Baby&Kids

自立した子にしたいなら「自分で」と言い出した時に失敗を恐れずやらせてみよう

3歳は自立へ大切な時期。「自分で!」と言ったら、まずはやらせてみよう


子どもは2歳後半から3歳頃になると「自分で!」と言うことが増えてきます。靴を履くとき、服のボタンを留めるとき、牛乳をコップに注ぐとき。お母さんには絶対うまくいかないことがわかっています。ついつい「ダメダメ!お母さんがやるから!」ととどめてしまったりしますよね。でも、この時期の子どもの「自分で!」は自立への第一歩。とても大切な時期なのです。失敗することが目に見えていても、まずはやらせてみましょう。

 

自分の行動に責任をとれる子どもにしたいなら、失敗を恐れずチャレンジさせよう


3歳頃の自立への第一ステップ期に「自分で!」を押しとどめられてしまった子どもは、だんだん親への依頼心が強くなっていきます。「自分がやってもどうせ失敗する」「自分でやらなければ楽ができる」と学んでしまうためです。そして忘れ物をしたり、何か失敗してしまったときに「お母さんのせい」「○○のせい」と人のせいにするようになってしまうのです。自分の行動に自分で責任をとれる子どもにしていきたいですね。

 

失敗した経験を通してどうすればうまく行くかを学び、対処能力も向上する


「自分で!」と言ってやり始めても、まだまだ成長過程の手指。ボタンをうまくはめられずにギャー!とヒステリーを起こしたり、入れかけた牛乳をコップからあふれさせてしまうかもしれません。でも、そんな失敗した経験を通して、子どもは「こんな風にボタンを穴に通せばうまくはめられるんだな」「こんなに牛乳パックを傾けたら牛乳はこぼれるんだな」と学び、自分の手指をコントロールできるようになっていきます。

 

失敗したときは、「どうしたらいいのかな」と問いかけて考える力を育もう


失敗したときには「こうやるんでしょ!」「早く拭きなさい!」と指示するのではなく、「どうしたらいいのかな」と問いかけてあげましょう。失敗したときに指示を出し続けていると、指示を待つようになります。「どうしたらいいのかな」と問いかけると、自分で失敗したときのリカバリーの仕方を考えられる子どもになって行くのです。子どもから答えが出ないときは、その時に初めて「じゃあこうしてみようか」と伝えてあげるとよいでしょう。

 

今日の1日1成長


「自分で!」と言い出したらやらせてみて、失敗したらどうすべきかを考えさせよう。
子どものチャレンジ力も1成長、ママのアシスト力も1成長。
玉井ユカコ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!