Baby&Kids

しつけにはタイミングがある!チャンスを活かすとがんばる子に育つ

vol.1984【1日1成長お母さん】しつけの時期を見逃さず、目標に向かってがんばる子を育てよう

がんばりすぎなくても大丈夫!しつけをするのに適している時期を見極めよう

毎日時間に追われ家事に子育てに奮闘するお母さん。そんなお母さんの気持ちなんてお構いなしに自由に遊びはじめる子ども。早く準備してほしい、自分のことは自分でできるようになってほしいとしつけにも力が入りますよね。できれば「やりなさい!」と言わなくてもできる子になってもらいたいもの。実は、しつけをするのに最適な時期があり、心理学では4歳頃の子どもが適していると言われています。その時期に子どもの発達と合わせてしつけをすると、目標を持ってがんばる子に成長していきます。
 

「どうしてできないの?」きっちりタイプのお母さんVSマイペースな子ども

4歳と2歳の二人の子育てをがんばるYさんは、規則正しい生活を好むきっちりとしたタイプのお母さん。保育園が休みの日になると毎朝ダラダラとテレビを見つづけ、まったく着替えようとしない子どもたちにイライラ。「いい加減に着替えて!」と声を荒げますが、全く動かない子どもたち。最後には「着替えないならテレビ消しなさい!」と怒ってしまうのがいつものパターン。毎回同じやりとりをしていることは分かっているものの、どうしたら子どもが自ら着替えてくれるのか悩んでいました。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE