負けず嫌いは悪いことではないとわかってる。でも、正直なところ面倒です

Baby&Kids

負けず嫌いは悪いことではないとわかってる。でも、正直なところ面倒です

負けず嫌いは悪いことではないとわかってる。でも、正直なところ面倒です


子どもの性格は千差万別。兄弟を同じように育てているはずなのにどうして真逆なの?なんていうこともあるかもしれませんね。あるお母さんからの相談に、子どもが何かに挑戦した時失敗に対しての感情の起伏が激しすぎて手を焼いているとのことでした。負けず嫌いですね。悪いことではないけれど、正直面倒というのが本音です。

 

もともと育てやすく賢い赤ちゃん程、負けず嫌いになりやすい


前にあげたように子どもの性格も千差万別。この性格の違い、実は気質といわれる生まれ持った性格なのです。この気質は大人になっても大きくは変わらないとされ、赤ちゃんの頃に見る「よく泣く子」や「よく笑う子」「よく動く子」「おとなしい子」などの動きや表情の差に表れます。負けず嫌いな子どもは、もともと育てやすく何でも見よう見まねでできてしまう子どもに多いのです。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]