FacebookInstagramYouTube
兄弟げんかはそっと見守り、コミュニケーション能力を育てよう

Baby&Kids

兄弟げんかはそっと見守り、コミュニケーション能力を育てよう

けんかは見守り、助けを求めてきた際は「どうしたらいい?」と考えさせよう

兄弟げんかは自己主張のぶつかり合い。兄弟げんかをすることはコミュニケーション能力や問題解決力を高めるといった非認知能力を育てるチャンスでもあります。兄弟げんかが始まったら、子どもたちがどうやってけんかを鎮めていくのかを見守りましょう。助けを求めてきたときには話を聞き、「〇〇するにはどうしたらいいかな?」と考えさせて問題解決に導いてあげましょう。自分で考えることで、問題解決力が高まり、将来社会に出ても自分で解決していけるようになるでしょう。

 

今日の1日1成長

兄弟げんかは見守りが大切。「どうしたらいい?」で考えられる子どもに!
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの見守る力も1成長。
小倉圭子(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

あわせて読みたい

【1歳の朝ごはん】簡単離乳食やおすすめレシピ紹介!食べないときの対処法も

Baby&Kids

2024.05.01

【1歳の朝ごはん】簡単離乳食やおすすめレシピ紹介!食べないときの対処法も

竹内 エリカ

ライター
幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
POST
LINELINE