コミュニケーションは言葉だけではありません。ベビーサインで赤ちゃんと会話しよう

Baby&Kids

コミュニケーションは言葉だけではありません。ベビーサインで赤ちゃんと会話しよう

「バイバイ」「ママ」と言葉や身振りが出てきたら、人に伝えたい気持ちが強くなる



1歳前後になると、お母さんや身近な人が何度も見せたり伝えたりしているものを理解できるようになり、少しずつ言葉や身振りが出てくるようになります。言葉や身振りができるようになると、人に伝えたいという欲求が強くなります。「バイバイ」といって手を振ったら、相手も「バイバイ」といって手を振ってくれた、「ママ」って呼んだらお母さんが笑顔で返事をしてくれたというように、自分の思いが伝わって欲求が満たされると、小さな達成感を得ることができます。



 

子どもが泣いたりイライラするのは、「ママ、どうしてわかってくれないの!」という訴え



言葉がしっかりと話せないので、自分の気持ちをうまくお母さんに伝えられない時期です。伝わらないイライラから大声をあげて泣いたり、暴れたりしてストレスを溜めてしまうこともあります。特に男の子は一般的に言葉の発達がゆっくりのため、上手に思いを伝えるのがどちらかといえば苦手です。



 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]