言葉がなかなか出てこない赤ちゃん。2歳をすぎると急激におしゃべりになることも

Baby&Kids

言葉がなかなか出てこない赤ちゃん。2歳をすぎると急激におしゃべりになることも

言葉がなかなか出てこない赤ちゃん。2歳をすぎると急激におしゃべりになることも


子どもが「あ~あ~」「ババ~」などを発するようになるとお母さんは今まで以上に子どもとの対話に幸せを感じることでしょう。それまでは子どもに話しかけても言葉での反応が少ない時期ですから、一つ一つのリアクションに喜びを感じられますね。でもお母さんが心配になることのひとつに、同じくらいの月齢のお子さんよりもその時期が遅かったり、少ないことかもしれません。それにはどれだけ言葉を吸収しているのかが影響します。

 

言葉の習得にはステップがあります。乳児期は吸収のステップがとても長いのです


1、吸収のステップ
2、オウム返しのステップ
3、独り言のステップ
4、「これなに?」と尋ねると答えられるステップ
5、「これなに?」と子どもから質問してくるステップ
6、会話ができるようになるステップ
このようにステップがあり、0歳は吸収のステップ。お母さんが乳児期にたくさん話しかけても反応がなくても赤ちゃんにはちゃんと聞こえています。気長に話しかけることで、ある時期から急に言葉が出るようになるのです。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE