FacebookInstagramYouTube
自分の意見をしっかり伝えられることが、子どもの自立の第一歩

Baby&Kids

自分の意見をしっかり伝えられることが、子どもの自立の第一歩

「どうしたい?」で意思を引き出し、言葉で自己主張できるようにしよう

「お腹すいた」には「お腹すいたんだね。どうしたい?」と聞き「何か食べたい、何かない?」まで言えたら、「今度からはお腹がすいたから、何かちょうだいと言ってみようか」と導きましょう。そうすると徐々に言葉で自己主張できるようになります。また「寒いから上着を着なさい」と上着をかけてあげるのでなく、どうするか自分で決めさせ見守りましょう。自らの意思で行動していく小さな積み重ねが自立を育みます。手はかけ過ぎず、声かけは気づきをサポートするまでにとめて自分の力で進む力を高めましょう。

今日の1日1成長

「お母さん、水!」は「お母さん、お水ちょうだい」と言えるように導こう
子どもの自立する力も1成長、お母さんのサポート力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

あわせて読みたい

ランドセル置き場のアイデア10選!DIYやおすすめ収納アイテムも

Baby&Kids

2024.05.07

ランドセル置き場のアイデア10選!DIYやおすすめ収納アイテムも

竹内 エリカ

ライター
幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
POST
LINELINE