投稿写真「娘の芽依7カ月です」(絵里子・32歳)

Baby&Kids

失敗が苦手!すぐに泣く!手のかかる子ほど貴重な経験を積んでいるもの

vol.350【1日1成長お母さん】失敗しないように、泣かないように!と成長のチャンスを奪わないで

手のかかる我が子にもうお手上げ!どうしたら成長してくれるのかしら?

子どもをより良く成長させたい、子育て中の親ならばそう感じるお母さんは多いはず。しかし我が子を見ると、グズりだしたら止まらない!すぐに泣く!落ち着きがなく言うことを全く聞かない!など、ため息がこぼれてしまいますね。「どうしたらうちの子は落ち着くのかしら?」「どうしたらもっとちゃんと成長してくれるの?」育児書を読みあさってみても、うちの子に合う対応なんてどこにも載っていない。なんて感じることも少なくはないはず。

できる子になることがいいこと?成長って具体的にはどうなることなの?

身長が少しずつ伸び、体が大きくなることは身体的な成長ですね。何もできなかった赤ちゃんから手を器用に使えるようになり、箸を使ってご飯を食べられるようになったりと、できなかったことをできる様にすることは発達からの成長といえます。そしてやる気、集中力、やさしさなどは心の成長といえるでしょう。成長の種類も仕方も様々です。その子に合わせた成長を見守ることでより良い成長に導きましょう。

失敗も経験ととらえよう!多くの感情や経験が、心の成長へと繋がります

どんな子どもも「できた!」と感じることにはうれしい気持ちや自信が生まれます。しかしチャレンジしてみたことがすべて成功し「できた!」となるわけではありませんね。中には失敗をし「もうやらない!」と投げ出したり、悔しくて泣き叫び手に負えない子どももいることでしょう。そんな子どもに対し、失敗しないように、泣かないように、グズらないようになんとかしようと思うことありませんか?失敗したときに感じる感情も子どもにとっては大きな成長に繋がります。せっかくの成長のチャンスを奪わないように、失敗も見守れる姿勢が大切なのです。

効果的に成長させるための順番を知ると、子育てを楽しいと感じられる

子どもの成長段階において伸ばしたい能力にも順番があるのです。発達からの成長により、できることを増やせば子どもは当然自信をつけていきます。そのできることを増やし自信につなげるためにまず大切なことが、子どもが自分からやってみたいと思える興味を大切にすることなのです。好奇心からやる気が生まれ、やりたいことを追求するための集中力がついてくるのです。成長のステップを順番に登らせることで効果的に楽しく成長を感じることができるでしょう。

今日の1日1成長

成長してほしければ、やりたいことから挑戦させよう
子どもの問題解決力も1成長、ママの導く力も1成長。
うえだきょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!