投稿写真「娘の昊4カ月です」(まみ・29歳)

Baby&Kids

「おなかがすいた!」ってママはあなたの召使いじゃない

vol.356【1日1成長お母さん】自立した子にしたければお願いの方法を教えよう

「おなかがすいた~」をきっかけに、お願いの方法を教えよう

子どもの胃は小さいので1日に何度も「おなかがすいた~」といってきます。あまりに頻繁だとうんざりすることってありませんか?子どもが「おなかがすいた」と言ったら、たいていのお母さんは何かを作って出すでしょう。でも、ほんとうは「おなかがすいた」と言ったら、「おなかがすいたのね」だけでOK。おなかがすいたのは、子どもの問題であって、お母さんが解決してあげることではないからです。

ママがなんでもやってくれると思わせてはいけない

「何か食べたい!」と言ったら、「何か食べたいのね。ママも食べたい」。それでも納得しなかったら「食べたくてどうしたの?」と問いかける。「何か作って」とお願いされたら、お母さんは作ってあげてもいいし、今はいやだと言ってもいいし、ちょっと待ってと言ってもいい。いずれも子どもが、そこでお願いして初めて交渉成立ですよね。もちろんお母さんとしては、おなかがすいたと言うだろうと思い、バナナやおむすびを用意しておくのは悪いことではありません。大事なのは、子どものほうから「こうしてほしい」と言わせることです。

ふくろうのように、じっくり見守ってから最後の手を差し伸べる

自分から言わせるポイントは、子どもが「おなかがすいた」と言ったら、お母さんがまず子どものことを観察(O=Observe)し、子どもがどうするか少し待ってみる(W=Wait)。それから、どうしたいのか聞いてみる(L=Listen)。これを“OWL(フクロウ)の法則”と言います。お母さんはフクロウになったつもりで、静かに子どものことを観察し、行動すべきタイミングをじっと待ってみましょう。

「疲れた」と子どもが言っても、すぐに抱っこをせず、まずは休みましょう

たとえば2〜3歳の頃に、いっしょにお散歩をしていると、子どもは「疲れた、抱っこ」と言います。お母さんは「すぐに抱っこっていうから大変なんです」と言いますが、疲れた=抱っこを教えたのは、他でもないお母さんです。疲れたら“休む”ですよね。ベンチに座る、お茶を飲む、歌を歌って気をまぎらわす……、大人はいろいろな方法で休むことを知っていますが、子どもはそれらの方法を知りません。疲れたら休めばいいし、それにはいくつも選択肢があることを教えてあげましょう。次のお出かけのときに、ぜひOWLの法則を試してみてください。これまでお母さんが出してきた解決策の選択肢を子ども自身に考えさせてみましょう。「疲れたから歌いながら行こうか」なんて言ってくれるかもしれません。

今日の1日1成長

ふくろうのように、じっくり見守ってから最後の手を差し伸べる
子どもの考える力も1成長、ママの質問力も1成長。
竹内エリカ(文)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!