FacebookInstagramYouTube
目の前にいない誰かの気持ちを想像することが思いやりの第一歩

Baby&Kids

目の前にいない誰かの気持ちを想像することが思いやりの第一歩

思いやりの心が育ってきたら、自分だけの世界とは違った景色が見えてくる

子どもにとってのおもちゃやぬいぐるみは、大人にとっての財産や親友と同じくらいの価値があるのかも知れません。「引越しのために荷物を減らしたい」という大人の事情を押しつけるのは酷なもの。子どもが小さいうちは大人の判断で処分することも一つの方法ですが、思いやりの心が育つ5歳頃からは、色々な立場から見た景色を伝えて前向きな行動を促しましょう。他の誰かを笑顔にできた経験は、後に自己肯定感にも繋がっていくでしょう。

今日の1日1成長

遊んでないおもちゃが大活躍。あげる相手を想像すると思いやりの心が育つ
子どもの思いやる力も1成長、お母さんの転換力も1成長。
わたなべゆみ(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

あわせて読みたい

赤ちゃんに日焼け止めっていつから使える?選び方やおすすめアイテムを紹介

Baby&Kids

2024.07.11

赤ちゃんに日焼け止めっていつから使える?選び方やおすすめアイテムを紹介

竹内 エリカ

ライター
幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 【コストコの新商品】パンやデリカ、おすすめ定番商品やアレンジレシピも【2024最新】
  • 【カルディおすすめ】お菓子や簡単ごはんなど買うべき最新商品紹介
  • 【気になるママのお仕事事情】私はこうして育児と仕事を両立しています!
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう

Ranking
[ 人気記事 ]