投稿写真「娘の里莉10カ月です」(祐美・23歳)

Baby&Kids

母の愛情不足なの?息子に爪噛みやチック症状が

vol.354【1日1成長お母さん】問題行動は風邪と同じ。心配し過ぎず早めの対応を心がける

気になる行動は成長のステップ。頑張っている心を受けとめよう

爪を噛む、チックが出る、おねしょをする、赤ちゃん返りをする……、こんな症状が子どもに出たら、お母さんはみんな「私がふだん忙しくてみてあげられなかったから」「私の接し方に問題があったのかもしれない」と悩みますが、そんなことはありません。これは周期的にやってくる成長のサインなのです。「頑張ってるのね」としばらく見守ってあげると、その壁を乗り越えて、一つ成長するのです。ただ、爪噛みは癖になりますので、お母さんが子どものことを観察して、噛みそうになったら「爪を噛んでるよ」と教えてあげるといいでしょう。

お母さんを困らせる夜泣きも成長のステップです

こうしたサインは、どんな子でも、定期的にやってきます。たとえば赤ちゃんの頃の夜泣きは、お母さんを困らせることの一つですが、これも記憶力が大きく成長するサインです。1才のときにくる夜泣きは、歩き出したときの興奮、歩きたい、さわりたいという好奇心が脳を刺激するからです。2才の夜泣きの原因は、知りたい、しゃべりたいという知識欲。いろいろなことを吸収しているからこそ夜泣きがある。吸収が終わり、整理がつくとやむのです。

気がかりなことがあるときは、思い切っていったん子育てに集中する

小学校にあがってからも、落ち着いているなと思っているところに「最近、忘れ物が多いですね」「落ち着きがないですね」なんて先生から言われたりすることがあります。それも、やはり次に行こうとするときに格闘しているサインです。ただ、サインが出たときは、働いているお母さんも思い切って、仕事はいったん後まわしにして、子育てを優先させたほうがいいですね。1〜2週間、子どもと本気で向き合うと、子どもはすぐに立ち直ります。そういうときに「忙しいから」と放っておくと、状況は悪化します。風邪と同じです。

問題が起こったら避けるよりも賢く乗り越える

問題はどんなお子さんでも起こります。これを乗り越えるとステップアップしますので、問題を起こさないようにするのではなく、起こったときの乗り越え方を教える。自分で乗り越えられなければ、人の力を借りたらなんとかなることもあります。サインが出たら「やっと出てきた〜、待っていたよ〜」とお母さんは前向きに受けとめてくださいね。

今日の1日1成長

爪噛みやチックは心配しすぎず、見守ろう
子どもの問題解決力も1成長、ママのサポート力も1成長。
竹内エリカ(文)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!