「やさしくしなさいって言ったでしょ!」と怒鳴っても、思いやりは育たない

Baby&Kids

「やさしくしなさいって言ったでしょ!」と怒鳴っても、思いやりは育たない

「ママ、手伝ってあげる!」なんて優しい言葉が出だしたら、感謝の気持ちが育つ時期



子どもはお母さんと毎日接する中で色々な感情を覚えていきます。美味しいものを食べて「美味しい」、転んだら「痛い」、お部屋が片付いたら「気持ちがいい」等、お母さんとのコミュニケーションの中から感情を学びます。5歳になると想像力の一種である共感脳という機能が発達するため、相手の気持ちを思いやる事ができるようになります。「ママ、手伝ってあげる!」なんて優しい言葉が出たら「手伝ってくれてありがとう」と、感謝の気持ちを伝えましょう。



 

子どもがお友だちに意地悪をしたら、お友だちの気持ちを代弁してあげましょう。



子どもがお友だちと関わる中でおもちゃを無理やり取ったり意地悪をする事があります。

ママからみたら意地悪に思いますが、子どもにとってはきちんと理由はあるのです。5歳より小さい場合は子どもの気持ちに寄り添ってあげるだけで大丈夫です。5歳になったら「このおもちゃ、お友だちが使ってたよね。取られて悲しい気持ちになってるよ。」と子どもが取ったことによって友だちがどう思っているかも伝えてあげましょう。



 

お母さんも「うれしいよ。」と気持ちをIメッセージで子どもに伝える



子どもが何かできたとき「すごいね。」と言葉をかけることも多いかと思います。このときの主語は子ども、あなたになります。これをYOUメッセージと言います。お母さんは子どもをほめてあげたい気持ちからですが、子どもからすると評価されていると感じます。

お母さんを主語にして「うれしいよ。」「気持ちがいいね。」と伝えることで自分の行動でお母さんがどう感じるのかということを理解することができます。これはIメッセージと言われます。いろんなお母さんの気持ちを伝えることで共感脳を育ててあげることができるのです。



 

「やさしくしなさいって言ったでしょ!」と怒鳴っても、思いやりは育たない



お母さんなら誰でも自分の子にはやさしい子になって欲しいと思いますよね。友だちと関わる中で「お友だちにはやさしくしなくちゃだめよ。」と何回も言っているはずです。残念ながらお母さんがどんなに「やさしくしなさい」と口で言っても子どもには伝わりません。思いやりを育てたいのであれば共感脳を育ててあげることが大切です。共感脳を育てるためにはお母さんがIメッセージを使ってたくさんの感情を伝えてあげましょう。そうすることで自然と人の気持ちを感じる力が育っていきます。子どもがお手伝いをしてくれたら「ありがとう。」「助かったよ」とお母さんからたくさん伝えてあげましょう。



 

今日の1日1成長



思いやりを育てるためにはお母さんはIメッセージを使いましょう。お母さんの言葉がけも1成長、子どもの思いやりも1成長。

田辺ともこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)info@jakc.or.jp

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!