出典:photoAC

Beauty

【初心者必見】ビューラーのやり方!一重・奥二重さんもOKの上手なカールの出し方は

今さら人に聞きづらい、ビューラーの使い方を基本から紹介します。

まつ毛をカールさせ、目を大きく見せたり、きれいに見せたりするためのメイク道具であるビューラー。まつ毛を挟んでカールをつけるもので、使い方は難しくないのですが上手くカールできないことも。そんなときは、正しい使い方ができていない、またはビューラーが目に合っていないのかも。そこで今回は、正しいビューラーの使い方を紹介。また、ビューラーの選び方やおすすめのビューラーも合わせてお伝えするのでぜひ参考にしてみてください。

■ビューラーの基本のやり方

まずはビューラーのやり方の基本をお伝えします。

・(1)まつ毛の根元にビューラーをあて、ななめ45度上を向く

出典:photoAC

ビューラーを使うときは、まつ毛の根元にしっかりビューラーを当てましょう。根元の太くて固い部分にしっかり当てられていないと、まつ毛が思うように上がらないので注意しましょう。
根元にあてることができたら、顔をななめ45度上向きにします。

・(2)ビューラーでまつ毛を挟む

出典:photoAC

まつ毛をビューラーで挟み、ゆっくりとあごを引きます。ビューラーを持っている手を動かすのではなく、あごを引いて角度をつけましょう。そうすることで自然とまつ毛に対して45度の角度でビューラーをあてることができます。
まつ毛を挟んだら、5秒間キープ!そうするとカールを固定しやすくなります。

・(3)根元、中央、毛先の3段階でカールすると効果大

出典:photoAC

つけまつ毛のようにキレイなカールを作りたいなら、まつ毛を3段階にわけてビューラーをあてると効果大です!
根元のカールが終わったら少しずつ毛先にビューラーをズラして、中央、毛先もカールさせましょう。まつ毛は繊細で、毛先に近づくほど細くなっていきます。少しずつ力加減を弱めながらカールさせていってください。

■自分に合ったビューラーを選ぶポイント

出典:photoAC

ビューラーのやり方が正しくても上手なカールが作れないのは、ビューラー自体があなたの目に合っていないのかもしれません。自分の目に合ったビューラーを選ぶポイントを3つ紹介します。

・目のくぼみに合っている

ビューラーには、正面から見ると丸みを帯びたタイプと、平行に近いタイプがあります。目のくぼみとぴったりマッチした形のビューラーを選ぶことがとにかく大事!サイズが合わないと、まつ毛の中心部しか掴めなかったり、目尻や目頭のどちらかにビューラーが届かなかったりする可能性があります。

・目の幅に合っている

出典:photoAC

次に目の横幅に合っているかをチェックします。日本人の平均的な目の幅が約3cmとされていることから、多くのビューラーは3cm幅で作られています。しかし、3cmよりも目の幅が広い人ももちろんいます。そんな人は幅広タイプのビューラーを選ぶようにしましょう。

・ビューラーの挟む部分をチェック

出典:photoAC

ビューラーを選ぶときは、まつ毛を挟む部分の開き具合を見ましょう。大きく開くビューラーはまつ毛を簡単に挟めるので使いやすいです。
また、ビューラーを選ぶときは、まつ毛を挟む力が弱すぎないものを選ぶのもポイント!挟む力はビューラーのゴムの弾力で決まります。弾力が強い方が挟むも強くカールがつきやすいので、初心者さんはゴムの固いビューラーを選ぶと良いでしょう。
ゴムが劣化したとき用に、替えのゴムが販売されているかどうかも重要なポイントです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]