FacebookInstagramYouTube
切り替えが苦手な子どもには、自分で時間を決めてもらおう

Baby&Kids

切り替えが苦手な子どもには、自分で時間を決めてもらおう

切り替えが苦手な子はこだわりも強い。責任感の強さで自立した子に育つ

切り替えが苦手な子どもは、こだわりや意志も強く自分を押し通すところがあるので、まずはこだわりを認めて、自分で決めていく力を育てましょう。切り替えに時間がかかるときには「あと何分必要?」と自分で時間を決めてもらいましょう。いくつか選択肢を提案するのもいいでしょう。選ぶことも子どもにとっては、自分で決めることと同じ効果があります。こだわりが強い子は社会性が高く責任感があるので、目標を持たせると自分で考えて動ける自立した子に育ちますよ。

今日の1日1成長

切り替えが苦手な子には事前に声かけ!「あと何分必要?」で行動が導ける 
子どものこだわる力も1成長、お母さんの受容力も1成長。 
小倉圭子(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/ 

あわせて読みたい

【医師監修】離乳食の牛乳はいつから大丈夫?月齢別の進め方やレシピを解説

Baby&Kids

2024.05.19

【医師監修】離乳食の牛乳はいつから大丈夫?月齢別の進め方やレシピを解説

竹内 エリカ

ライター
幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
POST
LINELINE