米の字のように張ってしっかりと補強するのがポイントです。

■台風から窓ガラスを守るための便利な防止グッズをご紹介

自宅にあるものを活用して、台風から窓を守る方法もありますが、専用の便利グッズも、ホームセンターなどで多数販売されています。そこで、台風の前にそろえておくと便利なグッズをご紹介しましょう。

・泥棒対策用の防犯フィルムは台風にもおすすめ

出典:unsplash ※写真はイメージです。

防犯フィルムを窓に貼ると、大きな音がするほど窓をたたいて割らなければいけないので、泥棒が敬遠するのだとか。それほど窓を丈夫にしてくれる防犯フィルムは、台風の際に窓ガラスの飛散を軽減してくれる働きも期待できます。
防犯フィルムを張りつけるときには、窓ガラスの汚れをしっかりと拭き取り、空気が入り込まないようにしっかりと密着させましょう。仕上げにフィルムの上から、スクイジーなどを使ってしっかりと圧着するのが、キレイに張りつけるためのコツです。

・専用の飛散フィルムは見栄えを気にせず使える便利グッズ

窓ガラスの破片を飛び散りにくくするためのフィルムも、いろいろなお店で販売されています。防災フィルムや飛散防止フィルムなどと呼ばれるアイテムで、台風だけでなく地震対策にも活用可能。
貼り方は、商品よって異なる場合もありますが、防犯フィルム同様に窓ガラスの汚れをしっかりと拭き取り、空気が入らないようにピッタリと張りつけるのが基本です。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]